デリー発ショートトリップ①夜行バスで行く避暑地アルモラ|ウッタラカンド州クマオン県

涼しさ求めて山へ!

インドは、暑い国というイメージが強いですが、実は暑さばかりではありません。
北上したり、山の上に行くと、ヒマラヤのようにマイナス〇〇℃と、かなり寒くなります。

インド号時代のこと、相方のヒロセが北部の山岳部、わたしが南国ケララにいて、その気温差はなんと50℃
同じ日に、かたやお湯が一瞬で水になり、かたや汗もで一日数回水浴びをするという環境の違い。
インドのアーユルヴェーダが日本で使えるの?と疑問を持たれるかもしれませんが、こんなふうにインドと言っても環境はさまざまで、そこで使われてきたものなので、人間誰しもに役立つ知恵なのです。

さて、今回はそんなインドでも涼しい気候の土地へ向かいます。
ケララ州でパンチャカルマというアーユルヴェーダの浄化療法を受けた後、デリーに移動してのんびりお仕事しようと思ったのですが、院長先生から反対されてしまいました。
理由は、デリーはケララに比べてかなり暑くて、大気汚染も問題だから。
トリートメント後の過ごし方(養生法)を重視するアーユルヴェーダ的には、おすすめできない場所だったのです。

パンチャカルマについて詳しくは、アーユルヴェーダの浄化療法 パンチャカルマとは?をどうぞ。

本来なら、そのまま長距離移動をせず、しばらくケララで過ごすのがベストなのですが、デリーでは前々から打ち合わせの予定があったので行かないわけにはいきません。
デリーから近い人気の避暑地で過ごすことにしました。

インド旅のヒント:避暑地、高原などに行きたいときは、hill station という言葉で検索してみましょう。

アルモラとナイニタル

訪れた場所は、Almora(アルモラ、標高1651メートル)と、ご近所Nainital(ナイニタル 標高2615メートル)。
アルモラは、アイパンという赤と白が印象的な絵や、銅製品など手仕事 のある山の町で、ずっと行ってみたいと思っていた場所です。
ナイニタルは、ハルドワニからアルモラへの道中にあります。湖がとてもきれいだったので、寄ることにしました。

デリーからアルモラへの行き方

電車の場合

Kathgodam駅またはHaldwani駅。
下車後タクシー。

飛行機の場合

Pantnagar空港が最寄りです。
エアインディアで週3便運行(2018年7月時点)

Air Indiaフライトスケジュール

自動車の場合

数名の場合は、最初から車で行くのもおすすめ。およそ9時間。
料金は、Make my tripで検索すると約6000ルピーでした。

デリーからアルモラへの車

行ってみましょう!

バスチケットを購入

アルモラに住む方のいちおしは、デリーから電車でKathgodam駅へ行き、タクシーに乗る方法でした。

でも急に決めたので、電車のチケットはすでに完売。
こんなときは、バスがおすすめです。

現地で使える検索サイトは、redbusmake my trip。ただし、redbusはインドの携帯番号が必要です。

redbusで検索すると、近くのバス会社が載っていたので直接行ってみることにしました。
デリーの地下鉄(Delhi Metro)の「ラーマクリシュナアシュラムマーグ(RK Ashram Marg Station)」駅からすぐです。
確認してみると、バスはKathgodam行きではなく、手前のハルドワニ(Haldwani、ハリドワールと混同注意)までとのこと。

このときはモンスーンでオフシーズンだったため、寝台バスは運行していませんでした。残念ながら、約8時間の旅を座席で移動することになりました。

バスでハルドワニへ

水とフルーツなどの食べ物を購入。バスが停まったり、遅れたりしたときのためにも、何か持っていると便利です。

出発時間少し前になっても、バスが来ません。出発場所を間違えたらどうしよう?!と一応旅行会社に電話で確認。
「合っているので待っているように」とのこと。
するとバスが来ました。出発は30〜1時間くらい遅れたかな?

移動中、北上するにつれ、気温が下がってきました。
深夜のトイレ&食事休憩で外に出たときは、かなり寒かったです!
暑い夏は避暑地でも、冬は雪が降るほどのエリア。温かい服も持っていきましょう。

休憩所では、チャイは素焼きカップ入り。
そして、カレーとガーリックナンで夜ごはん。あまり期待していなかったけど、とってもおいしい!

深夜のバス休憩 デリーからウッタラカンド

乗り合いジープで山登り

早朝ハルドワニに到着。身が引き締まるようなひんやりとした空気。
バスの到着を待ち受けて、無数の乗り合いジープが待機していました。
どんどん声をかけてくるので、見つけるのには困りません。

さて、良さそうなジープに乗って、山へ向かいましょう!
すでに何人も乗り込んでいるジープなら、「早く満員にして、出発したい」ので、割引してくれる可能性大。
空席の多いジープは、まだ高値。空いた状態で行けるわけではなく、満員になるまで、しばらく近所を走り回ります。

ローカルバスは格安です(帰りは、ローカルバスに乗りました。でも停留所も多く回り道なので、所要時間は約2倍?)

どんどん山を登り、細いくねくねした道を通ります。

高度が上がるにつれ、霧も濃くなってきました。カーブの先から、急に車が飛び出してくるように見えるので、ハラハラします。

ウッタラカンド、ハルドワニからアルモラへの道、濃い霧

途中で人が降りたり、そこに学校に向かう子どもが乗り込んだり、空いたところに摘んだ葉っぱを入れたりしながら、3〜4時間でアルモラへ到着。

アルモラに到着!

ウッタラカンド州アルモラからヒマラヤ山脈を望む

途中から携帯の電波が無くなりました。アルモラの町に着いたら繋がるかと思ったのですが、どこも繋がりませんでした。郊外に強い国営BSNLなら繋がるそうです。

次回はアルモラを散策します!

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。 インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Hospital・MGS Kalari Sangam提携。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

アーユルヴェーダをわかりやすく学ぶ本「暮らしのアーユルヴェーダ」好評販売中 詳細はこちら≫
+