みんなのアーユルヴェーダトリートメント施設「Asokam Beach Resort」ケララ州

みんなのアーユルヴェーダAsokam Beach Resort

施設情報

施設名
Asokam Beach Resort
付属施設/サービス
宿泊施設(施設内)、みんなで食べる食堂、自分で調理できるキッチン(部屋による)、病院(施設外)、薬局(施設外)、ヨガ、英語
施設のウェブサイトやFacebook
Asokam Beach Resort
予約方法
Booking.comやTripadvisorなどで宿泊の手配をするか、直接Asokamへ。
住所
Payyambalam beach road, Palliyamoola P.O. Alavil, Kannur, Kerala, India 670 008

体験者:AROUND INDIA の 田村ゆみ

トリートメント情報

AROUND INDIAからの質問 ご回答
時期 2011年11月
所要日数  14日間
トリートメントの前の問診 あり
ドーシャチェック なし
受けたトリートメントの種類 ナヴァラキリ 、シロ アヴィヤンガアヴィヤンガ 、フェイスマッサージ
マッサージの際のセラピストの人数 2人
トリートメント中に身につけるもの 紙パンツ
食事/食事指導 わたしは特に食事指導はありませんでしたが、一緒に受けた友人はドクターの問診時に指導がありました。でも食事は近くの食堂のメニューから食べたいものを選ぶ方式だったので、材料がわからず自己判断でした。
現在は状況が変わっているかもしれません。
清潔度(5点満点) 3/5
かかった費用 宿泊費用 1500円/1日 (2人で折半したため、部屋代としては3000円)
トリートメント費用 約10万円(問診、薬込み)
食費 覚えてません。
施設への申し込み方法 予約フォーム

おすすめ度

★★★★

メッセージ

地元の製薬会社が運営するリゾートです。問診、脈診、血圧、触診を受けました。
ドクターは時折お見かけするくらいで、日々のフォローアップはなく、自分で話しに行く必要がありました。
キレイなアラビア海のビーチに面しているので、のんびり過ごしたい方におすすめの立地です。屋上やテラスも心地良いです。
滞在当時は、オープンからそれほど日が経っていなかったためか、朝食以外の食事は、付属のキッチンで作ったものではなく食堂のメニューが渡され、朝食が終わるとすぐに昼食や夕食の注文をするシステムでした。現在はきっと変わっていると思います。朝食は、基本トーストなどのコンチネンタル。オーナーが知人だったため、希望したら自宅の料理を運んでくださいました。
トリートメントは、熟練セラピストによるものでした。トリートメントの後、付属の囲われた青空シャワーで洗ってもらうのが照れくさかったです。
西洋人に人気で、滞在しながらアーユルヴェーダスクールに通っている人もいました。

アーユルヴェーダ情報をシェアしていただけませんか?

あなたのご経験もAROUND INDIAでシェアしていただけませんか?
これからインドに向かう方の施設選びのために、日本語で読める現地アーユルヴェーダ施設情報のデータベースのようなものを構築していければと思っています。どうぞご協力お願いいたします。

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。 インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Hospital・MGS Kalari Sangam提携。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

あわせて読みたい

アーユルヴェーダをわかりやすく学ぶ本「暮らしのアーユルヴェーダ」好評販売中 詳細はこちら≫
+