ケララ伝統医の元へ、秘伝のお薬を買いに行きました。

ケララ伝統のアーユルヴェーダドクターとヴァイディアとAROUND INDIAの田村ゆみ

伝統医師ヴァイディア

ヴァイディア(Vaidya、ワイディヤ)とは、伝統的なアーユルヴェーダドクターのこと。

私は、小さいころからほくろができやすい体質でした。
小学生の頃、インド人とからかわれたのも今となってはおもしろい偶然です。

インド人にはあまりほくろが無く、気にかけてくれていた カラリパヤットゥ 道場のマネージャーを務める友人が、ほくろ/いぼを取る薬を作っているドクターを紹介してくれました。
彼自身も知り合いの紹介を受けて、首の小さないぼが簡単に全部取れたというのです。

そのドクターは、ヴァイディアと呼ばれるアーユルヴェーダ医師です。

ヴァイディア(Vaidya、ヴァイジャ、वैद्य)とは、サンスクリット語で、英語に訳すとphysician(医者)なのですが、ここでは伝統的なアーユルヴェーダドクターのことを指します。

アーユルヴェーダが根付くケララ州でさえ、学校で学んでドクターになることはできても、本来のヴァイディヤになることはできないという貴重な存在なのだそう。

今回お会いするヴァイディヤが作っているのは、ほくろ/いぼを取る薬。
それは秘伝で、世界中でその先生しか作ることができません。だから名前もないお薬なのだそう。
こういうもののことを、ケララではオッタムリと呼ぶそうです。

今回わたしにはあまり時間がなく、先生を訪ねるチャンスはたった一日!
原料採集のために薬局を留守にすることも多いと聞いていたのですが、その日は薬局にいらっしゃるとのこと!よかった!!
アーユルヴェーダ雑学:ちゃんとしたアーユルヴェーダ薬局には、基本的に医師が常駐しています。

待ちに待ったヴァイディアの薬局

友人の車で、ヴァイディアの薬局へ向かいました。
車を駐め、車道脇の階段を降り、橋をくぐって川沿いを歩くと、古い薬局に着きました。

薬局にいたのは、ヴァイディアお一人。

ケララ伝統医のヴァイディア

友人が現地のマラヤラム語でわたしのことを説明してくれ、明るい陽があたる場所に移動して目診を受けました。少し診て、薬局の中へお薬を用意しに戻られました。

薬を用意するヴァイディア

その間うろうろと、薬局の内外を探索。お薬の原料や製薬の痕跡がありました。
お薬の用意ができると、また日差しの下へ移動し、その場で塗布。

アーユルヴェーダ薬局

製薬の材料と痕跡

続いて友人も、診察と処方を受けました。

途中ご近所の若い男の子が買いに来ました。わたしたちにしてみれば特別なヴァイディヤでも、付近の人にしてみれば、昔からある普通のアーユルヴェーダ薬局なのでしょうね。

包んでもらったお薬

インドで塗布、日本で塗布、結果

薬を塗るのは、朝晩2回。
膨らみがあるタイプのほくろにしか使用できません。

ペースト、粉、液体の3種類を混ぜます

えんじ色のペースト、黄色い液体、えんじ色の粉末の3種類を混ぜて、一回分のお薬を作ります。
日によって、部位によって、チリチリっと焼けるような痛みがありました。

ほくろは、少しずつ固く乾燥して縮むような感じなり、遂にはかさぶたのように取れました
ほくろ/いぼの種類によって、膨らみが取れて色が薄くなったり、全体的に無くなったり、少し赤みが残ったり、しばらくするとまた出てきたりと結果はさまざまでした。

小さないぼは、数日の塗布で簡単に取れました。友人は約1週間で大きなほくろが取れたそうです。
次回、またヴァイディヤに診てもらいと思います。

不思議なお薬でした。世界中にここにしかないお薬は、いつまで手に入るのかわかりません
そんな秘伝が無数にあるのです。教える先生がいて、教わる生徒の資質が備わったときだけに授けられるレシピや施術があって、受け継がれていくものと消え行くものがあるのです。

アーユルヴェーダ、楽しいです。

Nanni, Sathyan.


体験情報のシェアフォーム

インドでアーユルヴェーダを体験しましたか?
ぜひ、あなたの経験もAROUND INDIAにシェアしてくださいね。

トリートメントスクール


AROUND INDIAのこれからの講座やイベント

YUMI TAMURA

Ayurveda panchakarma therapist

あわせて読みたい

【募集中】はじめてのアーユルヴェーダ ワークショップ @ すずの木カフェ 茅ヶ崎詳細はこちら≫
+