9月28日開講 暮らしのアーユルヴェーダ ベーシックコース 5期生募集中

インド相談室:お金はどうやって持っていったらいいですか?

インド旅のお金

インド旅のお金

念のため、いくつか手段を用意しましょう

2016年に突然の高額紙幣廃止という、世界を驚かせる施策をとったインド。
その後、急速にキャッシュレス化が進んでいます。
インドではPaytmを一番見るかな?(日本でも最近はじまったPaypayは、インドのPaytmと構築したサービスです)
でも、Paytmなどのキャッシュレス決済サービスは、インドに銀行口座を持っている人でないと利用できないものばかり。

一般的に旅行者にとってのキャッシュレスは、クレジットカードだと思います。でも、インドではクレジットカードはあまり一般的ではないのです。

10年ほど前のことですが、製薬会社の社長さんでさえ「クレジットカードを作るのは簡単ではない」と仰ってました。

でも、たくさんの現金を持ち歩くのはコワイですね。
AROUND INDIAは、国際キャッシュカードをメインに3種類の方法でお金を用意しています

  1. 国際キャッシュカード・デビットカード
  2. クレジットカード
  3. 現金

ひとつひとつご紹介してきましょう。

1. 国際キャッシュカード/デビットカード

国際キャッシュカード (インターナショナルキャッシュカード)とは、日本の銀行のキャッシュカードそのままで、海外ATMで口座から現金をおろすことができるもの。

デビットカードとは、ATMでの引き出しだけでなく買い物の支払いにもクレジットカードのように利用できるもの。
年々デビットカードの割合が圧倒的に増えているので、今後国際キャッシュカードは消えるかも?!

日本にいるときは、海外ATMでは引き出せないように設定しておくと安心です。
ただ、いざ現地に着いた時に「おろせない!」と焦ってしまうケースも。
日本出国前に、海外ATMで引き出せるように設定を変更しておきましょう。

安全性も高い

紛失したとき、銀行口座が空っぽになるまで引き出されてしまいそうなイメージですが、インドの場合、一日のATM引出上限が基本1万ルピーなので、一日で停めれば最大でも1万ルピーの損失です。

どこの銀行のカードがおすすめ?

いくつかの銀行をピックアップして、手数料を調べてみました。

これまでは新生銀行、これからは?

AROUND INDIAがアーユルヴェーダ・インド個人相談でも、ずっとおすすめしてきたのは新生銀行でした。
セブンイレブン、ゆうちょ、ファミリーマート、ローソンなど、多くの国内ATMの手数料が無料で、日本でも海外でも使い勝手が良かったからです。
でも…2018年12月8日をもって、海外ATMでの利用ができなくなりました
残念です!

新生銀行によると、今後海外で利用するには、アプラス社のプリペイドカードGAICA(Flex機能付き)を発行しなくてはならないとのこと。
プリペイド型のクレジットカードで、事前にチャージした金額をおろすことができ、ATMでの引き出しだけでなく、VISA加盟店でクレジットカードと同じように使えるというものなのですが、海外ATMで現地通貨引き出しの場合、為替手数料4%+ATM手数料200円/回がかかります。
Flex機能を追加すると無料になる、毎月オートチャージをすると無料になるなどの例外はあるようです。

インドの場合、カード毎に、一日一回1万ルピーと設定されていることが多いので、1万ルピーを18000円とした場合、4% 720円+インド銀行 300円=約1020円の手数料がかかる計算です。

ジャパンネット銀行

続いては、ジャパンネット銀行です。こちらも国内で利用しているカードそのままで、海外ATMでおろすことができます。
海外ATM利用時は、国内ATMと逆向きにカードを挿入します。
現地で引き出すと、すぐに通知が来るように設定しておくことができるので安心感があります。

ジャパンネット銀行手数料3.02%、海外出金手数料は無料です。
(現地ATMでの手数料はかかります)

インドの場合、カード毎に、一日一回1万ルピーと設定されていることが多いので、1万ルピーを18000円とした場合、3.02% 547円+インド銀行 300円=約847円手数料がかかる計算です。

人気のソニー銀行

ソニー銀行も、日本でも海外でも使いやすいと評判です。

こちらはSony Bank WALLET といい、海外ではVISAデビットカードとして利用します。

ソニー銀行手数料1.76% / 回+ソニー銀行手数料 216円 / 回+現地ATM設置機関 利用手数料(インドの場合、だいたい200ルピー/回)

インドの場合、カード毎に、一日一回1万ルピーと設定されていることが多いので、1万ルピーを18000円とした場合、1.76% 316円+ソニー銀行 216円+インド銀行 300円=約832円手数料がかかる計算です。

マイルも貯まる、スルガ銀行ANA支店

スルガ銀行ANA支店のANA マイレージクラブ Financial Pass Visaデビットは、ANA関連だけあり、海外旅行保険の自動付帯や、マイルが貯まるなどのサービスが付いています。

注意点!インドで暗証番号を1〜2回間違えたらロックされてしまいました!
一度ロックされると、カード自体の再発行が必要で、海外には送ってもらえないので、それ以降使えなくなります。

手数料は、スルガ銀行手数料3% / 回+スルガ銀行手数料 216円 / 回+現地ATM設置機関 利用手数料(インドの場合、だいたい200ルピー/回)

