むずかしくない本「暮らしのアーユルヴェーダ」プレゼント ご応募はこちら

本:読んで納得「沈黙の医療 – スリランカ伝承医療における言葉と診察」

沈黙の医療 書影

沈黙と問診

今回ご紹介する『沈黙の医療』は、スリランカの伝承医療(伝統医学)について教わったことを、帰国後にまとめているときに出会った本で、まさに求めていた内容が詰まっていました。

著者は、スリランカの大学でシンハラ語を学びながら、アーユルヴェーダ学科で学ぶご友人と共に、伝統医学の治療家たちを調査されたという人類学者 梅村絢美さんの博士論文が書籍化されたものです。現地で激痛を伴う治療を受けたり、脈診を教わったりなさっています。

テーマは「沈黙」から見える世界。
医療と沈黙、どういうことでしょう?

患者を診察する最中や処方箋を作る時、知識を継承する過程において、特定の言葉を発話することや、何かを言葉で表現することを拒んだりする。

スリランカのアーユルヴェーダとは?ケララとの違い/共通点とは?という目線で、スリランカへ行ったAROUND INDIAにとって、この本の切り口は新鮮でした。

というのも、わたしが最初にアーユルヴェーダの診察を受けたのが、2008年。
日本にいながら、インドの先生と、オンラインのチャットを通して行われた問診によるものでした。
顔も見ずに行われたやり取りから、導きだされた処方が、20年間 強い痛み止め薬に頼るしかなかった生理痛を根本から治してくれたのでした。
その後も大勢の方が、問診で処方されたお薬で良くなっていくのを見てきたので、問診のすごさを実感しています。もちろん、問診が得意な先生であればと限定されるとは思いますが。

しかし『沈黙の医療』には、こう書かれていました。

語らないことが、治療における重要な要素となっている

ある患者は「伝統医に対して病状を語るのは失礼」と考えており、ある伝統医は「患者が言っても聞いてない」とのこと。

これまで、脈診を用いる先生の場合、言葉より先に脈ということが多かったのですが、語ってはいけないとは思っていませんでした。

気をつけたいカタワハ

日本でも、言霊(言魂)とか忌み言葉とか、受験生に使わないように気をつける言葉、結婚式のスピーチで使わない言葉など、身近に存在していますよね。

スリランカでは、持っていない人が持っている人に対して言葉を発することが、カタワハ(口の毒)になると考えられているそうです。
著者が、好きなフルーツが実る木を見て「大きな実がついたわねぇ」と発言すると「カタワハである」と注意されたのだそう。

たとえ、嫉妬・悪意・羨望というマイナスの感情がなくても、そのフルーツが存在していない国で生まれ育った著者が発したことが問題となると。

他にも、独身女性が新婚女性に「あなたって本当にきれいね」というのもカタワハ。
うーーん、外国人の発言は、カタワハ尽くしになってしまいそうです。

実際「アーユルヴェーダのものや薬草などが、すぐに手に入れられるのいいな」「うれしいな」「おいしいな」と、思うだけでなく言葉にして伝えていました!
あぁ、いったいどれだけのカタワハを発していたことでしょう…。

スリランカのくつろぐ犬

言葉にしない効果

アーユルヴェーダの診察や治療を受けた方々から、
「(医師もセラピストも)説明してくれなかった」
「ドーシャチェックをしてもらえなかった」とご相談を受けることがあるのですが、『沈黙の医療』には、言葉にすることで治療効果が衰えると考えられたり、病状が悪化するのを防ぐと考える伝統医の発言が書かれていました。

ある伝統医は、自身も親から教わるときに「これは言葉に出さないように」と注意されて覚えたそうなので、患者も親などから、代々診てもらってきた先生の治療を受ける時の心得を伝えてきているのかもしれませんね。

薬草を名前を口にせず指差しで伝承する、代替の言葉に置き換える、ジェスチャーで伝えるなど、言葉以外の方法で伝えるということに重きをおいているという見解が、とてもおもしろかったです。

次回のスリランカでは、この点についても観察してみたいと思います。

沈黙を重要と考える世界で、Dr CTスキャンの診察を言語化して渡すというのは、異端なことかもしれません。

スリランカのアーユルヴェーダドクターCTスキャンスリランカ・アーユルヴェーダの旅①「リゾート編:Jetwing Ayurveda PavilionsでDr CTスキャンの診察」

2種類ある、スリランカのアーユルヴェーダ

スリランカで、アーユルヴェーダ(リゾート、国立病院、家庭、薬局、スパ)と伝統医学のパーランパリカウェダカマを覗いてみたら、どちらもれっきとした医療として存在しているものの別物だと感じました。
インドでも、ケララのアーユルヴェーダに違うと感じる部分が多かったように。

「スリランカのアーユルヴェーダとインドの違いはなんですか?」という疑問に対して、先生方は
「スリランカのアーユルヴェーダは、インドのアーユルヴェーダとスリランカの伝統医学を合わせたもの」
もしくは、インドのアーユルヴェーダと、スリランカの伝統医学と、仏教を合わさったものという説明を受けました。

スリランカでアーユルヴェーダを受けてみると、ケララで受けてきたアーユルヴェーダとの大きな違いは感じませんでした。
「実際に、伝統医学のどのような部分を取り入れているのでしょうか?」と質問してみたのですが、インドでアーユルヴェーダを学んだ先生方からも、はっきりとしたお返事はいただけませんでした。

質問の仕方を変え「固有の薬草や処方」または「考え方」であるかを確認してみましたが「そういうことではない」というお答え。
Dr CTスキャンに、スリランカ独自のアーユルヴェーダを学ぶ本の入手について相談したときも「ありません」との返答でした。

不思議でならず、モヤモヤしてました。
「スリランカのアーユルヴェーダには、伝統医学パーランパリカウェダカマが入っていると、ドクターもセラピストも明言する。でも、何がどのようにというのは誰も示してくれない」のです。

この疑問は『沈黙の医療』を読んで、すっきりしました。
スリランカのアーユルヴェーダには2つの流れがあり

  1. 紀元前にインドから仏教とともに伝来し発展したもの
  2. 20世紀初頭にインド留学から帰国したアーユルヴェーダ医師たちを中心に行われた、教育として伝える政府主導のアーユルヴェーダ

1961年にアーユルヴェーダ法を施行するときに「アーユルヴェーダには、パーランパリカウェダカマ、シッダ、ユナニを含む」と規定したという歴史もありました。
アーユルヴェーダという言葉に、そもそもパーランパリカウェダカマが包括されていたのです。(シッダとユナニが含まれていると言う方はいませんでしたが)

これが「そういうことではない」と言われた理由だと思いました。

スリランカの人・暮らし・医療・文化・信仰など、様々な面で勉強になりました。
『沈黙の医療』、ぜひ読んでみてくださいね。

沈黙の医療 horiwela wedakama

AROUND INDIAが訪ねたHoriwela Hela Wedakamaのアナンダ先生も出ています。

スリランカの伝統医、整骨治療スリランカ・アーユルヴェーダの旅⑦「伝統医学編:パーランパリカ・ウェダカマ Paranparika Wedakama 」|キャンディとアヌラーダプラ