本場ケララで受けるアーユルヴェーダ 入学入院サポートはこちら

お洒落な空間でいただく本格南インド料理「ボーディセナ bodhi sena」|神奈川・横浜

横浜ボーディセナ ランチカレーセット

アーユルヴェーダセミナーのときに発見した、新しい南インド料理屋さんボーディセナへ行ってきました。
無骨な打ちっぱなしのような外観がすてきで、とても印象に残っていました。

横浜ボーディセナ 外観

ボーディセナ(菩提僊那 ぼだいせんな)という、奈良の大仏の開眼に立ち会ったインド人のお坊さんの名前ですね。横浜ボーディセナ 店内

外からは店内がほとんど見えないのですが、ドアを潜ると広々とした店内でした!
近すぎず、離れすぎず、ちょうどいい間隔でテーブルが配置されています。
棚に並ぶアンティーク、中央の手仕事布など、調度品もいい感じで、カフェといってもよさそうです。

横浜ボーディセナ 店内

タミルナドゥ州マドゥライ出身シェフと、ケララ州トリヴァンドラム出身のシェフが織りなすランチメニューは4種。
カレー1種、カレー3種が2パターン、またはドーサ。

横浜ボーディセナ メニュー

この日のカレーは、辛口の紅くるりと人参とマトンキーマ、中辛の南インドのバターチキン、甘口の長芋とひよこ豆とムング豆の3種類。日本らしいお野菜も使っていていいですね。

この時のAROUND INDIAは、カレーは2種食べたい、フルセットだと多すぎる、そんな気分だったので、1種類のセットに、ラッサムとマサラチャイを追加オーダーしました。
メインのカレーは、昨日Negombo33で食べたばかりだというのに、また惹かれてしまったラムキーマ。二店の違いを楽しみたいと思います。

近くから「ナンありませんか?」という質問が聞こえてきました。
インド料理=ナンという方程式は、根強いですね。

横浜ボーディセナ ランチセット

ライス(インド米に+50円で変更可)、キャベツ・ナス・とうもろこし・グリーンピースの炒め物、バトゥーラをベースに、ラムキーマとラッサムでいただきます。
バトゥーラのような揚げ物には、なんとなくノンベジアイテムを合わせたくなります。
ラムカレーは、シャバシャバ。西洋を思わせるシチューのような感じもさせながら、しっかりカレー。
まったくクセがありません。このカレーなかなか病みつきになります。
最後にラッサム。くちびるがビリビリするほどスパイシー!

マサラチャイは、濃厚でこれまた好きな味。
ブラスのカップ、女性のスタッフさんがやってくださるエアー。
随所に「なんか、かわいい」が転がっているお店でした。

横浜ボーディセナ マサラチャイ

横浜ボーディセナ チャイ

本格的なお料理だけでなく、すてきな内装も合わさったインド料理屋さんが増えてきましたね。
インド料理が初体験の方にもおすすめです。

店舗詳細

名 称南インド料理店 bodhi sena
電 話050-5456-2173
時 間11:30~15:00
17:00~22:00
定休日日曜日
住所・地図〒231-0013 神奈川県横浜市中区住吉町3-28

その他のインド料理屋さんは、こちらからどうぞ。