パンチャカルマ日記2017 vol.2:列車に乗って、PVAアーユルヴェーダ病院のあるカヌールヘ

パンチャカルマ日記2017 vol.1:日本で準備開始!の続きです。

ケララの電車に乗ってPalakkad~Kannurへ。

≫前の記事 パンチャカルマ日記2017 vol.1:日本で準備開始!

1週間のホームステイケララ州のパーラッカード(Palakkad、パラッカド)という町でを楽しんで、これからパンチャカルマを受けるPVA Ayurvedic Hospitalのあるカヌール(Kannur、カンヌール、Cannanore)へと電車で向かいます!

電車のチケットは、数日前にパラッカド駅で購入済みです。

ケララ州パーラッカード駅

「電車で移動なんて大丈夫?!」と心配される方も多いのですが、ケララではいつも意外と空いていて気楽に乗れます。この日も、2等寝台(2AC)の4人がけに3人。

2等は二段ベッドで、上の段の人も下の段の人もベッドに座れる高さがあるので、長時間移動におすすめ。3等およびスリーパークラスは、三段ベッドで畳まないと背を伸ばして座ることができません。

ケララの列車車内

夜を越した後、まだカーテンは閉まったままの薄暗い車内。
どなたかの使い終わったリネン類が山積みされていました。

電車の出発間際、ここ数日わたしの取材を手伝ってくれていた方が駆け込んできました!!
ケララの森で採れた特別なハチミツを抱えて。話に出て興味を持っていたものを覚えていてくれて、わざわざ届けてくれたのです。ほんの一瞬のお別れでしたが、このやさしさがうれしいです。
参考記事:アーユルヴェーダ自然のお薬3:加熱すると毒に?!はちみつ

車内でケララ弁当

ケララ料理の手作り弁当

上段のベッドでゴロゴロ過ごしていると、お腹が空いてきました。
カヌールに着く前にお弁当を食べましょう。
パーラッカード駅近くの知人宅に朝食をお呼ばれして、持たせてくださったお手製弁当です♩

  • イディアッパン
    Idiyappam, nooru puttu。 素麺のような見た目、ココナッツと一緒に蒸し上げたヘルシーな一品。カレーがよく絡みます。
  • 生のきゅうり
  • イストュー
    Vegetable istew、ケララのマイルドなカレー
  • チキンカレー
    Kozhi curry、ドライタイプ
  • グアバ

カヌール駅に到着

インドの電車には「次は、〇〇駅〜〇〇駅〜」のようなアナウンスはありません。
自己判断で降りるしかないので、近くの席の方に降りる駅をアピールしておいたり、Google mapやIndian Train Alarmなどスマホアプリを利用すると安心です。
参考記事:インドに行く前に入れておきたいアプリまとめ 2017

カヌール駅の看板

10:35パラッカド駅発。到着予定時刻14:45のところ、15:20、35分遅れでカヌール駅(Kannur Railway Station)へ着きました。計4時間45分の旅。

インドの駅には、エレベーターやエスカレーターは付いていないことが多く、移動が大変なのですが、ちらりとエスカレーターらしきものが目に入りました。
今回は改札のある1番線に到着したので使いませんでしたがうれしいです。

プリペイドオートで、PVAアーユルヴェーダ病院へ

カヌール駅プリペイドオートスダンドに行列する人々

駅の外へ出ると、左手にオートリキシャのプリペイドスタンドがあります。行き先を告げ、手数料1ルピー払います。チケットを受取り指示されたオートリキシャに乗り込みます。

カヌールは、お願いしなくてもメーターを使ってくれる優しい町なのですが、町の外に出る場合は往復料金を支払うのが通例です。PVA Ayurvedic Hospital到着時、メーター表示が98ルピーだったので、ドライバーに往復分の200ルピー渡しました。4ルピーなど小さなお釣りは差し上げると喜ばれます。
病院の中までスーツケースを運んでくれました。

カヌール駅プリペイドオートのレシート

次は、パンチャカルマ日記2017 vol.3:PVAアーユルヴェーダ病院初日、イフタール、院長の診察です。

YUMI TAMURA

Ayurveda panchakarma therapist

あわせて読みたい

【キャンセル待ち】はじめてのアーユルヴェーダ ワークショップ @ すずの木カフェ 茅ヶ崎詳細はこちら≫
+