日印両政府がアーユルヴェーダを推進!第1回 インド伝統医学省 AYUSHセミナー|東京・インド大使館

第一回インド政府AYUSHセミナー

日本のアーユルヴェーダに光!

2018年7月8日。今日は、日本のアーユルヴェーダの記念日になるでしょう✨
インド政府にはAYUSHという伝統医学を管轄する省庁があります。

A アーユルヴェーダ
Y ヨガ
U ユナニ
S シッダ
H ホメオパシー
今回そのAYUSHが、日本で本格的にアーユルヴェーダのプロモーション活動をはじめることになったのです!
7月8日は、記念すべき第一回セレモニー&セミナーが行われました。

ほんの数年前、アーユルヴェーダという言葉が「医学を連想させる」ということから、日本では言葉自体が使用できなくなるというような話まで聞こえてきました。
それが一転、政府がアーユルヴェーダを進める方向性なのですから、ちょっと期待してしまいます。

サトヴィックアーユルヴェーダスクールの佐藤真紀子先生にお誘いいただき、AYUSHから出席を打診されたケララのPVA ayurveda hospital の院長からも代表として参加するよう話がありました。病院からの推薦状とドクターや病院を掲載している本「暮らしのアーユルヴェーダ」を携えて、一路インド大使館へ!

第一回インド政府AYUSHセミナー 集まった関係者

セミナーの内容

それでは、セミナー内容をご紹介します。

AYUSH第一回セミナー スケジュール表

内閣官房に設置された健康・医療戦略室の藤本氏のお話によると、アジア全体で、それぞれの国に合わせて医療を変えていくということをされているのだそう。
アーユルヴェーダは、病気の予防と健康維持の新しい軸となるのではないかと考えているとお話されていました。

出席者のなかに、神奈川県知事のお名前があったので「なぜ神奈川県?」と疑問に思いました。
理由は、神奈川県が最も「未病」「病気の予防」に力を入れているから。最も高齢化が進むスピードが早いため、未病のうちにケアすることを進めているのだそう。
AROUND INDIAのある茅ヶ崎市は、最も健康寿命が高い町なので、このプロジェクトがうまくいっているということなのかも?!

AYUSHの代表としてみえたコテチャ先生は、想いをお話しされるのと同時に、こちらからの要望にも耳を傾けていらっしゃいました。
インドでは、森から採集するアーユルヴェーダ原料の割合を下げ、栽培で補うように進めているそう。目標は、25%森林。75%栽培。
これまで数千年保ってきたように、必要量だけを採取するのであれば森林を継続できるのでしょうが、大量に製薬などの目的で採集してしまうと次世代に繋げなくなってしまいますもんね。

国際ヨガの日の制定に深く関わっておられるヨゲンドラ先生曰く、インドでは、小さい頃からの教育で心のコントロールを学ぶため、120種類のヨガゲームというものでプラナーヤマ(呼吸法・調気法)やアーサナ(ポーズ)などをカリキュラムとして教えているのだそう。
どんなものか気になりますね。

日本でのアーユルヴェーダ学会は40年前にはじまったそう。
はじめてインドでアーユルヴェーダ医師資格を取られたイナムラ先生。旦那さまのシャルマ先生は、とっても声の通る、自由な方でした。御歳90歳!!

佐藤真紀子先生のプレゼンが、お人柄が現れていてとてもおもしろかったです。パンチャカルマで強烈な体験をされて、アーユルヴェーダの世界へ!
評判の高いアーユルヴェーダ本。

日本アーユルヴェーダスクールのクリシュナ先生のお話では、約30年前と比較すると、日本の人口はたったの1.6%しか増えていないにも関わらず、医療費は60%も増えているとのことでした。このままでは破綻が目に見えていますね。そこでやはり未病のケアとしてアーユルヴェーダが役立つときではないかと!
アーユルヴェーダの薬の成分を抽出してしまっては別のものというお話には、強く頷いてしまいました。

ヨガ療法の木村先生による、ヨガに関するアンケート結果。
ヨガをはじめた理由、すべての年代で「健康維持」が多いものの、50代でぐぐーんと「病気」があがっていました。50年生きてきて、病気が表に出やすい年代。
一方、20代は「病気ではないが、不調の改善」が他の年代に比べて多いのも印象的でした。不調を感じ始めているのが20代。ここでケアすると、50代で「病気」を避けることができるかもしれませんね。

ご一緒させていただいた伊藤武先生と。先生のご本、とってもおもしろいのです!網羅するテーマの広さにビックリしますよ。

10月には伊藤武先生とコラボしたアーユルヴェーダ講座はじまります♩詳細は来月発表します。

PVA院長のドクターポイランとのお約束も無事果たすことができました。コテチャ氏のお手元をご覧ください!

おいしいランチ

第一回インド政府AYUSHセミナー ムンバイレストラン

おいしいという噂のランチ。ベジごはんを満喫しました。

マンゴーラッシー、チャイ、インディアンサラダ、ベジピラフ、サモサと三種のソース、ライタ、パパド、チャパティ、チャナマサラ、パニールカライマサラ、ミックスベジカレー、人参のハルワ。

第一回インド政府AYUSHセミナー ランチ

AROUND INDIAの願い

今日もアーユルヴェーダ(カラリパヤットゥ)のオイルが、痛みの緩和に役立ったという体験談を伺いました。
アーユルヴェーダやカラリパヤットゥでずっと使われてきたものたち。
使用量に敏感になる必要がないものは、日本で買えるようになったらと切に願います。

進め進め、日本のアーユルヴェーダ 😉

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。 インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Hospital・MGS Kalari Sangam提携。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

あわせて読みたい

10月14日(日) 古民家Yoga&ビーチクリーン 美味しいカレーとアーユルヴェーダの会|神奈川・ 鎌倉腰越詳しくはこちら>>