インドの神様 大集合「ひとりひとり違うもの信じてていいんだよ」

ウダイプルのローカル神様はマハラジャ

インドを知らずにインドへ行く

インドには、たくさんたくさん神様がいます。

なんと、一説によるとその数ヒンドゥーだけで33,000,000。3千3百。The 33 Million Gods of Hinduism | HuffPost 

AROUND INDIAは、アーユルヴェーダを習うのがインド行きの目的だったので、初めての時はほとんど何も知りませんでした。ヒンドゥー教の国だと思っていて、知っている神様はほんの少しで。
基本的に、インド雑貨屋さんで見るカラフルなイメージでした。

信じるものは救われる

実際のインドは、一歩踏み入れたら、神様がいっぱい!
きっと、神様を見かけずにインドに滞在するのは無理じゃないかと思います。

そのくらい、道端にも、バスやオートリキシャにも、駅にもお店にも、自然の中にも、店名や人名前にも、神様が溢れているのです。

聖者、先生、先祖、自然なども、神様と同じように大切にされているので、境がよくわからなくなります

それでは、インドで出会った神様を見てみましょう。
ここでは大切にされているものも、便宜上あえて神様と表現しています。

ケララで気づいたローカル神様の存在

アーユルヴェーダとヨガを学びに行ったケララ州北部。
よく見かける神様は、二神一組。カラフルで、ちょっとかわいい見た目。
ムタパン Muttappanという名前だと教わりました。(実際は、左がムタパンで右がティルアッパン。地元民でも「右は名前何だったっけなぁ」という反応が多数)
この町には、いろんなところに祠があったり、ポスターが飾られていたり、アクセサリーになっていたりするので、有名なインドの神様かと思いました。

他の地域に行くと、他の神様がいて、ムタパンのことはみんな知りません。そんな風に、ローカル神様の存在を知っていきました。ケララに聖地があるアイアッパンも多いです。

伝統武術カラリパヤットゥの師匠の個人の祭壇。神様いっぱい!ローカル神様やヒンドゥーの有名な神様、カラリ界で神様視されているような伝説の師匠や、自分の師匠、お父様なども祀ってあります。この時はこの神様と、時間やシチュエーションでお祈りする神様が違ってビックリ。

道場の中には、必ずこの階段状の祭壇(プータラ)があります。
みんなここでお祈りしてから練習をはじめる習わし。

他宗教との距離感

左からイスラム、ヒンドゥー、キリスト

イスラム、ヒンドゥー、キリストが一つのフレームに祀られたもの。ケララ州。

インドは、ヒンドゥー教ばかりではありませんでした
カヌールには、イスラム教もキリスト教もいっぱい。そして、宗教がうまく尊重しあっているように感じました。
この町でよく見かけるポスターには、イスラム教・ヒンドゥー教・キリスト教が一つに描かれていて、「〇〇教徒だけど、それよりもケララ人」というアイデンティティを感じることが多いです。
この一体型ポスターは、他の地域ではまだ見たことがありません。

マハラシュートラ州ネラルのガネーシャの奥さん

ムンバイ近くのNeral ネラルという小さな町でよく見かけたのは、気になるお姿の女神。
お店の方曰く、ガネーシャの奥さん
でも、他地域の人曰く「ガネーシャの奥さんはこの方ではない」とのこと。マハラシュトラ州のローカル神さま。ガネーシャの奥さんとのこと。

不思議なことにパーツでも売られています。両手と顔。

ローカル信仰は不思議です。
お隣ゴア州のマーケットでも発見!英語が話せる方がいたら♩と思ったのですが、あいにくお店の方は不在。周りのお店の人達に尋ねると「神様なの?」と逆に質問されてしまいました。

でもここで、顔パーツの使い方がわかりました!!

マハラシュトラのローカル神様ステッカーの使い方

マハラシュトラ州のローカル神さま。ガネーシャの奥さんの顔ステッカーの使い方。ゴア州で発見

ガネーシャいろいろ

同じマハラシュートラ州のムンバイに行くと、ガネーシャがすごいです。
誕生日のガネーシャチャトゥルティというお祭は、インド最大。盛大にお祝いされます。
ガネーシャは、人気なのでインド全土で発見できますよ。

ガネーシャチャトゥルティ当日まで、ガネーシャの顔は隠します

ガネーシャチャトゥルティ当日まで、ガネーシャの顔は隠します

ウッタルカンドの神様

建物も石積みが印象的だった、ヒマラヤ近くの山の町アルモラ。
車を走らせていると自然の中に「祠では?」というものを時どき見かけました。

ヒマラヤをバックに神様

ヒマラヤを望む村の寺院で発見!ウッタルカンド州

インド各地で人気のハヌマーン

ラジャスタン州ウダイプルの街角にはマハラジャ

こちら、かなりお気に入り。
ウダイプルの町歩きを、まるで宝探しのような時間にしてくれました。
昔のマハラジャ。サガッジバグワンというのだそう。
ウダイプルのローカル神様はマハラジャ

オリッサ州といえばジャガンナート!

オリッサ州に行くとジャガンナートがいっぱい。ジャガンナートと呼ばれていますが、三神のことが多く、ジャガンナートのお兄さんバララーマと妹スパドラーという家族です。

ムンバイのムスリムのアンティークショップでは、ジャガンナートが日本の人形と認識され売られていました。

少数民族の神さま。オリッサ州

オリッサ州のドクラ Dhokra 作りの少数民族の神様。
自然信仰のお寺では、修行僧がみなさん全裸でした。

仏教は少ない

インドに仏跡は多いですが、仏教徒にはあまり会ったことがありません。
ブッダは聖者としてみなされていて、宗教ではなくインテリアとして置かれていることも多いです。

イスラム教はイメージやお墓

イスラム教は神さまではなくイメージ。

キリスト教は山方面やゴアに多い

キリストモチーフの車

いろんなところに、いろんな形で

水タンクのシヴァ神

給水タンクのシヴァ神。頭からガンジス川の源流が出ているので、おいしい水というイメージかな?

体にいいアムラ菓子のパッケージ

お父上。神様。

デリーの道端。シバリンガムかな?

シバリンガムかな?いくつが見かけました。デリー

壁に描かれたシルディ・サイババ。ムンバイ

壁に描かれた聖者。シルディ・サイババ。マハラシュトラ州

それぞれが大切にするもの

他の地域の人は知らないローカル神様。他の宗教の人も知りません。
一つ屋根の下に暮らす同じ宗教の親子や夫婦でさえ、祭壇や信仰する神さまが別々だったり、お祈り方法も違っていたり。

それぞれ違うものを信じていることが当たり前の世界。
ひとりひとり違うもの信じてていいんだよ。
そんなことを教わりました。

こちらでご紹介したのは、ほんの一部!
インドでお気に入りの神様を探してみてくださいね。

バスに描かれたシヴァ神

バスに描かれたシヴァ神。西ベンガル州


AROUND INDIAの講座・イベント

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。 インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Hospital・MGS Kalari Sangam提携。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

あわせて読みたい

アーユルヴェーダをわかりやすく学ぶ本「暮らしのアーユルヴェーダ」好評販売中 詳細はこちら≫
+