インド5000年の伝承医学 Ayurveda アーユルヴェーダとは?

アーユルヴェーダとは?

みんなの役に立つ元気のヒントです

アーユルヴェーダ(Ayurveda)は、約5000年前からインドで伝えられてきた医学。誰でも自由に使うことのできる元気のヒントです。

アーユルヴェーダ Ayurveda आयुर्वेद ആയുർവേദം

Ayus(生命=肉体+感覚器官+心+魂) + Veda(科学、知識)

サンスクリット語で「生命の智慧」「生命の科学」「生命に関する知識」という意味です。

アーユルヴェーダは、医学でもあるのですが、一人一人の生きることの指針です。
古典には、生活の送り方や、バランスの取り方、体質の分類などについて詳しく書いてあります。 それは誰にも役立つ基本的なことで、住んでいる場所も、属している国も、信じている宗教も、年齢も一切関係ありません。

AROUND INDIAでは、アーユルヴェーダを「いのちの取扱説明書」と表現しています。

5000年前、日本はどんな国?
答え。日本は、縄文時代の終わり頃でした。

その時代の人々は、水田で米作りをしていたのだそう。食べ物は、ヒエ、アワ、クルミ、栗、アーユルヴェーダで豆類の中で一番良いと言われる緑豆、エゴマ、ソバ。ノンベジは、魚や貝、イノシシやキジ。調味料は、醤(ひしお)、塩、甘草、酢、魚醤、酒、山椒、わさびなどを使用していたようです。
意外にも充実した食生活が目に浮かびますね。今も漢方などで使用
されているニワトコ(接骨木)という植物を使った湿布療法もあったそうですよ。

アーユルヴェーダは神さまが教えてくれました

5000年前、当時のインドの人々は、今のわたしたちと同じように病気や死について苦しんでいました。苦しんでいる人々は、心の底から強く強く救いを求めて、神さまからアーユルヴェーダという知恵を授かったのです。
ここでひとつポイントなのですが、授けてくれたブラフマンという神さまが作ったものなのではなく、もともと存在していた自然の摂理をブラフマンが思い出して(気づいて、集めて)教えてくれたということです。

下図の経路をご覧ください。神さまと人間が混ざっていて興味深いです。
アーユルヴェーダが届いた流れ

救いを求めた経路

  1. 苦しんでいる人々
  2. 聖者#1:ダクシャ・プラジャパティ(Daksha Prajapathi)
  3. 神さま#1:宇宙の創造主ブラフマン(Brahma、梵天)

アーユルヴェーダを伝えた経路

  1. 神さま#1:宇宙の創造主ブラフマン(Brahma、梵天)
  2. 聖 者#1:ダクシャ・プラジャパティ(Daksha Prajapathi)
  3. 神さま#2:神様たちを治す医者アシュウィニ兄弟(Ashwini)
  4. 神さま#3:神さま界のリーダー インドラ(Indra、帝釈天)
  5. インドラ神の弟子4人:
    [内 科] アートレイヤ(Atreya)、バーラドゥワジャ(Bharadwaja)
    [小児科] カシャヤパ(Kashyapa)
    [外 科] ダンワンタリ(Dhanwantari)→ アーユルヴェーダの神さまとして知られる

自分に一番近いお医者さんになろう

アーユルヴェーダは、自分の不調に早く気づいたり、ちょっとした不調であれば暮らしの中で自分で整えたり、持っている元気をさらに増やすために活用できます。

自分にとって、一番近いお医者さんのような存在になりましょう。
自分ならいつもどこでも一緒にいるので、少し安心できて、とっても便利なのです。

アーユルヴェーダは、約5000年も人々の元気に役立てられてきました。
今も古くからの伝統が多く息づいている南インドのケララ州では、アーユルヴェーダをたくさん見つけることができます。
学んだわたしには「この行為はアーユルヴェーダ」という目線でも、現地の人々にとっては、先人たちがやってきた生活習慣でしかないのです。

だからアーユルヴェーダを生活に取り入れるのは、決して難しいことではありません。 体がよろこぶ習慣だったり、心がちょっと楽になる考え方、そんなヒントがいっぱいあります。
生活をインド風にする必要はなく、これまでの暮らしがあくまでベース。

インドは広大で、乾燥した寒い土地もあれば、湿地、南国、砂漠、さまざまな環境からなる国です。民族も多様で、言語や文化も違います。仏教と一緒にアーユルヴェーダも近隣諸国へ広まり、その土地土地の自然や環境と融合してきました。アーユルヴェーダは、多種多様な環境で使われてきた知恵なのです。

他の医学と一味違うアーユルヴェーダのポイント

治病も大切だけど、予防の方がもっと大切です

体調が悪くなって病院へ行ったのに、レントゲンや数値には問題がないから「病気ではありません」と診断されてしまうケースってありますよね?

プロから診断を下されてしまうと、治っていなくてももう一度行きづらくて、耐えられないくらいまでガマンしてしまったり、治すことを諦めてしまったりします。

でも、アーユルヴェーダでは不調は病気の手前の状態を意味します。
だから不調を感じて病院に行くことは良いことなのです。

健康→症状が出ていない→何らかの症状が表れた→病気→長引く

病気になるまでには上のような流れがあります。だからこそ、アーユルヴェーダでは予防をとても大切に考えています。
病気に罹ってしまう前に、罹らないように気をつける。 その方が小さく収めることができて、心・身体・経済的にも負担が軽いと思いませんか?

アーユルヴェーダにとって、健康とは、病気じゃないだけでなく、不安や痛みがなく、心がすっきりしていて、人のために動けるような状態を指します。

自然を大切にしたくなります

今アーユルヴェーダがあるのは、5000年ほど前から人々が使い繋いできてくれたおかげです。

お薬やトリートメントには、自然の恵みを活用するので、自然を守ることもすごく大切です。
自然が壊れてしまうと、お薬の材料が手に入らなくなったり、心や体に悪いことが増えてしまうからです。

これまで長く使わせてもらってきたものを、これからもずっと使わせてもらうためには、今、必要以上に採りすぎないように気をつけなくてはいけないのです。
たくさん作って使い切れないまま消費期限を過ぎて破棄するなんてひどすぎです。でも、ビジネスとして悪用されるケースも残念ながら多発しています。

他の医学との相性がいいです

アーユルヴェーダは、予防や元気にすることが得意です。
西洋医学などとの相性も良いようで、インドの大きな病院にアーユルヴェーダ科を取り入れるなど協力体制が増えています。

自分が患者という立場のときは、ただ痛みが消えて欲しい、一刻も早く治りたいというのが願いです。
「アーユルヴェーダしか受け付けません」「西洋医学しか信じません」という風に、ひとつの方法に決めてしまうより、それぞれの得意/不得意分野を補うように利用できれば、難しいと診断されたものでも解決するかもしれません。元気の道はきっといくつもあります。


AROUND INDIAのこれからの講座やイベント

YUMI TAMURA

Ayurveda panchakarma therapist

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2017-03-22

    […] ムラム Muram。 お米などの異物混入を取り除くのに、日々活躍しているツールです。 アーユルヴェーダやカラリパヤットゥのお米を使ったトリートメントの時も、これで選別してから煮 […]

コメントを残す

Oriya Food Night!オリッサ料理を食べよう @ Bombay 厚木詳細はこちら≫
+