マンガロール・セントラル駅の快適な過ごし方|カルナタカ

マンガロール・セントラル駅

インド・マンガロール駅外観

まずは覚え書き。
トイレは、1番ホームにありました。有料で、一回3ルピー。男性は小の場合、無料なのだとか。

エレベーターもあるので、ホーム間の移動は助かります。そのためか、赤シャツを着たポーターの姿は見かけませんでした。

日常使いのみなさんは、線路移動率高し!
線路を歩いてみたい人は、インドならオッケー。ただし郊外の本数が少ない駅で試しましょう。

インド・マンガロール駅、線路を歩く人

線路を歩き、向かいの列車を抜け、その先の線路へ向かう人々。

インドは長距離列車が多いため、駅には食堂やスナック屋、本屋、キオスクのような売店などがあります。
ご当地メニューを見るのが楽しいです。
こちらのメニューを見ると、ケララ北部では見かけないトマトライスやレモンライスもありますね。
チャパティ・クルマとパロタ・クルマの違いが気になります。

AROUND INDIAは、おいしいマンガロール料理をいただいて満腹だったことと、カヌールまでは2時間ほどと近かったので、チャイと水だけ買いました。おつりとして、大好きなお菓子Chikki チッキをもらいました。インドでは、小さなおつりはお菓子に化けることが多いです。

でも結局、数時間電車が遅れてしまった上に、売り子さんが来なかったので、チッキと持っているナッツなどを食べながら「ちゃんと食べ物買っておけばよかったなぁ」と思ったのでした。

電車が遅れることはままあるので、乗車前にエマージェンシーフードを用意しておきましょう

待合室・ウェイティングルーム

駅で過ごす場合、クラスに応じていくつかの待合室が用意されているので、お好みで選びましょう。

一番混み合っているのは1です。

  1. スリーパークラス(SL)以上の人がみんな使える部屋
  2. 女性専用
  3. 有料など

女性専用の待合室には、授乳室やシャワーが完備されていました。
肘掛けがあって椅子では横になれないので、眠い人は床に寝ています。
数個、電源もあるのでモバイルの充電もできます。

クロークルーム – 荷物を預けよう

時間があるなら、駅で荷物を預けると楽です。
インドの駅には、どこでもクロークルーム(荷物預かり所)が用意されています。
CLOAKではなくCLOCKと書いてあることも。見逃しにご注意!

セキュリティは厳しく、AROUND INDIAは空港から直接来て、荷物を開封していない状態でしたが、預ける前に中身を見せなくてはいけませんでした。面倒だけど、安心感はあります。

マンガロール駅のクロークルーム

カルナタカ州マンガロール駅クロークルーム利用の控え預け方

  1. クロークルームに預ける荷物は、スキャンチェックが必要
    駅舎入り口近くでスキャンする(インフォメーションセンター正面)
  2. 荷物を受け取り、1番ホームを左へ進む
    突き当りの少し手前にクロークルームがあります。
  3. デスクで「荷物を預けたい」ことを伝え、列車のチケットとIDカード(パスポート)を渡す
  4. 受付票をもらうと、向かいの部屋に荷物をしまうように指示される

受け取り方

  1. クロークルームのデスクで、受付票を渡す
  2. 自分で荷物を持ち出す

控えの伝票(レシート)は荷物に付いています。

プリペイド制オートリキシャ

町歩きは駅から徒歩でも楽しめますが、お目当てのレストランなどへ出かける場合は、オートリキシャに乗って出かけましょう。

ちなみにAROUND INDIAは、駅から歩いてすぐのムタパン寺院、古いマーケット、オートに乗って人気の食堂 Machali でマンガロール定食を食べたり、名産のカシューナッツ屋さんに行ったり、カフェで仕事をして6時間過ごしました。

マンガロール駅のロータリー

マンガロール駅からオートリキシャに乗る方法

マンガロール駅プリペイドオートリキシャのチケットオートリキシャに乗るなら、駅を出て右手に進むとにPrepaid Autorickshaw Counterがあります。事前に料金が決まるので、交渉不要です。

  1. カウンターで行き先を告げる
  2. 行き先と金額を書いた伝票を渡される
  3. カウンターの人に、手数料2ルピーを支払う
  4. 伝票を受け取り、並んでいるリキシャの先頭のドライバーに渡して乗り込む。
  5. 下車時、伝票に書かれている金額を支払う。

オートリキシャで駅に戻る場合

マンガロールには、マンガロール・セントラル駅とマンガロール・ジャンクション駅の2つあります。
どちらの駅に戻りたいのか明確に伝えましょう。

それぞれ「セントラルステーション」「ジャンクションステーション」と伝えると良いそうですよ。

まとめ

インドは駅が町から離れていることも多いのですが、マンガロールセントラル駅は、アクセスがいい場所にあります。駅で荷物を預けて、身軽においしい食堂や街歩きを楽しむのがおすすめです。
2~3時間あれば、いろいろ楽しめると思いますよ。

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。 インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Hospital・MGS Kalari Sangam提携。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

あわせて読みたい

【全回 残席わずか】10月27日スタート!AROUND INDIA・YAJコラボ講座『女神のきらめき vol.たしなみ』|東京・西荻窪詳細はこちら