ケララのジャングルに暮らすおばあちゃん先生、頭の中には500種類もの薬のレシピ

Grandmother of the jungle | The News Minute

インドは多民族国家です。
アクセスの悪いところに住んでいる少数民族もたくさんいます。

今回は、その少数民族の75歳のおばあちゃん治療師のお話がThe News Minuteに掲載されていたのでご紹介します。

おばあちゃんの名前は、Lakshmikuttyさん。1995年にケララ州政府のNaattu Vaidya Rathna賞(ナチュロパシー、自然療法に長けた人に授けられる賞)を受賞したことで、世間に知られるようになりました。

首都トリヴァンドラムの、深い森の中で薬草に囲まれて暮らしています。何百人もの人が、Lakshmikuttyさんの治療を受けに森にやって来ます。

得意とするのは毒物治療。アーユルヴェーダにも、毒物科という専門があります。
日本ではあまり毒にやられることはありませんが、インドの自然の中には、毒蛇、毒虫、毒のある植物など、遠い世界の話では無いのです。

500種類もの薬のレシピを記憶
Lakshmikuttyさんの治療は、薬を使うだけでなく、効果が数時間続くという優しい言葉によるものも大きいのだそう。

治療に関する知識は、産婆さんだったお母さんから受け継ぎました。
政府は、そのお母さんから受け継いだ知識と、Lakshmikuttyさん自身の経験に基づいた知識を、本にまとめることに決めました。

Lakshmikuttyさんの夢は、現在の住居である小屋を、入院して長期のトリートメントをすることもできる小さな病院にすることだそう。ステキですね。

情報源: Grandmother of the jungle: This Kerala tribal woman can prepare 500 medicines from memory | The News Minute

YUMI TAMURA

Ayurveda panchakarma therapist

あわせて読みたい

コメントを残す

Oriya Food Night!オリッサ料理を食べよう @ Bombay 厚木詳細はこちら≫
+