ケララの深森の部族に伝わる伝統療法(診察・手相・オイルマッサージ)|ケララ・パッラッカード

ケララ、Attappati部族伝統の診断、頭

Attappadi部族に伝わる治療

ケララ州にも、少数部族が暮らしています。
パッラッカード(Pallakad, Kerala)近くの森に暮らすAttappadi部族には、数百年か数千年か、とにかく古くから伝わる治療法があると聞き、先生にお会いしてきました。

この診療所は、森の奥深くではなく、パッラッカードの村にあります。
長年インドの部族の調査をされてきた人類学の博士が、森の奥深くで伝えられてきた素晴らしい伝統療法に出会い、外部に紹介したのがはじまりとのこと。
先生がいらっしゃる時は、こちらで診察・治療を受けることができます。

ケララ、PallakadにあるAttappati部族の診療所

パッラッカードの診療所は、駅(Palakkad Railway Station)から車で行くことができます。
地元の方で、先生と仲良しのシヴァナンダさんに連れて行っていただきました。

触診・脈診・手相

ヴァイディヤ(Vaidya)とは、サンスクリット語で、医師・治療家のこと

先生は、65歳のすてきなChilling moo paths Vaidya
デリーやケララの学校などに呼ばれることもある先生です。

ケララ、Attappati部族の治療家、医師

はじめに、椅子に座って診察を受けました。
頭・首・背中・胸。脈に触れながらの腹部など、ささっと触診。
どこが良くないから(弱いから)、どうなっているということを教えてくださるのですが、とにかく早いです!!

自然の流れで、手相に入りました。
診療に手相が含まれるなんて、はじめての経験です。
先祖たちの仕事、人柄、どんなことをしてきて人々からどう思われてきたかなど、わたしが知っている範囲ですが完全に合っていました!
そして私自身の生活のこと仕事のこと、多岐にわたってお話ししてくださいました。

ケララ、Attappati部族伝統の診断、手相

オイルマッサージ

その後、施術室へ移動します。

下着は、自前のパンツのみ身につけた状態で、新聞を敷いたベッドに横になります。

インドの診療所では、シャワーが無いことも多いので、オイルが付いてもいい服を着て行き、服を着る前に、しっかり拭けるように汚れてもいいタオルも持参するのがオススメです。

オイルを塗布して、力強くマッサージ。
オイルは草の香りが強く、これまでアーユルヴェーダでもカラリにもなかった香りでした。
外には薬草類がたくさんあったので、先生がこちらで作られているお薬だというのがよくわかります。

マッサージはとても力強く、先生も汗だくになられてました。

途中で木の棒を用いるのですが、部位によって、ゴリゴリと痛んだり、くすぐったかったりします。
マッサージが終わると「ここがこうだからこうした方が良い」とアドバイスをくださいました。

続いてシヴァナンダさんです。
足の古傷に対する施術。やはり木の棒は痛い!!と言っていました。

ケララ、Attappati部族のオイルマッサージ

シヴァナンダさんはその場で粉薬を飲み、わたしはマッサージ用のオイルを2本処方されました。

その後オイルをセルフマッサージに使っていたのですが、色は赤みが強く、香りは塗布直後は絞りたてのような草の香りで、塗り込んでいく内にマイルドに変化しました。

先生はとてもパワフルな方でした。できれば連続で受けるのがオススメです。

Attappati部族の先生のマッサージ用オイル

診療所情報

マラヤラム語または部族の言葉ですが、診療所のチラシとカードを載せておきますね。
治療をご希望の方は、今回お手伝いいただいた方は一般の方なのでご紹介は難しいのですが、チェンナイの日本語ガイドに協力をお願いすることもできますので、AROUND INDIAにお問合せください


AROUND INDIAのこれからの講座やイベント

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。

インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Japan日本代表。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

あわせて読みたい

2018年1月~3月『暮らしのアーユルヴェーダ ベーシック講座 第2期』|東京・祐天寺詳細はこちら≫
+