スパイスの力でスッキリ!水なし煮込む肉カレー「極楽カリー Gokuraku Curry」|神奈川・鎌倉

鎌倉・極楽カリー外観
鎌倉・由比ヶ浜大通りに、仏像の絵が描かれたお店!
なんとそこは、パキスタンカレーのお店 極楽カリーです。

AROUND INDIAが、初めて極楽カリーで食べたとき衝撃を覚えました。

鎌倉・極楽カリーのメニュー

メニューは一品!
ごはんの上に裂いたような形状の鶏肉のカレーが盛られています!
そこに、きくらげ入りの歯ざわりのよいサラダとチャイがセット。

鎌倉・極楽カリーのカレーセット

お肉のカレーって、どうしても重く・油っぽくなってしまいがち。
消化力が万全でないときは、ちょっと躊躇してしまう方も多いのでは?
でも、そんな不安は極楽カリーとは無縁です。
もちろんガッツリとした満足感もしっかりあるのですが、不思議なスッキリさわやか感もあるのです。

鎌倉・極楽カリーのチャイ

その理由は、スパイスでした。
店主の竹迫さんは、とても研究熱心。
アーユルヴェーダ三代古典の一つ「チャラカ大医典 Charaka Samhita チャラカサンヒター」を愛読されていて、インド数千年の知恵を活用し、消化を促進しつつ食後もスッキリするようなスパイスを調合しているのでした。まさに医食同源。

貴重なチャラカ日本語版、店内の本棚に並んでいますよ。

壁にはスパイスの効能が書かれ、棚には本物のスパイスが並び、お好みで「極楽粉 」(オンラインストアでも購入可)というオリジナルマサラをトッピングすることもできるのです。
極楽粉は、消化にいいトリカツというアーユルヴェーダレシピ(生姜、黒胡椒、長胡椒)をベースに、シャタワリとトゥラシ(トゥルシ、ホーリーバジル)が入っています。
女性にも風邪にもうれしい。

AROUND INDIAは、2019年インド旅にこの極楽粉を持っていきました。旅行中は外食が増えるし、一食の量が多かったりで、消化力が必要になりますからね。
運動する人は消化力が強く「毒をも消化できる」と言われているくらい大切なのです。

ベジの方でも、極楽カリーだけは食べてしまうという方もいらっしゃるそう!
ノンベジを超えたお肉カレー。
鎌倉散策と合わせて、ぜひお出かけくださいね。

店舗詳細

名 称 極楽カリー Gokuraku Curry
電 話 0467-61-1807
時 間 11:30〜14:30(14:00 L.O.)
定休日 火曜日・月末の水曜日
臨時休業などの情報は、店主竹迫さんのFacebookでチェック
住所・地図 江ノ電「和田塚」駅、「由比ヶ浜」駅から徒歩約5分
駐車場なし

その他のインド料理屋さんは、こちらからどうぞ。


AROUND INDIAの講座・イベント

YUMI TAMURA

アラウンドインディア主宰 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。 インド政府認定BSSアーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院・カラリパヤットゥ道場・テイヤム旅行会社提携。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』