インド政府観光局イベントでプレゼンさせていただきました

魅力いっぱいのインド

日曜日、横浜でインド政府観光局 incredible India! のイベントが横浜で開催され、インド人の友人にお誘いを受けて、AROUND INDIAの活動をプレゼンさせていただきました。

まずは、政府観光局によるインド紹介からはじまりました。

インド政府観光局によるインド紹介

ヒマラヤの景色、仏教寺院の建築、ハイデラバードのチャールミナール(建築年は、ジャイプールのアンベール城と1年違い)、日本でも大ヒットした映画「Aal Izz Well」(うまくいく)のラストシーンで目を奪われた方も多いであろうラダックのバンゴン・ツォ(バンゴン湖)、先日AROUND INDIAのFacebookでシェアしたメラガヤ州のゴムの木で作る生きた橋、ミゾラムのバンブーダンス、アーユルヴェーダ、ヨガなどなど。
自然、建築物、宗教、言葉、人、祭、料理、列車、豪華絢爛、お好きなテーマに合わせて楽しめる器があるのがインドの魅力!

やはりアーユルヴェーダは、きちんとしたもの受けるなら病院をとおすすめされていました。

インドは何語?ナマステってどこでも通じるの?に書いたように、多言語国家のインド。
イベントでも英語、ベンガル語、テルグ語、マラーティ語、日本語が飛び交っておりました。
マラーティを話すマハラシュトラ州の人は、ヒンディーもお上手。
テルグやヒンディーを話すテランガナ州の方は、同じ南インドに分類されるタミルナドゥ州やケララ州では言葉が通じなくて困るそう。
そういえば、アンドラプラデシュ州の友人は、ケララのPVAアーユルヴェーダ病院では、主にヒンディー語を話す病院スタッフといろいろやり取りをしていて、ドクターたちとは英語で会話していました。

外からはインド人という括り。でも、日本人という括りとは感覚がだいぶ違いますね。

続いてプレゼン

あまり事情を把握していなく、用意していたのは日本語のプレゼン。
インド人に向けては、タイトルなど一部だけ英語併記していました。
すると…英語でプレゼンした方がいいということになってしまいまして、ヘタっぴながら何とか終えました。
英語もっと話せるようになりたい!!

内容は、サイトの紹介、インド・アーユルヴェーダとのおつきあい年表、これまで訪問した場所マップ、暮らしのアーユルヴェーダ本のご紹介、具体的な活動例などなど。

AROUND INDIAのインドとの出会い年表

 

アーユルヴェーダ自然のお薬:世界でここだけ。ほくろの取れる薬

ケララの深森の部族に伝わる伝統療法(診察・手相・オイルマッサージ)

誘ってくださったアメイさんは、マハラシュトラ州のカレーツーリズムや、インドでNPO活動をしている日本人をご紹介されていました。
西ベンガル州コルカタから近いビシュヌプールのわぴねすでは、ハンセン病の方の施設があるのだそう。
ビハールのNPOでは、孤児のための小学校やヨガアシュラムなどを運営しているそうです。
インドのボランティアにご興味がある方は、こちらも検討してみてはいかがでしょうか?

おいしいごはんも満喫

みなとみらいのインド料理 Khazanaレストランのご飯をご馳走になりながら、自由に歓談。
ニームを使ったホームレメディや、家庭料理のことなど、個人的に興味があることも教わりました♩
ニームは花を炒めて食べると聞いていましたが、葉っぱもお料理にするのだそう。
わたしが小さい頃、苦味のあるピーマンはみんなが嫌いな野菜でしたが、ニームの苦味はピーマンの比ではありません。
アーユルヴェーダでは、6種類の味(甘・酸・塩・苦・辛・渋)を食べることが健康に良いとされているのですが、小さい頃からそれが組み込まれているのがすごい。

ひとこと

資料を作ることで、改めて活動内容をまとめることができました。
発表することで、どのように映るのか、メディカルツーリズムに強いなどフィードバックをいただくことができました。

アーユルヴェーダ・ヨガ・カラリマッサージを学んだカヌールは、アーユルヴェーダが盛んなケララの中でも本物がある場所と一目置かれています。
そのカヌールの病院で学ぶというのは、本当に貴重な経験だったと再確認。
カヌールがこれまで積み上げてきた信頼感に感謝しつつ、自信を持っておすすめします✨

すてきな出会いもあって、勉強にもなったイベントでした!

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。 インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Hospital・MGS Kalari Sangam提携。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

あわせて読みたい

2018年6月30日〜『暮らしのアーユルヴェーダ ベーシック講座 第3期』土曜コース|東京・祐天寺詳細はこちら≫
+