インドの場合、カード毎に、一日一回1万ルピーと設定されていることが多いので、1万ルピーを18000円とした場合、3% 540円+ソニー銀行 216円+インド銀行 300円=約1056円手数料がかかる計算です。

ANAの上級会員だと、日本国内での入出金手数料無料。海外ATM手数料(通常216円/回)も無料です。

一回引き出し1万ルピー(約18000円)とした場合、3% 540円+インド銀行 300円=約840円手数料がかかる計算です。

イオン銀行

実際には借り入れという分類です。

イオン銀行手数料 1.60%+ イオン銀行手数料 1万円以内 108円/1万円超 216円 ++現地ATM設置機関 利用手数料(インドの場合、だいたい200ルピー/回)

インドの場合、カード毎に、一日一回1万ルピーと設定されていることが多いので、1万ルピーを18000円とした場合、1.6% 288円+イオン銀行 216円+インド銀行 300円=約804円手数料がかかる計算です。

セブン銀行

実際には借り入れという分類です。

セブン銀行手数料 3.0%+ セブン銀行手数料 108円 +現地ATM設置機関 利用手数料(インドの場合、だいたい200ルピー/回)

インドの場合、カード毎に、一日一回1万ルピーと設定されていることが多いので、1万ルピーを18000円とした場合、1.6% 288円+セブン銀行 108円+インド銀行 300円=約948円手数料がかかる計算です。

インドで使えるATM

AXIS、SBI(State Bank of India)、ICICIなど、メジャーな銀行は、基本的にほとんどのATMで使えます。
使えない場合は、他のATMで試してみましょう。

インドのATMの仕組みは、カードを差し込んで読み取られ、カードを引き抜いてから、手続きを始めます。そのため、万が一パスワードを間違えても、カードを吸い取られてしまう心配はありません

現金が引き出せない場合は、故障、現金在庫切れ、海外引き出し設定が解除されていない、一日の限度額を超えているなどが考えられます。

1枚だと不安

AROUND INDIAは、以前、国際キャッシュカードとクレジットカードを各一枚持っていっていました。
一回インドでお財布がしばし行方不明になり、現金が手に入らなくて困りました。
滞在していたアーユルヴェーダ病院の口座をお借りして、Transferwise経由で日本の銀行から送金して、2〜3日中に現金を手に入れることができましたが、それ以来、ATMで引き出しできるカードも2枚持ちにしています。
予備のカードには、困らない程度のお金だけ入れています。

現在使用しているのは、ジャパンネット銀行とスルガ銀行ANA支店のデビットカードです。

2. クレジットカード

インドでは、意外に活躍の場が少ないクレジットカード。

旅行スタイルにもよると思いますが、AROUND INDIAの場合、布などの工房を訪ねたとき、一日ハイヤーしたタクシー代金を支払うとき、1週間滞在したホテル代を支払うとき、ギャラリーでお買い物をしたとき、アーユルヴェーダ病院に数日滞在してチェックアウトするとき、マッサージなどのトリートメント、アーユルヴェーダ薬局でのお買い物など、クレジットカードが使えないことが多々あります。

たとえVISAマークが表示されていても注意が必要です。
なぜなら、インド国内で発行されたクレジットカードに限定していることが、よくあるからです。
これは外国人旅行者泣かせです。お買物前に、確認してみましょう。

インドでは「クレジットカードを持っているから安心」はないと思っていたほうがいいでしょう。

一番使い勝手がいいのは、VISAでしょう。AROUND INDIAのお気に入りは、海外旅行保険も充実したANAやJAL。利用する航空会社によって、選ぶと良いでしょう。

ただ、インドで特別扱いされているように感じるのがAmerican Express。
AROUND INDIAは使っていないので調査できていないのですが、VISAなどのクレジットカードはインドの銀行が発行したものであることと明記されていても、American Expressには書いていないケースが多いのです。

クレジットカードのほうが安いです

クレジットカードでも、海外ATMで現金を入手することができます。
借り入れになるので、個人的にはあまり利用したくないとと思ってしまうのですがお得です。

シミュレーションで確認してみると、一回18000円を5回借り、30日後に一括返済した場合の金利手数料は1,331円でした。約266円/回
シュミレーションはこちらからどうぞ>>

そこに、インド銀行のATM手数料(ここでは300円とします)が加算されますので、1回につき約566円手数料がかかる計算です。5回で2830円。

キャッシュカード/デビットカードの800〜1000円の手数料と比べると、5回で4000〜5000円かかるので、利用回数が増えるとかなり差が開きそうです。

3. 現金

どこでも使えて利用度が一番高いのが現金ですね。
マーケット、入場券、駅でのチケット購入、オートリキシャ、タクシー、チップなどなど。毎日使います。

日本円の現金を、現地でインドルピーに両替することも、もちろん可能です。
両替所によって、かなりレートが変わるので、同じ旅行者に情報をもらったり、いくつか調べてみるといいでしょう。

両替には、パスポートが必要です。
怪しい両替所では、切れた紙幣を混ぜたり、すっと抜き取って少なくしたりするので、目の前で一枚一枚確認しましょう。

田舎に行く人は要注意

田舎にはATMが無かったり、あっても現金が入ってなかったり、故障中ということがあります。
クレジットカードもデビットカードも利用できない店や宿が増えますので、田舎に行く前は、必要な現金を用意しておくのがおすすめです。

お財布を開くと、容赦なく中を覗く人もいます。
たくさんの現金が見えてしまわないように注意してくださいね。