8月16日 アーユルヴェーダワークショップ「スリランカのハーブ」 ご参加はこちら

日本人女性シェフが作るスリランカ家庭カレー「Bruny」|神奈川・茅ヶ崎

茅ヶ崎スリランカ料理Bruny プレートランチ

Brunyとは?

Brunyは、JR東海道線「茅ヶ崎駅」南口にあるスリランカカレーのお店です。
いまのところ、ランチでのスリランカカレーの提供は月・火・水限定。夜は毎日とのこと。

シェフの麻紀さんは、スリランカで家庭料理を学ばれたそう。
現地の家庭で行われる料理教室で、お庭からカレーリーフを収穫したり、市場では日本でも手に入るお野菜を買って作るという、フレッシュな素材を使ったリアルな家庭料理を教わったとのこと。

茅ヶ崎スリランカ料理Bruny プレートランチ

だからこそ、プレートランチには家庭の優しさがいっぱい。
現地そのままではなく、日本の珍しいスパイスミックスや、日本の季節の野菜を、うまく組み込んで、オリジナルのスリランカプレートに昇華させています。

2019年1月7日 AYURVEDA TV配信後

この日のカレーは、チキン、ナス、大根、水菜、豆。三種類から選んだお米は、スリランカ赤米(+100円)。ライスの上に乗っているのは柿!
豆せんべいのパパドをぱりぱり割りかけて、混ぜ混ぜしていただきました。

茅ヶ崎スリランカ料理Bruny プレートランチ

AROUND INDIAでおなじみのアーユルヴェーダドリンクピンクウォーターもご賞味いただけますよ。

デザートに、ミーキリをいただきました。
とろり濃厚なヨーグルトに孔雀椰子の蜜(キトゥルハニー)をかけたもの。
現地では素焼きの器に入っているのだそう。素焼きの壺は見た目で気分もあがりますが、余分な水分を吸収しつつ、気化熱で冷える作用もあるという一石二鳥。いえ、三鳥ですね!

スリランカも行ってみたいな。

14時前と、遅めの昼食だったにも関わらず、18時にはしっかりお腹が空く、家庭料理ならではの消化の良さでした♩

2020年4月某日

Brunyのある茅ヶ崎では、コロナウィルスの対策として茅ヶ崎foodactionというテイクアウトができるお店情報が発信されています。
お店存続のためにも、おいしいものをいただきたい消費者にとっても、うれしい取り組み。

事前に電話予約して、受け取りに行きました。
はじめてのBruny弁当。

お店で提供している普通サイズ(チキンカレー、バスマティライスを選択)とミニサイズ(ビーフカレー、スリランカ赤米を選択)。
男性は普通サイズがおすすめです。
旬のたけのこも入っていて幸せ。

茅ヶ崎スリランカ料理Bruny ブルーニーのお弁当

ご近所の方は、茅ヶ崎foodaction テイクアウトできる店のチラシをチェックしてみてくださいね。
遠方の方は、状況が落ち着いたら、ぜひ茅ヶ崎に来てくださいね。

店舗詳細

名 称Bruny (ブルーニー)
Facebook
電 話0467-88-6556
時 間11:30~14:00(※月〜水)
18:00~23:00
定休日第2・第4土曜日、日曜日
住所・地図 神奈川県茅ヶ崎市幸町20-28 たつみビル 1F
JR東海道線・相模線「茅ケ崎」駅より 徒歩約5分。
駐車場なし。近隣のコインパーキング利用。