西洋医学と東洋医学。見えることの違い。

西洋医学と東洋医学

パンチャカルマ前に受けた、西洋医学の健康診断

2017年春、アーユルヴェーダの浄化療法パンチャカルマを受けることに決めました。
そして、その準備の一環として、西洋医学の総合病院で健康診断を受けました。

健康診断を受けた理由

  • パンチャカルマの問診で、ドクターにお伝えした方が良いことが見つかるかもしれないから
  • パンチャカルマの前後で、数値的に変化するのか知りたかったから

受診項目

身長、体重、血圧、視力、聴力、大便検査、尿検査、子宮細胞診、血液検査、心電図、エコー、バリウムによる胃の検査、レントゲン、触診、問診

検査結果

検査の結果、小さな異常が見つかりました。

一つ目は胸。エコー検査では異常なしでしたが、エコーの先生も触診の先生も感じた違和感。
次回の健診では、マンモグラフィを受けることを勧められました。

二つ目は小さなポリープ。とりあえず放置して構わないそう。

三つ目は肝臓。血液検査の結果、「肝機能異常」で「要再検査」でした。
「異常」というのは響きが強いですね。ちょっとドキドキしました。
インドに行く直前でしたが、すぐ大きな病院で検査を受けました。
再検査の結果、数値の低さは体質的なものと思われ異常なし。
生活面や食事など、今後のためにアドバイスをお願いしましたが、「そのままで問題ない」とのことでした。

数値と体質と体調

異常という普通

わたしの身体には、今回異常と出た肝機能だけでなく、血圧、脈拍、心電図など、データの上では異常を示す項目がいくつかあります。
血圧・脈拍・心臓は、遺伝だということがわかっていて、遺伝元がそれぞれその異常値で元気です。
遺伝だと知る前は、毎回診察のたびに心配されていました。理由を探られ、注意をするように促されていました。

一般的には異常な数値でも、わたしにとっては普通の状態なのです。

プラスマイナス0

ちょっと時間は飛びますが、パンチャカルマを終えて日本に帰国後、体重計に乗りました。
行く前に測った値から、どう変化したでしょうか??
驚くことに、体重・体脂肪・BMIなどの数値は、出発前と1g・1単位も変わっていませんでした!
1ヶ月パンチャカルマという浄化療法を受け、生まれて初めてほぼベジタリアンで過ごした日々。
ヨガをして筋肉の付き方も、明らかに行く前と後では違うのですが、数値はまるで変わっていませんでした。
どこかが減って、どこかが増えると同じ数値になってしまうというマジックです。

2回目の健康診断

そして、現在パンチャカルマ終了から4.5ヶ月。
前回の健診から7ヶ月があっという間に経ってしまいましたが、再度同じ病院で健診を受けてきました。

前回指摘された胸の違和感は、マンモグラフィと触診で調べましたが、なんと消えて無くなっていました
胃の検査では、胃も腸もとてもいい動きをしていると褒められました。
視力は少し上がっていました。遠くを見る力は上がっていましたが、近くを見る力が下がっていることは、視力検査には出ませんね。
血液検査などの詳しい結果はまだわかりませんが、健診時のお話では全体的に問題はありませんでした。

3種類の東洋医学による診断は、西洋医学の診断と違いました!

続いて、インドとシンガポールで受けた東洋医学の診察で見えた私の悪い部分です。

ケララの部族に伝わる伝統療法

ケララ、Attappati部族伝統の診断、背中インドに着いて、パンチャカルマに先立って受けたのは、南インド・ケララ州の部族に古くから伝えられてきた療術・マッサージでした。
部族の先生の脈診・触診などで指摘されたのは「胃」。マッサージ用のオイルを処方されました。

当日の様子は、「ケララの深森の部族に伝わる伝統療法(診察・手相・オイルマッサージ)」をどうぞ!


