9-11月『暮らしのアーユルヴェーダ』ベーシックコース 5期 募集中

バスタオルまで手織り!織物工房「Lokanath Weavers」|ケララ州カヌール

ケララの織物工房 手織り

はじめてのカヌール産織物製品は、無印良品でした

AROUND INDIA主宰の田村がアーユルヴェーダを学んだ小さな町カヌール Kannur。
2010年ごろでしょうか、無印良品のキッチンマットの商品ラベルに「インド・カヌール産」の文字を見つけたときは、本当に驚きました!

カヌールは、インドの中でも有数の織物の産地で、イギリスやアメリカなど諸外国に輸出しているのでした。

ある日、「きっと好きよ」と友人が工房に連れて行ってくれました。
その大きな工房は、これまで何度も通ったことのある道の脇に建っていました。

伝統的な木造建築の織物協同組合 Lokanath Weavers

ケララの織物工房 外観

大通りに面しています。
外観からは想像できませんでしたが、内部は立派な伝統木造建築!

組合長さんに案内していただきました。

大量の糸

最初に、色とりどりの糸工程があります。

ケララの織物工房 内部 糸

糸の調節に使う棒は、まるでインドで大人気のクリケットのラケットみたい!

チャルカと呼ばれる紡ぎ車で、たんたんと作業を行う職人さんたち。
この工程は、全員女性でした。

ケララの織物工房 チャルカ

座り織り、立ち織り

ケララならではの、腰巻き布ルンギを身に着けただけ、足元も裸足の職人さんがたくさんいました。

こういう姿を見ると(電気は点いているものの)タイムスリップをしたような感覚に陥ります。
昔から、変わらぬ姿で引き継がれてきたもの。アーユルヴェーダもカラリパヤットゥも、同じように感じることが多いです。
もし今日から電気が使えなくなっても、不便はあれど、ほぼ変わらない生活、仕事、治療が続けられそうです。

ケララの織物工房 上半身裸の職人さん

 

近代的なタオルも作っていました。すべて手織り!

タオルは立ったまま、リズミカルに手足を動かして織ります。

ケララの織物工房 立ち織り

女性も若い職人さんも活躍中。

こちらの協同組合 Lokanath Weavers Co Operative Society, Kannur が創設された1955年には、52工房(88名)だったところ、126工房(155名)と増えているのだそう。カヌールの織物産業は、現代のニーズもうまく捉えて元気でした。

併設ショップ

ケララの織物工房 併設ショップ インド国旗タオル

工房には、ショップも併設。
車のシートにかけて使う人が多いインド国旗カラーのバスタオルも、こちらで買えます。
オシャレ感はちょっと控えめですが、カヌールへお越しの際は、ぜひ織物工房も立ち寄ってみてくださいね。

店舗詳細

名 称The Lokanath Weavers’ Industrial Co-op. Society Ltd.,
電 話+91-497-2726330
住所・地図No. LL. 99, P.O. Chovva, P.B. No. 3, Kannur Dist.