アーユルヴェーダで人気のケララ州と、北部カヌールへのアクセス

更新情報

  • 2018年12月9日 カヌール国際空港がオープンしたので追記修正しました。

インド国内外から、南インド・ケララ州へのアクセス

アーユルヴェーダ、おいしいご飯、テイヤムなどのお祭、美しい南国の風景などを求め、世界中から訪れるケララ州。
インドの最下部、左側の海岸線沿いにあります。

この州には、国際空港が4つあります。インドの州内にある空港の数としては、一番多いのだそう。

  1. 南部の州都トリヴァンドラム国際空港 Trivandrum International Airport
  2. 中部の商業都市コーチン国際空港 Cochin International Airport
  3. 北部のカリカット国際空港 Calicut International Airport
  4. 最北部のカヌール国際空港 Kannur International Airport

日本からケララ州への直行便はありません
インド国内・中東・マレーシア・シンガポール・スリランカを経由するルートがあります。

AROUND INDIAが、2008年ケララにアーユルヴェーダを学びに行ったとき、まだまだ遠い土地でした。
Air Indiaで成田▶︎デリー▶︎ムンバイ(Mumbai、Bombay、ボンベイ)一泊▶︎コインバトール(Coimbatore、コーヤンブットゥール)▶︎ケララと、国内2都市を経由して、自宅から病院まで丸々2日かかりました。
かなり遠かったです。
コインバトールからカリカットのフライトは、わずか10分!
人生で一番短いフライトで「こんな近くで降りないでー」と思っていました。笑

これまでAROUND INDIAが利用した、近隣空港からケララ州北部カヌールへのアクセス方法を記録しておきます。

1. ケララ州カリカット空港(CCJ)経由

カヌール国際空港が完成するまでは、最寄りはこのカリカット空港(Calicut International Airport)でした。
別名コージコード(コーリコード、Kozhikode)です。
カヌールに行く一番かんたんな方法は、滞在先のアーユルヴェーダ病院、もしくは宿にタクシーをお願いする方法。事前に連絡しとくと、飛行機の遅延があっても待っていてくれます。夜中に着く場合は、特におすすめです。
所要約2-3時間、120km。

安く移動するなら、電車利用がおすすめ。
カリカット駅からカヌール駅までは、およそ1時間半。本数も比較的多いです。
空港から駅までは、タクシーやオートリキシャで移動しなくてはなりませんん。
空港からカリカット駅は、およそ30km。所要約40分です。

2. ケララ州コーチン空港(COK)経由

Air Asiaで、マレーシアのクアラルンプール経由でコーチンに到着しました。
乗り継ぎのため、クアラルンプールに一泊。空港から歩いてすぐのところに、トランジットホテルがあるのでとても楽でした。

コーチンは、ケララの中で大きな商業都市で、すてきなお店もいっぱいあります。
ショッピングのために、あえてコーチン経由にするのもおすすめ。
空港から市内へは、タクシーやバスで移動します。

コーチンからカヌールへは、電車で向かいました。
コーチンのエルナクラム・サウス駅(Ernakulam South)から、カヌール駅(Kannur)へは所要は5〜7時間。電車の種類によって変動します。電車は遅れることもあります。

3. カルナータカ州マンガロール空港(IXE)経由

マンガロール(Mangalore)は、カルナータカ州に一します。
カヌールは北部のため、カルナータカ州へも近いのです。カルナータカ南部とケララ北部は、文化も似ています。
距離にして約150km。車で約3時間半、電車で約2時間半です。

カヌールからマンガロールへは、電車を使いました。
途中、州を跨ぐと駅名表記がマラヤラム語(Malayalam ケララ州)からカンナダ語(Kannada カルナータカ州)になって、まるで違う国へ来たかのような気分に。

駅から空港へは、オートリキシャで移動しました。

関連記事
マンガロール空港から市内へのアクセス|カルナタカ州

マンガロール・セントラル駅の快適な過ごし方|カルナタカ

4. タミル・ナドゥ州チェンナイ空港(MAA)経由

チェンナイは、タミル・ナドゥ州の州都です。
南インドの大都市で、2019年には直行便もできたので日本からのアクセスが最高です。

空港から駅までは、ローカル列車、オートリキシャ、プリペイドタクシー、UBERなどで移動しています。
所要約30分。

チェンナイ・セントラル駅(Chennai Central Railway Station)からカヌール駅までは、所要約13時間。
この日は電車が遅れて、16時間ほどかかりました。

本数は少ないですが、チェンナイからカヌール直通バスも運行しています。

5. マハーラーシュトラ州ムンバイ空港(BOM)経由

ムンバイ(チャットラパティー・シヴァージー国際空港)と日本(成田空港)は、ANAの直行便があり便利です。

ムンバイからカヌールへも直行便ができました。

電車だと、所要16〜20時間ほど。
あるときは、4時間遅れでカヌールに到着した電車が、到着時には13時間遅れまで膨らんでいたことがありました。宿をチェックアウトしたのがお昼。夕方電車に乗ろうと思ったら、深夜に来ました。ムンバイに到着したのは翌々日の早朝4時くらい!電車内に2泊!遠かったー。

地図だと、そこまで遠くなさそうに見えても、インドは広いです!
遅れは日常。電車がキャンセルになることさえありました。余裕をもって移動するのがおすすめです

ムンバイの空港と町の移動は、タクシーを利用しています。

長距離バスの場合、ムンバイとカヌールの直通はなく、カルナータカ州マンガロールで乗り換えが必要です。

まとめ

ちょっとマニアックな、ケララ州北部カヌールへのアクセスをご案内しました。
現在はカヌール国際空港ができたので、日本やインド国内からのアクセスも大幅に向上しています。

ケララ州への新たな道!2018年12月8日OPEN カヌール新空港便が予約開始しました!