【 女性限定 】インド相談室:生理用品をどうやって捨てたらいいですか?

インドのトイレ事情

今回は、女性ならではのインド旅のお悩みです。

最初に少し、AROUND INDIAがこれまでに感じた、インドのトイレ事情についてご説明します。

まず、日本とは「清潔」の概念が異なります。

  • お尻をつける洋式より、和式の方が清潔
  • 乾燥した紙よりも、水+手で洗う方が清潔

インドの多くのお手洗いには、トイレットペーパーも、生理用品を捨てるゴミ箱も備え付けられていません。
※空港など、外国人が多いところは、ちょっと事情が違います。

生理用品の立場

生理用品の入手先は、スーパーマーケットや薬屋さんなど。おなじみのウィスパー Whisperなど、ブランド商品が各種買えます。

でも、インドの思春期の女の子のうち約20%は、生理中は学校を休むという統計もあります。

ナプキンはそもそも捨てるもの。
高級品である外国の生理用品を買う余裕がない場合も多いようです。

イギリス王室、ヘンリー王子とメーガン・マークルさんの結婚祝いに、インド女性にナプキンの寄付を呼びかけたのも記憶に新しいです。

金銭的に余裕があるお宅でも、市販のナプキンは漏れないので、学校など外出時に使用。
家では、古いサリーの布地などを使っているという意見もありました。そこには、処分方法にも苦労があって、人に見られないように家の裏でこっそり燃やしているという話でした。

ある男性は仕事帰り「奥さんに頼まれたナプキン買う」とお店に寄っていましたが、男性が買い物に行くケースも多いので、思春期は余計に頼みづらいものではないでしょうか?

生理=不浄

そもそもインドには、生理期間中にはお寺に入ってはいけないなど、いろいろタブーがあります。
パンチャカルマも休憩。穢れものと思ってるでしょ?!と感じるときと、生理中の女性の疲れやすい体を案じてくれているんだなと優しさを感じるときもあります。

ケララの伝統武術カラリパヤットゥでも、祭壇の近くや道場には入りません。

生理中はお休みという認識はここでは当たり前のこと。オープンにするものかと思って、
「なぜ、今日はお休みなの?」と聞かれ
「生理だよ」と答えたら、女性陣があたふた!
「ダメ、知らないから。理由は言う必要ないよ。」と注意されました。笑

子供のように、たくさん失敗しながら学んでいきます。

そんなインドで、愛する奥さんが不衛生なものを使っているのを見た男性が、安価で良いナプキンを作る実話映画「Pad Man」も2018年全国で公開されヒットしました。
ここから、インスタグラムで著名人がナプキンと一緒に自撮りする「恥ずかしいものじゃないよ!」という #padmanchallenge ムーブメントまで湧き起こりました。

ショーツ一体型布ナプキン THINX

インド人と日本人の両親の元に生まれた方が発案した、布ナプキンの機能がショーツに一体型となった THINX という商品もあります。
さらにトレーニングショーツとも一体型になったデザインもあるので、ランナー、ヨガの先生など、これまでより安心して人前に出られそうです。
わたしは布ナプキンは、ずれないようにとスナップ付きを選ぶと自転車が激痛だったのですが、この一体型ならズレもなく、乾かしているときも普通のショーツのように見えるのがいいですね。

漏れの心配も少なく、捨てる必要もなく、普段のショーツのように干せるのは、インド旅でも使いやすそうです。ただ乾くまで時間がかかるようなのが気になるポイント。

ショーツとナプキン一体型!Thinx

体温を奪わない安心ナプキン

AROUND INDIAは、生活クラブのノンポリマーのコットンナプキンを使っています。
ポリマーは吸収量が高くて便利ですが、水分が蒸発するときにコットンに比べると体温が2℃も奪ってしまうのだそうですよ。
コットンの漂白には、酸素系が使われています。表示義務があるので、ぜひご利用の商品もチェックしてみてくださいね。

生活クラブのお店で購入してみたい方は、8月31日までの500円クーポンをご利用ください。

バナナの葉の繊維から生まれたナプキン Saathi

エコや改革も進むインド。最近バナナの葉の繊維から作られたナプキンもあります。
外国への発送はしていませんが、機会があったら使ってみたいものです。

Saathiのホームページ

タンポンは、ほぼ知られていない

ちなみにタンポンは、かなり珍しいもののようでした。
女性ドクターや病院のスタッフたちに「これ何?」と聞かれ、説明するとビックリ!
そこにいた女性陣にプレゼントすると、恥ずかしそうに、でもちょっと楽しそうに、ポケットに大切にしまって部屋から去っていきました。

