刺繍が得意なトダ族の村へ①日本で情報収集|タミルナドゥ州・ニルギリ

トダ族に会いたい!

本で見かけたインド・トダ族!トダ族(Toda tribe)は、不思議に包まれた民族。
暮らしているのは、南インド・タミルナドゥ州にある紅茶の産地として有名なニルギリ Nirgiri地区。

白地に黒と赤の布、民族衣装がとてもすてき。
トダ族は、独特の力強い顔つきも魅力的。
伝統的な建物は、かまぼこのような珍しい形をしています。
そしてなにより、民族的ルーツは不明という興味深い民族です。

どこに行けば会えるの?

人口約1600人というトダ族。

ニルギリ地区ということがわかりましたが、具体的な場所は本やインターネットで調査しても特定には至りませんでした。
タミル人のガイドや、タミルで働く友人に聞いてみても、誰もトダ族の存在自体知りませんでした 😕
このままでは、ニルギリに行っても村に辿り着くのはむずかしそう…。

ニルギリにある、トライバルミュージアム(部族の情報を集めた博物館)まで行けば詳しい情報が得られそうではあるのですが、携帯電波があるかどうかもわからないし、村への交通手段や宿の手配ができるかは怪しいものです。

ニルギリに取れる時間は最大で3日ほど。もう少し絞り込んでから向かいたい!

さて、一旦話は少し逸れます。
今回ケララ州でのパンチャカルマ治療前に、もう一か所訪れたかったのがケララ州の少数民族。
以前ケララの少数民族についてお話を伺っていた、インド料理店ボンベイのジョジョさんとニティヤさんの元へ相談に行きました。(帰国後、オリッサ料理の会を催したお店です)

ケララの部族のことはすんなり決定。
トダ族についてもお話してみると、やはりトダ族の存在はご存じありませんでした。
でも明るい光が差しました!!
ニルギリで働いていたご友人などに連絡を取ってくださり、その方が部族ガイドを手配してくださることになり、遂に行けることになりました。

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。 インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Hospital・MGS Kalari Sangam提携。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

あわせて読みたい

6月・7月・9月『暮らしのアーユルヴェーダ ベーシック講座 第3期』土曜コース|東京・祐天寺詳細はこちら≫
+