ムタパン テイヤム寺院の無料ごはん「パラシニカダブ Parassinikadav」|ケララ州カヌール

意外に多い、インドの無料ごはん

2014年に日本でも公開された「聖者たちの食卓」という映画で、インド北部にあるシク教の聖地黄金寺院Golden templeが、無料のごはんを提供しているということで話題になりました。
毎日10万食という量!本当にすごかったです!ごはん作りに協力する人々、野菜づくりから賄っていて壮大でした。

いろんな宗教で行われています

実は、インドでは無料のごはんを提供するシステムは身近に見られます。

ヒンドゥー寺院のお祭、結婚式も気軽に参加できる場合が多いです。

金曜日にモスクの近くやイスラム教のエリアへ行ってみると、道端に腰を下ろして列をなす人々の姿を多く見かけることでしょう。
これは、イスラム教徒のわけあたえる精神からくるもので、レストランのオーナーなどが無料でごはんを提供しているのです。
毎週毎週。ある人は分ける側になり、ない人は受け取る側になる。だから、誰もが並んで大行列!みたいなことにはなっていません。
インドに行く前はイスラム教徒のことを知る機会がほとんどなかったので、いい意味で驚くことが多いです。

イスラム教徒の分け与える精神。金曜日のレストラン前の行列。

カヌールのテイヤム寺院、パラシニカダブの無料ごはん

アーユルヴェーダやカラリパヤットゥを学んだ ケララ州カヌールにあるパラシニカダブも、無料ごはんをいただける場所の一つ。
テイヤムのひとつ、ムタパンを祀ったお寺です。

パラシニカダブ Parassinikadavu പറശ്ശിനിക്കടവ്

毎日毎日、無料でごはんが提供され、テイヤム も執り行われます。
10月〜4月ごろのシーズン以外でもテイヤムを観ることができる唯一の場所。
地元の神さまで宗教は問わず。
イスラム教徒の友人が連れて行ってくれたこともあります。その友人は、パラシニカダブの息子さんと仲良しだったのでVIPルームでした!お寺にもあるんですね。

アクセスは、PVAアーユルヴェーダ病院やカヌールの町中からは、タクシーかオートリキシャが便利。地図で見ると近いのですが、実際は1時間ほどかかると思っていた方が安心です。
参拝中はドライバーに待機してもらいましょう。
時期によっては、早朝オートは寒いので、羽織れるものを用意しましょう。

参道にはお土産屋さんがずらり

お寺エリアに入ると、参道の両脇にお土産屋さんが並びます。
いろんなサイズのムタパン像。額に入った絵。ムタパンソングが詰まったDVDやCD。ネックレスや財布など身につけるもの。車に飾るものなどなど。
ここでしか手に入らないものが多いです。

犬が欠かせない存在です

お寺の中に犬がいるのが、パラシニカダブの特徴のひとつ。

ムタパンテンプルと犬はセットです

ヴィシュヌ神の生まれ変わりムタパンと、シヴァ神の生まれ変わりティルアッパンという二体の神さま。
ムタパンが連れているのは犬です。ムタパンは、神さまですが猟師で弓を持っています。
寺院=菜食のイメージが強いですが、ムタパンは非菜食。椰子のお酒が好物で、プラサーダには干し魚もよく出てきます。
一時期、犬を排除したら、神さまが下りてこなかったとのことで、今はまた犬が欠かせない存在になりました。

AROUND INDIA田村ゆみのムタパン

参拝・テイヤムを見ましょう

参拝前に、川で足を清めましょう。以前は無かった柵ができていたのがちょっと残念。
ここからの朝の風景はとても美しいのです。

サンダルは、後で探しやすいように、寺院の入口から少し離れたところに脱いでおきましょう。

お寺に入ってテイヤムを見ましょう。儀式が執り行われ、音楽が演奏され、ムタパンが踊ります。かっこいいです。
AROUND INDIAは、テイヤムを観ている人々を見るのも好きです。
儀式に続いて、人々はムタパンの元へ集まるでしょう。一人ずつ、何か言葉を告げていただくのです。こちらからは、こっそりお金(畳んだお札)を渡しましょう。
言葉を告げてもらうとき、こちらから〇〇についてとお願いする事もできますが、マラヤラム語オンリーです。誰かに手伝ってもらいましょう。英語ガイドが必要でしたら、こちらをどうぞ。

 AROUND INDIA アラウンドインディア
「南インド・ケララ州カヌール、 1泊2日でお祭テイヤム・ホームステイ・町も田舎も...
テイヤム Theyyamとは?AROUND INDIAが長年お世話になっている、南インド・ケララ州カヌール(Kannur, Kerala, India)という場所には、特別なお祭りがありカメラマンやジャーナリストなど世界中からから取材や研究に来ます。テイヤムの呼び方いろいろ。テッヤム、テ...

境内などにOffering Boxがあるので、任意でそちらにお金を入れましょう。なぜならこちらのお寺は、参拝料が安いのです。

パラシニカダブ ムタパンテイヤム

本殿内のテイヤムは本来撮影禁止なので、以前お寺の息子さんに許可をいただいて撮影したときの写真をどうぞ。

パラシニカダブのムタパンテイヤム

まずはプラサーダ。チャイ・豆・ココナッツ

参拝を終えたら、本殿から出て、参拝料を収めに行きましょう。
先程も書きましたが、このお寺は参拝料が明朗会計で、ものすごく安いのです。テイヤムを行ったり、ごはんを提供したり、お金がたくさん必要にも関わらず、安い金額で続けているので、そこもカヌールの人々にとって誇りです。
レジで、メニューから「〇〇をいくつ」という風に伝えて支払います。たしか2ルピーより。金額の大小で非難されることも、多く求められることもありません。
ほとんどの参拝料は、料理の提供に充てられているのだとか。巡礼者がお腹を空かせないようにとの心遣い。

隣の部屋へ移動し、プラサーダのチャイ、ワンパヤールという豆、ココナッツをいただきます。ココナッツは、パラシニカダブで割ったものです。

無料ごはんの会場は、入り口から本殿を正面に見て、左の奥です。
ごはんの時間までは、付近で待機。女性と男性は別々です。
待っていると、本売りが来ました。

スロープに列をなして、二階にある食堂へ。

パラシニカダブムタパン寺院の食堂に向かう列

お皿を取って、料理をよそっていただき、席につきます。
たくさんの人がいただけるように、ささっと食べましょう。

お皿を取って食堂へ

ケララ寺院の無料ごはん

シャバシャバの液体は、モールカリー(バターミルクのカレー)。シンプルながらおいしい!

食堂では、男性・女性の席も別々。

食後は、食器を自分で洗い、返却場所に戻します。カップはバケツの中へ。
食事開始から返却まで、10分もかからなかったと思います。

食後は洗って返却

帰りはスロープではなく、階段で降ります。
外に出たところでグルカルと合流できました。カップルで行くときは、待ち合わせ場所を決めておくといいでしょう。

Enjoy!

詳細

名 称  Parassinikkadavu Sree Muthappan Kshetram
പറശ്ശിനിക്കടവ് ശ്രീ മുത്തപ്പൻ ക്ഷേത്രം
Tripadvisor
電 話  +91 497 278 0722
時 間  24時間? テイヤムは早朝と夕方、近隣に巡礼者用の宿あり
定休日  なし?
住所・地図  Parassinikadavu 670563, India

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。 インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Hospital・MGS Kalari Sangam提携。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

あわせて読みたい

10月スタート!AROUND INDIA・YAJコラボ講座『女神のきらめき vol.たしなみ』|東京・西荻窪詳細はこちら