アーユルヴェーダの基本⑤:6つの味ラサを覚えて、食べ方のコツを得よう

アーユルヴェーダの基本 6つの味ラサとは

日本は5つ、インドは6つ

ラサ Rasa
 रस

サンスクリット語で「味」という意味です。

日本の味分類は5種類、甘味・酸味・塩味・苦味・うま味です。
インドのアーユルヴェーダにおける味分類は6種類、うま味を除いて、辛味・渋味を追加します。カレーやスパイスは、複雑な味が組み合わされているのです。

日本 甘味 酸味 塩味 苦味 うま味
アーユルヴェーダ 甘味 酸味 塩味 苦味 辛味 渋味

ラサとドーシャの関係

6つの味が、どのドーシャにどのように作用するかは、下の表をご覧ください。
基本④のグナでご説明した同じ性質で増え、反対の性質で減るの考え方を応用すると、ドーシャを増やすことも減らすこともできるのです。

ラサ 甘味 酸味 塩味 苦味 辛味 渋味
ドーシャ V↓
P↓
K↑
V↓
P↑
K↑
V↓
P↑
K↑
V↑
P↓
K↓
V↑
P↑
K↓
V↑
P↓
K↓

ラサマントラ アーユルヴェーダの六味

表を見ててもなかなか覚えられないので、6つの味ラサを、甘酸塩苦辛渋(アマサンシオ・ニガカラシブ)と何回か唱えて覚えましょう!

覚えましたか?それでは次に作用です。

ヴァータは、前半3つのラサ(アマサンシオ)で減り、後半3つのラサ(ニガカラシブ)で増えます。

ヴァータとカパは相反する関係。
カパは、前半3つのラサで増え、後半3つのラサで減ります。

ピッタはちょっとイレギュラー。
赤くなったり怒りやすい火を想像するような性質なので、辛い!酸っぱい!しょっぱい!例えばタイ料理のような鋭い味は、胃が弱っている時に火を思い起こすような炎症や赤みを引き起こしそうなイメージをしてみましょう。

暮らしの中で使ってみよう

大切なポイントは、6つ全ての味を摂るようにすること。

ドーシャバランスの乱れが気になったとき(不調のとき)に、対応する味を調整するということも大切なのですが、わたしたちは全てのドーシャを持っていることを忘れないでください。
ドーシャについては、アーユルヴェーダの基本②:アーユルヴェーダの分類 5大元素・ドーシャとは?を確認してみましょう。

普段の生活では「一部の味に偏っていないかん?」「最近この味食べてないな」と気にかけてみてください。

きっと、苦味・渋味が少なくなりがちでは?!

①から学ぶ、アーユルヴェーダの基本

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。 インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Japan日本代表。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

あわせて読みたい

【残席1】2018年1月~3月『暮らしのアーユルヴェーダ ベーシック講座 第2期』|東京・祐天寺詳細はこちら≫
+