もう一つのアーユルヴェーダ、伝統武術カラリパヤットゥの治療法

カラリパヤットゥとは?

カラリパヤットゥ (Kalaripayattu)は、南インド・ケララ州で約3000年前から、師匠から弟子へと伝えられてきた現存する最も古い武術。空手やカンフーのルーツと言われています。

カラリの武術

カラリパヤットゥの盾と剣昔、インドにはいくつもの王国があり、そこには戦がありました。カラリの師匠たちは、戦士を強く育てる方法や、傷を癒す術を知っていたのです。

師匠のことを グルカル (Gurukkal)といい、名前の最後に付ける称号です。

南部のサザンスタイル、北部のノーザンスタイルと、大きく分けて二つ流派があります。
わたしの師匠MGS KalariのP.Dineshan Gurukkalは、南北どちらもの使い手。カラリの世界でも稀有な存在なのだそう。

Vidyarambhamという儀式を終えた、3歳くらいの子どもたちも多く入門してきます。
カラリパヤットゥ を習うのに宗教は問いません。

MGS KalariのP DIneshan Gurukkal

南西の角にしつらえたプータラ(Puthara)という7層の祭壇。

カラリパヤットゥ の道場に欠かせないプータラという層状の祭壇

練習の前には、身体にオイルを塗るのが効果的です。
強くしなやかな体作りと、怪我の防止効果があります。

カラリパヤットゥ を始める前にオイルを塗っているところ

ヨガと同じように動物を模したポーズもあります。
剣や盾や鉄製の鞭を使って戦うときは、火花が散り迫力満点です。ジャンプ力や柔軟性の高さにも驚きます!

ケガをすることも多いですが、慣れてもいるので、少しくらいの流血や痛みはへっちゃらです。
カラリの練習風景

カラリの治療

P.Dineshan Gurukkalは、毎日朝7時〜15時まで診療あたります。

カラリパヤットゥ の施術は、骨折・脱臼・ねんざ・打ち身・肩/腰/膝など全身の痛み・寝違え・切り傷・アトピー・肥満・風邪などの治療や健康維持増進に施されます。
アーユルヴェーダ同様、元気でもいいのです!

一回だけの施術もあれば、14日連続コースもあります。

治療法の種類

アーユルヴェーダトリートメントとの共通点が多いです。
カラリのマッサージは強めです。

オイルマッサージ1
足で行うチャヴィッティウリチリ(Chavitti Uzhichil)
オイルマッサージ2
手で行うカイウリチリ(Kai Uzhichil)
ナヴァラキリ (Navarakizhi)
栄養価の高いナヴァラというお米を牛乳と煎じ薬で煮たものを、布にくるんでボール状にしたものを薬用牛乳に浸してマッサージするケララ発祥のトリートメント
ポディキリ (Podikizhi)
パウダー状の薬木やスパイスなどを布にくるんでボール状にしたものを薬用オイルに浸してマッサージするケララ発祥のトリートメント
ダーラ(Dhara)
特定部位に液体を垂らし続けるトリートメント
マッサージは基本14日単位で行われます。治療期間を含めると計28日間、きちんと復活し体を作るために、養生して過ごすことを大切にしています。

カラリの世界の薬

グルカルがオイルをチェックしているところ

P.Dineshan Gurukkalは、師匠から受け継いだレシピをたくさん持っています。
お薬を作る日は、弟子、家族、親戚がお手伝い。
昔ながらの薪の火でオイルを煮込みます。

法律で、 カラリパヤットゥグルカル が内服薬を作ることは認められていないため、処方する時は処方箋を渡し、患者さん自身でアーユルヴェーダ薬局で買ってもらいます。


インドに行かずに習得?!マッサージのやり方DVD。足マッサージと手マッサージの2種揃っています。

自らインドの道場で実践された伊藤武先生の カラリパヤットゥ


AROUND INDIAのこれからの講座やイベント

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。

インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Japan日本代表。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

あわせて読みたい

【募集中】はじめてのアーユルヴェーダワークショップ |東京・駒沢公園近く詳細はこちら≫
+