4月6日まで、インド・スリランカ・アーユルヴェーダ探訪中 最新情報はSNSで!

ケララ名物のアーユルヴェーダドリンク!ピンクウォーターの作り方

ケララのピンクウォーターPathimukham

インドにいっぱいあります。体に良い習慣。

インドには、おいしい/おいしくないは関係なく、体に良い食習慣がたくさんあります。
おじさん達も、調子が悪いと率先してお粥を食べるし、食後に食べるソーンフの中にもおいしくないものもたくさんあります。
とっても苦い枝で歯を磨いたりもします。
日本では不足しがちな、渋味・苦味・複雑な味を、体に良いからと積極的に摂ります。

古くからアーユルヴェーダが共にあるからなのでしょうね。

インド人もビックリ!ケララのピンクウォーター

そんなアーユルヴェーダ的な習慣の一つ、南インド・ケララ州でよく飲まれているのが、この鮮やかなピンク色のドリンクです。
レストランよりも、町の食堂・お家・病院で出てきます。

とってもキレイなピンク色のため、初めて見ると「お酒!?」とか「ケミカルで体に良くないもの!?」と踊ろれるのですが、自然発色のハーブティです。
染料としても用いられるPathimukham(パディムガム പതിമുഖം 、蘇芳、すおう)という木から色が出ます。

ピンクウォーターのPathimukhamは、現地でChukku vellam(チュック・ヴェッラン)と呼ばれることもあります。
本来ジンジャーウォーターという意味なのですが、アーユルヴェーダのハーブティー全体を指すことも。

ときには黄色やライスウォーターというとぎ汁が出て来ることも。

日本の氷水にビックリ

ケララは南国。でも、日常的に温かい物を飲む習慣があります。
これには、外国人だけでなく、他州から来たインド人も驚きます。

最近日本でも広がっている白湯ですが、ケララでは井戸水を利用することが多いので、沸かして白湯にするのは当たり前。
もしくは、沸かす以外のお水をきれいにする方法を使います。

カラリパヤットゥ を習う子どもたちも、運動で喉が渇いた時、お湯を回し飲みしていました。
「最近は、真夏は冷蔵庫で冷やした水を飲むこともある」そうですが、氷を入れた水は冷やしすぎるので好まれません。

ピンクウォーターを飲む理由

現地でピンクウォーターの効能とされているのは、喉の渇きを癒すのはもちろん、血液の浄化、消化、糖尿病予防、肌の色艶、カパとピッタをバランスさせるなど。

南国気候なので、伝染性の病気や、食あたりなどを防ぐ意味もあり、よく飲まれています。

でもみんなが飲んでいるわけではありません

アーユルヴェーダ病院に滞在中、町でいろんな会社のピンクウォーターを買って試してみることにしました。

ケララ人アーユルヴェーダセラピストの一人から「何これ?どういうもの?」と聞かれてビックリ!!

現地の食堂で出てくることも多いのですが、外食しない人も多いので、食堂でごはんを食べなければ知りません。
ピンクウォーターを飲む家庭もあれば、飲まない家庭もあるので、ケララ=みんな知ってるわけではないのでした。

田舎出身のセラピストは、小さい頃から飲んでいたと言っていました。
その後、病院ではピンクウォーターが取り入れられるようになりました。

作ってみましょう。そのお味は?

ピンクウォーターの素

手順1
湯を沸かす
やかん1個分、2リットルほどの湯を沸かします
手順2
茶葉を入れる
ひとつまみ程度の、ピンクウォーターを入れます
手順3
沸騰させる
さらに、1〜2分沸騰させると、すぐにピンク色に変化します
手順4
濾して飲む
樹皮は硬いので、濾して飲みましょう
手順5
タイトル5
中身5

長く煮出す必要はありません。すぐきれいな色が出ますよ。
講座やワークショップでお見せすると、とても驚かれます。

ピンクウォーターを飲む頻度

白湯かわりに、1日を通して飲んで構いません。
たくさん飲む場合は、あまり濃く煮出さずに、薄めで飲むのがおすすめです。

ピンクウォーターの素 Pathimukhamを買えるところ

インド編

インドだと、ケララ州なら商店やスーパーマーケットで売っています。
お店の壁にぶら下げられていることが多いです。

ケララ以外では、入手は困難です。ケララ人経営の商店などで入手可。
最近は買えるところも増えてきています。

日本編

日本でも、ケララ人経営のレストランや食材店で手に入ることがあります。
お店で聞いてみてくださいね。

下の写真は、日本で見つけた2種類。

  1. Pathimukham(シンプル)
  2. Dahashamani(ദാഹശമനി、より多くのアーユルヴェーダハーブやスパイスがミックスされたタイプ)
    生姜、カルダモン、クローブ、コリアンダーシード、カリンガル(阿仙薬の木)、パディムガム(蘇芳)、ラーマッチャン(ベチバー)、ネリンジル(ハマビシ)、サンダルウッド