パンチャカルマ日記 2017 vol.7:スネハパナ4日目 ギー200ml

成長痛のような痛み

パンチャカルマ2017 vol.6:スネハパナ3日目 ギー150mlの続きです。

夜通し、激しい雨が窓や外の椰子の木を打ち付けていました。
ケララのモンスーンの雨量は半端ありません。
下肢が成長痛のように痛みます。さすったり押すと少し楽ですが、どうにもやるせない痛み。

6:22 起床。

7:15 セラピストがギーを持ってきました。
昨日までは、お湯のカップよりもギーのカップの方が小さかったのですが、今日はお湯のカップと同じ大きさ。パンチャカルマはすばらしい、ギーを飲むスネハパナはとても大切な工程。
でも、やっぱりギーは飲み物ではありません。AROUND INDIA田村ゆみのパンチャカルマ、スネハパナ、ギーを飲む

7:30 今日は200mlでした。大量に飲んだにも関わらず、後味も気にならず、とても楽です。

日によって、感じ方も身体の反応もまるで違います。
普段の食事では、ここまで反応の違いを感じることはありませんが、摂取しているものが単品で消化具合などと向き合っているので、小さな違いにまで気づくことができます。

女性ならではのパンチャカルマの日数

同じタイミングでパンチャカルマを受けているキヨちゃんは、昨日でスネハパナが終わり。
今日は一日すべてお休みで、明日からトリートメントに入る予定でしたが、生理のため一旦パンチャカルマ休止になりました。
こちらの病院では、パンチャカルマには最短21日必要なのですが、女性はなかなか21日で終われない理由が生理
30日は時間を取るのがオススメです。

キヨちゃんの場合、滞在期間が2ヶ月と余裕があるので、しっかりとトリートメントを受けることができます。
トリートメントプランを見せてもらうと、43日となっていました。生理が2回と見積もって、合計で55日ほどになりますね。

 

少し気持ちが悪くなってきました。
昨夜から続く雨で、今日はかなり冷えます。洗濯して、しばし横になりましょう。

ギーの効果

8:40 身体の重さはまったくありませんが、下肢の成長痛のような、やるせない違和感がまだ続いています。

皮膚の調子は、柔らかく、簡単には乾燥しないぞというプルプルしっとり感!

年齢を重ねるうち、少しずつ乾燥するようになって、いっそオイルに浸かりたいと思ったりしましたが、こうしてギーで体内を満たすのが一番の早道ではないかと思いました。
ケララという気候もあるかもしれませんが、たったの4日でプルプルなのです。
アーユルヴェーダ5000年の知恵はすごい。
ただし、ドクターの指示なく行うのは危ないので止めましょうね。

9:34 ドクターの回診。低血圧な体質ですが、平均的な血圧になっていました。

12:30 2回下痢。
ポロポロ小さな緑の粒みたいなのが混じってて、普段見ない感じです。
当たり前ですね。ギーとお粥とお湯だけなんて特殊な状況です。笑

13:06 回診。

回診が終わり、部屋の外で話しに夢中になっていると、雨上がりのケララには日差しと暑さがやってきました。日を浴びると疲れます。ベッドに戻って休みましょう。
相変わらず足も痛いです。お腹は、ほんの少し空いている程度。

異文化交流も楽しみのひとつ

今日のイフタール(断食明けのごはん)の一部が届きました。何かなー?
トリートメント中で食べられないのはわかっていますが、この時期にしか食べないイフタール食はとてもおいしいので気になります。

18:40 今夜もイフタールにお邪魔しました。
最初に清めます。
右から手を洗い、口をゆすぎ、鼻、顔を洗う。
ひじの上辺りまで洗い、後頭部から頭を洗い、耳を洗う。
くるぶしの上辺りまで洗います。

続いてお祈りです。
「(わたしの神様にわたしなりの方法で)健康・お金などについて祈るように」と言われ、一緒にお祈りしました。18:55にお食事開始です。
今日のメニューは、パランプリ(バナナフリッター)、クリームなどを使用せずに作ったケーキ、バナナ、オマーンの患者さんが置いていってくれた特別なデーツ、レモンウォーター。

アーユルヴェーダスクールの生徒による診察

19:30 回診。
3ヶ月目のアーユルヴェーダクラスでは、処方・診断について習うのですが、授業の一環として、実際の患者さんを例に学びます。
この日の回診は、3ヶ月目のクラスを受講中のハビーブが、ドクターやマネージャーと一緒に回診に来て、わたしの血圧を測り、それをドクターが確認しました。昼間は平均的な血圧でしたが、低血圧に戻っていました。

病院という環境柄、例を聞いたり読んだりするだけではなく、ドキドキしながらも実際の患者さんと直接触れ合えることはすごく大きな経験。あの頃は、自分が受ける立場になるなんて思いもしませんでした。

PVAアーユルヴェーダ病院3ヶ月目クラスの授業の一環、血圧測定

停電、ごはん、スネハパナ終了!!

20時ごろ、激しい雨でたびたび停電。
日本より停電が身近なので、ライトやろうそくを手元に用意しておいたり、充電はできるうちにしておいたり、モバイルチャージャーがあると安心。

インドの停電、携帯を充電しながらライトアップ

インドで停電。モバイルチャージャーでiphoneを充電しつつ、ボトルでライトアップ。ボトルが緑なので周りも緑に。

20:30 お腹が空いたので入浴。

20:54 夕飯。スネハパナ中なので、今日もお粥(カンニ、Kanji)です。
4日目ともなると、お粥に飽きています。あまりスプーンが進みません。早くおいしいケララごはんが食べたいな。

パンチャカルマ中のお粥。パパド、塩

パンチャカルマ中のお粥、パパド、塩

21:50 院長先生とドクタージュエルの回診。

「スネハパナ終了!!!」

うれしい♩4日間で計500gものギーを飲みました。
大きなサイズで1個分。

このサイズだと2.5個分!

明日、ドクタージュエルから、トリートメントプランのご案内をいただくことになりました。楽しみ 😆

また停電です。寝ましょう。

22:15 就寝。
22:24 お腹がキューっと痛みます!下痢になりました。
黄色。細かい。オイリー。
ビニールが浮いているように見えました。泡がオイルにしっかりと包まれていて割れません。
便は、自動洗浄で流れてしまうとチェックできない、自分の身体の中からの大切なメッセージ。


AROUND INDIAのこれからの講座やイベント

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。

インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Japan日本代表。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

あわせて読みたい

アーユルヴェーダをわかりやすく学ぶ本「暮らしのアーユルヴェーダ」好評販売中 詳細はこちら≫
+