むずかしくない本「暮らしのアーユルヴェーダ」3名様にプレゼント 応募はこちら

院長おすすめ!Greens Ayurveda留学前に読みたいアーユルヴェーダ本

アーユルヴェーダの本

英語の不安対処法

AROUND INDIAがお取次ぎしている、ケララ州のアーユルヴェーダ病院Greens Ayurveda
現地で学ぶ前に読んでおくと良い本として、院長先生におすすめされたものご紹介します。

多くの方が不安に感じている、現地授業での英語。
あらかじめ、ボキャブラリーを調べておくこともできますし、学びの雰囲気もつかめると思います。
和訳があるもののご紹介、内容のイメージも貼っておいたので参考にしてくださいね。

本のタイトルをクリックすると、購入できるページに飛びます。

1. Panchakarma illustrated パンチャカルマ図解

豊富な写真と共に、パンチャカルマの手順や効果などが書かれています。
実際の手技など詳細は、病院によって多少異なります。

Panchakarma illustrated(英語)

著者:Dr G Srinivasa Acharya(Narayana Publishers)

2. Textbook of Ayurveda, Vol. 1: Fundamental Principles of Ayurveda

アメリカとインドのプネに教育機関を持つ、ヴァサント・ラッド医師のテキスト。
三部作の1冊目です。

Textbook of Ayurveda, Vol. 1: Fundamental Principles of Ayurveda

著者:Vasant Lad ヴァサント・ラッド

created by Rinker
¥4,678 (2020/05/27 02:45:25時点 Amazon調べ-詳細)

関連書籍:現代に生きるアーユルヴェーダ – インド伝承医学の日常実践法(和訳)

著者:Vasant Lad ヴァサント・ラッド
翻訳:児玉和夫
監修:幡井勉

 

こちらの本は、Greens Ayurveda院長おすすめリストには含まれていませんが、同じ著者によるもので、和訳が出版されているので参考になるでしょう。
和訳版は、前半が原著の和訳、約半分を占める後半は、日本人による訳注と解説となっています。

関連書籍:Ayurveda: The Science of Self-Healing : A Practical Guide(オリジナル・英語版) 

著者:Vasant Lad ヴァサント・ラッド
こちらは、上記の現代に生きるアーユルヴェーダのオリジナルです。
和訳版と英語オリジナル版の違いは、上の写真で確認してみてくださいね。

created by Rinker
¥1,313 (2020/05/27 02:45:26時点 Amazon調べ-詳細)

3. Astanga Hrdayam アシュターンガフリダヤ

アーユルヴェーダ三大古典のひとつです。

Astanga Hrdayam – 3 Volumes 三冊セット(英訳)

翻訳:K.R. Srikantha Murthy

アシュターンガ・フリダヤム(和訳)

翻訳:イナムラ・ヒロエ・シャルマ

こちらは、Astanga Hrdayam三部作の一冊目を和訳したものです。
ただの和訳ではないのです。
イラストやコメント、日本語読みが追記されていて便利です!

写真は、左が和訳版(カバーを外した状態)、右が英訳版です。
便利なイラストは、英訳版にはありません。

4. Principles and practice of Panchakarma パンチャカルマの原理と実践

Principles and practice of Panchakarma(英語)

著者:Vaidya vasanth Patil (Athreya Ayurveda)

アーユルヴェーダの本 Principles & Practice Of Pancakarma

写真をクリックすると、インドの販売店ページへ飛びます。

5. Ayurveda and Panchakarma アーユルヴェーダとパンチャカルマ

Ayurveda and Panchakarma(英語)

著者:Sunil V Joshi
コロンビア大学などでも教鞭を取ってきたインド人医師による本。
ヨガや、アメリカらしい電子レンジやローフードなどの食についても書かれています。


みんなのアーユルヴェーダ施設 Greens Ayurveda スクール、病院