アーユルヴェーダマッサージの一つ、Kizhi キリとは?

AROUND INDIA田村ゆみが作ったポディキリ

キリ Kizhi とは?

昔々から伝わるアーユルヴェーダマッサージの数々。
そのバリエーションの一つに、お団子状の用具を使うものがあります。

このお団子状(ボール状)のものを、現地の言葉でキリ(Kizhi)と呼びます。
英語では、Bolus bag(ボーラスバッグ)、タイではハーバルボールマッサージとしておなじみです。
数あるアーユルヴェーダの発汗法のうちの一つです。

キリ Kizhi 持ち手付きの団子を使って行うアーユルヴェーダマッサージのこと。 発汗法の一つで、団子の中身は米、パウダー、薬草など。

キリの中身は、お米、スパイスなどのパウダー、薬草などさまざま。温めた煎じ薬、薬用牛乳、オイルなどに浸けてマッサージします。
中身や方法によって、〇〇キリと呼び名が変わります。

アーユルヴェーダが根付くケララ州の伝統的なマッサージで、アーユルヴェーダ病院でも カラリパヤットゥ の診療所でも、頻繁に用いられていました。
デリーでは、キリのことをケララマッサージと表現する人もいました。

はじめてのキリ体験はタイでした

はじめてキリを使ったマッサージを受けたのは、アーユルヴェーダを学びにインドへ行くずっと前のこと。場所は、タイの涅槃寺 ワット・ポーでのことでした。
このお寺は、タイ古式マッサージ発祥の地として有名で、敷地内のセンターでマッサージを受けることができるのです。
マッサージ着に着替え、古式マッサージと蒸したハーブボール(キリ)を使ったトリートメントの2種類を受けました。
タイのキリは、レモングラスなど、タイハーブならではの爽やかな良い香りがしていました。Amazonでも売ってるので気軽に使えますね。

こちらは、電子レンジで温めて使うフェイシャル専用のキリ。中身は、お米、ショウガ、レモングラス、コブミカン、ターメリック、マンゴスチン、アロエベラ、タマリンド。

こちらも電子レンジで温めて使います。体用。冷えや肩こりなどにおすすめだそう。中身は、ショウガ、ターメリック、レモングラス、ベルガモット、ウコン、タマリンド、パンダン、コブミカン、ユーカリ、パチョリ、カンフル、黒檀。

インド・ケララ州でキリと再会

そのボールを使ったマッサージに再び出会ったのが、アーユルヴェーダを習いに行ったインド・ケララ州でのことでした。

そこにはタイマッサージセラピストも多く学びに来ていました。不思議に思ったのですが、理由を聞いて納得!
タイ古式マッサージの始祖は、ブッダの侍医を務めていたインド人のアーユルヴェーダドクターJivaka(ジーワカ)なのでした。

インドから各地へと渡ったアーユルヴェーダは、その土地に合わせた変化をしながら息づいていました。

キリの種類

キリを使ったマッサージは、ケララマッサージと呼ばれるほど、ケララ州では頻繁に活用します。
よく使うキリの種類は以下のとおり。

  1. ポディキリ (Podi Kizhi)
    中身は、スパイスなどパウダー。ポディ=粉
  2. ナヴァラキリ (Navara Kizhi)
    中身は、ナヴァラ米・牛乳・薬木などのお粥。ナヴァラ=薬効が高いとされるお米の名前
  3. エラキリ ( Ela Kizhi)
    刻んで炒めた薬草。エラ=葉

キリの作り方は、まず具を準備します。
布を広げ、中央に具を置き、四隅をまとめて包み、紐で結び、取っ手付きのボール形状にします。

結び方の手順は、わたしが学んだ2つの施設、アーユルヴェーダ病院と カラリパヤットゥ の診療所で異なりました。処方も作り方も、それぞれが引き継がれてきた方法で。

ポディキリ  Podi Kizhi

中身は、乾燥生姜やディルなど、スパイスや根っこなどをパウダー状にし加工したもの。ポディは「粉」という意味です。
カラリの診療所では、打ち身や捻りなど外傷性の痛みの患者さんが多いため、痛みに良いとされる ポディキリ をいつも欠かさず用意しています。

ナヴァラキリ は、薬効のすぐれたケララ特産の赤米ナヴァラと、牛乳などを煮込んだしっかりしたお粥。いかにも栄養がありそうな見た目で、牛乳の甘い香りが漂います。

皮膚疾患や滋養などにとてもオススメなので、連続マッサージに用いることが多いです。マッサージをした後、ボールを開いて中身のお粥を体や顔に塗ってくれることがあります。施術中は、体が冷えやすいです。

これまでアーユルヴェーダ病院でのパンチャカルマのとき、そしてアーユルヴェーダリゾートでの14日間の滋養トリートメント、 カラリパヤットゥ 師匠の14日間のトリートメントなどで、 ナヴァラキリ を受けてきました。パンチャカルマの時の模様はこちらです。
パンチャカルマ日記③:お米と牛乳のボールでマッサージ! ナヴァラキリ (ナバラキリ)Navarakizhi

エラキリ  Ela Kizhi

エラキリ は、ドラムスティックの葉っぱなどヴァータを減らす作用のあるものを刻み、ココナッツなどを足してオイルで炒めて作ります。
その様は料理そのもの!香りもおいしいので、作っているときに近くにいるのが好きです。

エラキリの具を調理するセラピスト

まとめ

患者さんの症状に合わせて、どのキリが適しているかドクターが選びます。

キリは、持ち手があるのでマッサージがしやすいです。
わたしは、冬至の時はゆず、手に入った時は新鮮な米ぬかなどでキリを作って、湯船の中でマッサージのように使うこともあります。
ほどけてしまうとお掃除が大変なので、しっかりと結ぶのがポイントです。

デリーのKairaliでは、キリとオイルがセットになった便利な製品も売っていました。

こちらは日本で買えるキリ。アロマで有名な生活の木の商品で、中身は、ニカ、アダトダ、エランドゥー、ニーム。蒸して使うタイプです。



AROUND INDIAのこれからの講座やイベント

YUMI TAMURA

Ayurveda panchakarma therapist

あわせて読みたい

コメントを残す

Oriya Food Night!オリッサ料理を食べよう @ Bombay 厚木詳細はこちら≫
+