白地に金糸の伝統布。ケララの織物工房を訪問 ①|ケララ州パラッカド

ケララ州パラッカドの織物工房のみなさん

激減する織物工房

ケララ州北部の内陸部パラッカド(パーラッカード Pallakad)の織物工房にお邪魔しました。

通りに面した形でショールームがあり、裏手に工房があるのは見えません。
地元の方のご案内なしでは、きっと気づけませんでした。

この辺りは、以前織物工房が立ち並んでいたそうなのですが、近年すっかり数が減ってしまいました。
25年前は5000。今は100。理由はお金が稼げないからだそう。

ケララ手織物工房のショールームには機械織り製品がいっぱい

手織りよりも、機械織り

インドは地域ごとに多彩な布があり、サリーの着方も様々。
ケララ州は白地に金糸が有名です。
今回AROUND INDIAは、工房を拝見して、そちらで織られたケララサリー(セットサリー set saree)を購入したいと思っていました。

でも、お店の在庫として売られているのは機械織り。
工房併設のお店でも、並んでいる商品はほとんどが機械織りに置き換わっていました。

停電が多い場合は、手織りの方が進むでしょう。でも、停電する機会もめっきり減りました。
機械は、均一に早く織ることができます。較べてみると滑らかさが違うのですが、購入するお客さまとしては、どちらの方法で織られたかは気にしていません。

腕のいい職人を雇う必要も育てる必要もなく、規模も拡大しやすく利益も生みやすいのでしょう。

でも、味があったり、この人がこの場所で作ったという空気感をまとっていたり、愛着が湧いて手放せなくなるのは手織り。AROUND INDIAは、そんなところに魅力を感じます。

工房を覗いてみよう!

糸工程

ケララ州パラッカドの織物工房 糸工程

糸もこちらで用意していました。
自転車を改造した機械。

見た目はすごく簡単そうなのですが、実際にチャレンジすると思うように動かせません。モタモタ。

ケララ州パラッカドの織物工房 糸にチャレンジさせていただくAROUND INDIA田村ゆみ

織り工程

こちらは、オーダー柄のサリーを織っていました。
好きなデザインのサリーで10000ルピー!

ケララ州パラッカドの織物工房 柄物を織っている所

ケララ州パラッカドの織物工房 柄のパターン

織り機の上部にデザインパターンがあって、織りを進めるとパタパタと動きます。

AROUND INDIA田村も、二種の織りにチャレンジさせてくださるというのですが…。
踏んで通して、棒前に引いて、上から引っ張ってを繰り返します。あぁ、難しい。
変にしてしまわないうちに、職人さんにお返ししましょう。楽しかった。

ケララ州パラッカドの織物工房 ルンギを織っているところ

ムンドゥー ウェースティーを購入

白地に金糸がメインでも、大まかに色は二種類。
明るい黄色は、南部トリヴァンドラム。オレンジ色は北部。
金糸はSURATから取り寄せているのだそう。

結局手織りではないムンドゥー ウェースティー(set mundu)と呼ばれる、上下別だけどサリーのように見える伝統衣装を買いました。ブラウス生地も購入。

ブラウスの仕立てはテイラーで

一旦帰宅して、奥様のブラウスを試着。テイラーのラーダクリシュナさんに見本として持っていって、コピーを作ってもらうのです。

もうパラッカドを出るまでに日がなかったので、超特急サービスで、サイドのステッチはその場仕上げ。
ブラウスは明日仕上げて、しかもお隣のお店のおばちゃんが届けてくださることに。

テイラーのラーダクリシュナさんがサイドステッチを超特急でしてくださっているところ

「みんな知り合いだからいいのいいの」という、村中が親戚のような温かさでした。

着付け

翌日着付けていただいて、お寺に行きました。
ムンドゥーウェスティーの見分け方は、中央と斜めラインの追加です。

糸から布、布から服へ変化しました。

シヴァナンダさんご一家


AROUND INDIAの講座・イベント

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。 インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Hospital・MGS Kalari Sangam提携。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

アーユルヴェーダをわかりやすく学ぶ本「暮らしのアーユルヴェーダ」好評販売中 詳細はこちら≫
+