アーユルヴェーダ病院院長

院長の診察を受けるAROUND INDIA田村ゆみ2007年、初めてPVAアーユルヴェーダ病院院長のオンラインコンサルテーション(問診)を受けた時、「胃」の悪さを指摘され、処方された薬を飲みました。すると、長年苦しんでいた重い重い生理痛とさよならすることができました。

オンラインコンサルテーションの様子は、「パンチャカルマ日記2008 vol.1 日本で受けたアーユルヴェーダの問診と治療」をどうぞ!

2017年、2度目のPVAアーユルヴェーダ病院でのパンチャカルマ。その診察でも、指摘されたのは「胃」!!
ちなみに、普段胃の調子は悪くありません。調子の悪さを感じていないので、診察時に不調としてお伝えもしてはいないのです。

診察当日の様子は、「パンチャカルマ日記2017 vol.3:PVAアーユルヴェーダ病院初日、イフタール、院長先生の診察」をどうぞ!

シッダ医学の脈診

南インドの伝統医学シッダの脈診を受けるAROUND INDIA田村ゆみパンチャカルマ後、シンガポールで南インド・タミルナドゥ州で伝わる伝統医学シッダ Shiddhaの脈診を受けました。
こちらの先生にも指摘されたのは、「胃」!!他のことはほとんど言われず、とにかく胃でした。

診察当日の様子は、「南インドの伝統医学「シッダ Siddha」の脈診と処方」をどうぞ!

 

東洋医学、共通した診断

すべての先生に指摘されたのは胃。
東洋医学的にみて、明らかにわたしの胃は良くないのです。

西洋医学と東洋医学、組み合わせれば2倍

西洋医学では、バリウムを飲んでも、9年前のパンチャカルマ前に受けた胃カメラでも、わたしの胃に異常は見つかりません
西洋医学で見つかった小さなポリープは、アーユルヴェーダ・部族・シッダなどの東洋医学では指摘されません。

わたしという一人の人間が、
なんだか西洋医学と東洋医学では、根本的に、見えているものも違うようです。

わたしの生理痛は、西洋医学では「子宮を取らない限り治らない。妊娠したら少し良くなるかも。循環器官(心臓)によるもの。鎮痛剤を飲み続ける。」という診断でした。
当時は高校生。医師によって診断が違う可能性を知らなかったので、治らないもの・このまま薬を飲みながら付き合っていくしかないものなのだと思いました。
薬を飲み続けること15年!アーユルヴェーダでは、胃をケアする薬などを飲んだら2ヶ月ほどで治ってしまいました。

生理痛は治りましたが、胃の悪さはまだ健在のようです。痛み・消化不良・食欲不振などの自覚症状はありません。
西洋医学と東洋医学では、「悪い」の意味も違うように思います。
うまく機能していないとか、弱いとか、胃が原因で他の部分に影響を及ぼしているとか、そんなイメージ。

2つの側面

一つの側面からでは見えないことが、角度を変えると見えてくる。
アーユルヴェーダ、シッダ、部族の東洋医学は、根本的に同じ側面が見えているようです。
西洋医学は、真反対のものが見えているようです。

2方向から見ることができるなんてすごいですね!

西洋医学は、結果を見つける、対応するのが得意。
東洋医学は、原因を見つける、予防するのが得意。
末端と根本。得意なこと・できることが違う。

東洋医学は、神秘のように思われることも多いのですが、西洋医学の環境で育ったわたしたちには不思議に思えるだけで、決して魔法ではありません。先人たちが自然に寄り添って利用して育ててきたもの。

長引く不調を抱えているなら、ひょっとすると角度を変えれば違う形で見えるかもしれません。
実は意外と簡単に手放せる可能性もあるのです。

おすすめの本

元々日本にあった東洋医学。
西洋医学に置き換わる時代については、お祖父様が当時のお医者さんだった手塚治虫のマンガで楽しく知ることができます。
今は禁止令もないので、両方を選択することもできるありがたい世の中です。

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。

インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Japan日本代表。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

あわせて読みたい

2018年1月~3月『暮らしのアーユルヴェーダ ベーシック講座 第2期』|東京・祐天寺詳細はこちら≫
+