パンチャカルマ日記2017 vol.3:PVAアーユルヴェーダ病院初日、イフタール、院長先生の診察

一ヶ月滞在する部屋

パンチャカルマ日記2017 vol.2:列車に乗って、PVAアーユルヴェーダ病院のあるカヌールヘの続きです。

夕方病院に着くと、早速部屋へ案内されました。
わたしがこれから一ヶ月滞在するのは、2階のValapattanam河を望む広々としたお部屋。

ベッド、デスク、TV、ケーブルTV、クローゼット、バスルーム、エアコン、トイレットペーパー、ティッシュペーパー、コンセントに差す蚊よけ、バケツ、ジャグ、タオルが用意されていました。

PVAアーユルヴェーダ病院でこれから滞在する部屋のベッド

  • wifiパスワードはマネージャーか受付で確認する
  • ランドリーサービスは、一回100ルピー。量は問わず。
    他の患者さんに確認すると、アイロンなしで戻ってきたとのこと。きっと、お願いすれば別料金で対応可能?
  • チャイ 朝夕2回
  • ごはん 朝昼晩 3食。
    トリートメント患者はベジタリアン食。生徒は卵あり。
  • 生理用品は、可燃物は外のマシーンで各自焼却処分(使用法については別途記事書きます)
  • 部屋の掃除は、定期的にクリーニングスタッフが来る

みなさんにごあいさつ

ドクター、スタッフ、生徒さん、患者さんへのご挨拶に、こちらに来る前にお世話になったシヴァナンダさんご一家のおばあさまが持たせてくださったMilk Peda(ミルクペダ)という甘いお菓子をを配りました。

パッラーッカードのおばあちゃんがくださったインド菓子

ちょうどいいタイミングで、チャイがきました。セラピストの女の子が、大きなポットを持って各部屋をまわります。
アーユルヴェーダハーブのある庭を別のセラピストに案内していただき、カヌールの友人たちに到着の連絡を入れました。パンチャカルマの合間に、少しずつ会いに行きたいです。

PVAアーユルヴェーダ病院で一杯目のチャイ

断食明けのイフタール

中東のイエメンから治療に来ていたおじいさんと、付添の甥っ子さんに、キチュラー(イエメンでは、シューファンまたはショルバ)やラマダン断食明けのお食事について教わっていると、18:45から始まるイフタール(マラヤラム語ではノーンブトラ)に誘ってくださいました。

PVAアーユルヴェーダ病院のイフタール、ラマダン明けの食事

イエメン、パンジャブ、アーンドラ・プラデーシュ、ケララの男性たちのイフタールに参加。
近所のモスクから礼拝を呼びかけるアザーンが流れてきました。
念のため、時間を確認すると18:50を過ぎていたので食事の開始。
イスラム暦は日没から始まるそうなので、この断食明けの食事は一食目になるのですね。

最初にデーツを1つ食べ、その後は好きなものをいただきます。イエメンの特別なデーツでした。
こちらの病院で作った、イーダッパランポリ(丸くて甘い揚げ物)、カーイッポーラ(ケーキ)、ウーリワダ(玉ねぎのワダ)、ロッティワティエ(甘くないフレンチトーストのようなもの)、バナナ、マンゴーと盛りだくさん。
飲み物は、イエメンのアラビックコーヒー(ガワ Gahwa)。色は透明で少し緑がっていて、味はお茶のようなジンジャーティのような感じ!甘みも入っていません。これをコーヒーと呼ぶのですねー。
レモンウォーターもいただきました。

「プレート全部平らげてね」と促されながら、たくさんいただきました。
食べながらもたくさん質問をしていると、「今は食べなくちゃいけないから、質問は後でね」と言われました。

そうでした!!

わたしは普通にごはんを食べていながらイフタールに参加させていただいている身ですが、みなさんは早朝4時ごろから続けた断食明けの大切なお食事なのです。あぁ、すみません。

アーユルヴェーダ病院の夜ごはん

イフタールをごちそうになって部屋を出ると、病院スタッフから、ご飯用のプレート・カップ・器(カトリ)・スプーンを手渡されました。
どういうことかわからずにいると、他の方から、ごはんは4階でブッフェスタイルで、好きな量をいただいて、自分で食器を洗って、部屋にキープしておくシステムなのだと教わりました。
(後日、これは生徒さんのシステムで、患者さんは部屋に食事が届けられるというシステムだと判明しました)

では、4階へ行ってみましょう!
イフタールいっぱい食べたばっかりじゃないの?!って言われてしまいそうですが、やっぱりどんなものか気になります。

用意されていたのは、茶色のドーシャ(パリッと焼いたマサラドーサなどと違い、家庭的な柔らかいドーサ)、緑豆のカレー、マンゴー。シンプル&ヘルシーです。
わたしは、小さなドーシャ1枚と好物の緑豆カレーを少々味見しました。
マンゴーは、切らずに丸ごと置いてあるというワイルドさ。ナイフ無いけどどうするのかな?

クラスを終え、もうすぐこちらを去るみなさんは、外のお店で買ったごはんを楽しんでいました。
ここ数日間メインのシェフが不在で、ごはんはちょっと寂しい内容のようでした。
限られた環境にいると特に、ごはんの時間は大切なお楽しみですからね。

先日お会いしたヨガマスター(Satguru)が「おいしいものを食べるから不健康になる」と仰っていました。舌を喜ばす味で食べてはいけない。とってもわかるのです。
でも俗人なわたしは、時々ならおいしくなくて健康もいいけれど、できればおいしさと健康を両立させたいと思ってしまいます。
添加物で旨味いっぱいのような、おいし過ぎる必要はないんですけどね。。

ケララのヨガマスター

院長先生の問診とお薬

さて、いよいよパンチャカルマの開始です。

雨季であるモンスーンは、パンチャカルマ という浄化療法ののベストタイミング!
明日がモンスーン到来予定日なので、そこに合わせて来たのです。
お忙しい院長先生とのコンサルテーションが開始したのは21時。

PVAアーユルヴェーダ病院の院長ドクターポイラン

自分の体のことを思い出しながら、どんな不調があり、どの部位に起こり、いつから始まり、どんなときによく現れるのかなどをお伝えしました。

消化が遅いことをお伝えすると、消化にとっても効きそうな味のお薬が院長室に届けられました。

スネハパナに向けて飲んだ消化力アップのアーユルヴェーダ薬

翌日から始まる スネハパナ というトリートメントで飲むギーの処方を決めていただき、その後のトリートメントプランは後日じっくりということになりました。
とにかく今日は消化力を上げてしっかりと休みます。

次は、パンチャカルマ日記2017 vol.4:ギーを飲むスネハパナ1日目です。

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。

インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Japan日本代表。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

あわせて読みたい

【募集中】はじめてのアーユルヴェーダワークショップ |東京・駒沢公園近く詳細はこちら≫
+