牛の乳を搾るAROUND INDIAが、Kerala Responsible Tourismに登場

南インドにあるケララ州は、アーユルヴェーダ、美しい緑やアラビア海、おいしい料理、神秘のお祭テイヤムなど、魅力がいっぱい。インド国内外からの旅行者がたくさん訪れます。

Travel Kannur主催「南インド・ケララ州 神秘のお祭テイヤム満喫ツアー 1泊2日」

観光に人気があるのが中部コーチン〜南部トリヴァンドラム。
わたしの師匠が住むカヌール Kannurという町は北部なので、観光客は多くないのですが、近年国際線の飛行場が完成して観光業界が沸き立ちました。

はじめて訪れた人もリラックスしてしまう、故郷のような感じが、開発によって失われてしまったら悲しいなと思っていました。

そんなときコロナの影響で観光業がストップ!
友人から送られてきた、未来に残せる観光のありかたを考える Responsible tourism keralaの一本の動画。
サムネイルは、あれ、わたし?!

昨年オーガニックファームをやっている友人と、ケララでタメになった経験のことなどについて話していたら「よしっ、撮影しよう」と記録することに相成りました。
それがこんな形で出てきたのでビックリしました。

ギーの作り方を教わるAROUND INDIA田村

サムネイルは、村の牛飼いのお宅で乳搾りをさせてもらっているところ。
このとき搾った乳は、発酵させ、料理上手と評判なイスラム教徒のご家庭でギーにしました。
上の写真の左の奥様は、しょっちゅう作っているだろうなという手つき。手のひらがしっかりしていて、握力も強く、長時間疲れしらずで働きます。
右の奥様は、この作業は苦手なんですって。

ギー について詳しくはこちら>> アーユルヴェーダ自然のお薬12:体の中から潤いあふれるギー Ghee

また別の日には、頭をオイルでマッサージをして、ハイビスカスの葉っぱを摘んでシャンプーを作り、井戸水でシャワー。

この日は、日差しがジリジリと暑くて、体にもあっと熱がこもっていました。
なめらかな井戸水をシロダーラのように注ぐと、流れ落ちる水とともに余分な熱がさーっと取りさらわれていきました。気持ちいい!!

最初にインドに行ったとき、家の井戸に設置された電動ポンプが故障して、しばらく手で汲むことになりました。
当時は外国人で暮らしていたので、ただがむしゃらに汲んで、少しずつコツを覚えていく日々。
一番よく汲んでくれていた友人は、筋肉がつき、すばやく汲めるようになっていきました。

でも紐の処理など、小さい大切なコツがあったことには気づきませんでした。
ずっとやってきた人から教わると違いますね。

 

[su_pullquote align=”right”]田舎だったから、生きるためには必要だったんだよ。[/su_pullquote]この村は昔、町へのアクセスが悪くて、具合が悪くなっても簡単に病院には行けませんでした。
だから不調を治したり、元気に暮らすためには、先人たちから教わった知恵が欠かせなかったのだそう。

いまは道路も通り、町にいつでも出られるようになったので、知恵がなくても生きられるようになりました。
若い世代は、わたしがコツを教わっているときに一緒に学んだり、「(やりかたは)知ってるけどやらない」と言っていました。

AROUND INDIAにとっては、非常に楽しい知恵。
これからも教わっていきたいな。

便利とのバランスって、ほんとむずかしい。

まだ旅行者がインドに入国できる状況ではありませんが、ケララのオーガニックファームでは、長期の体験型滞在ができるように準備中。
ご興味あるかたは、AROUND INDIAのメールニュースでもお知らせしますので、登録しておいてくださいね。

無料メールニュースをお届けします!

* indicates required


Email Format