インド人女性のたった5%しか存在自体知らない
only 5% of the Indian women population are aware of this facility

また、こんな考えもあるようです。日本でも昔よく聞きました。

タンポンを使うと処女性が失われる
if a woman uses a tampon, it means that she isn’t a virgin anymore

アーユルヴェーダなどの思想が息づくインドの感覚を想像するに、体外に自然に流れ出ようとしているもの・排出されるべきものを、体内で吸い取り保持することが体に良くないと考えられそうだなと思います。
アーユルヴェーダでは、ヨーニピチュという膣に薬を保持して治療する方法があるのです。それの反対のイメージですね。

実際、日本でもタンポンやナプキンの使用をやめたら生理が楽になったという声も多いですしね。

月経カップ

そうそう、数年前に月経カップも試しました。
月経カップとは、カップ状の医療シリコンを体内に入れ、月経血をそこに受けるものです。

インドのトイレ事情を考えると、ゴミが出ない、何度も使える(荷物が減らせる)、12時間ほど入れておいてもOK(長時間の移動のときも楽)など、メリットが多そうだったので海外から取り寄せました。

残念ながら、わたしには合いませんでした。経産婦と非経産婦用などサイズを選ぶのですが、一番小さいものでも折りたたんで入れるとき、滑らないからかかなり痛む。たたんだカップが体内で開く瞬間が気持ち悪い。体外に出すとき、真空状態になっているのでかなり取り出しづらく、生理中のデリケートな膣内に負担をかけたくないと思いました。
空にしたカップは、トイレットペーパーでは拭きづらく、さらにそれをまた体内に戻すことにも抵抗がありました。手が汚れた状態で、個室から出て行きたくないなどなど。慣れれば使いやすくなるかと思ってしばらく続けましたが、わたしにはどうしても合いませんでした。

今は日本でも発売されていて種類も増えています。もしかしたら快適感が増しているかもしれません。

生理用品の処分

さて、生理用品の処分方法のお話に戻りましょう。

① 黒ビニール袋に入れる

私たちに日本人にとっても、生理用品はあまりおおっぴらに見せたくないものですよね?
使用したものを見せられても嫌ですよね?

AROUND INDIAの場合、黒いビニール袋を携帯して、そこに捨てるようにしています。
ゴミ箱が付いているお手洗いに行った時に捨てたり、ホテルの部屋に戻って新聞紙に包んで捨てたりします。

② 生理ナプキン専用焼却炉:PVAアーユルヴェーダ病院の場合

PVAアーユルヴェーダ病院には、ナプキン専用の焼却炉が用意されています。

下図をご覧ください。病院の玄関を出て、ぐるっと壁沿いに進むとドアがあります。その中にあります。

PVAアーユルヴェーダ病院見取り図 生理用品焼却炉

さて、このゴミ捨てミッションを完了するまでに、部屋から焼却炉に向かう間に誰かに「どこ行くの〜?」と呼びかけられることもあります。
しれっとやり過ごす必要があるので、黒ビニール袋に入れたものを、更に布のバッグに入れて、ちょっとお出かけを装っていました。

インド 生理用品の処分のしかた

小部屋に入ると、機械があります。全体像はこちら。

インド 生理用品の処分のしかた

英語とマラヤラム語で、使い方が書かれています。

インド 生理用品の処分のしかた

  1. 使用済みナプキンを入れる。
  2. 紙・プラスチック・その他のゴミを入れないこと。使用済みナプキンのみ。
  3. 機械の上にある扉を開け、ナプキンを入れる。ドアを閉めて機械の下にあるボタンを1度押す。何度も押さないこと。

使用前に灰を捨てましょう。

インド 生理用品の処分のしかた

続いて、機械上部の蓋を開けて、使用済みナプキンを入れましょう。
あまりたくさん入らないので、澑めないように。

インド 生理用品の処分のしかた

蓋を閉めて、スイッチを押します。

インド 生理用品の処分のしかた

焼却炉稼働中は、赤ランプが点灯します。

インド 生理用品の処分のしかた

使い方がわからない時は、女性ドクターや長く滞在している女性の生徒/患者さんに教えてもらいましょう。

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。 インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Hospital・MGS Kalari Sangam提携。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

あわせて読みたい

10月スタート!AROUND INDIA・YAJコラボ講座『女神のきらめき vol.たしなみ』|東京・西荻窪詳細はこちら