中目黒のピンクな南インド料理屋さん「シリバラジ Sri Balaj」

中目黒の南インド料理シリバラジ、外観

店内キラキラ、ピンク一色!

「シリバラジ Sri Balaj」は、中目黒駅から徒歩約10分ほどのところにあります。
ディワリなどイベントにも多く出店されているので、召し上がったことがある方も多いのでは?!

アーユルヴェーダワークショップの後、参加してくださったヨガの先生りえさんと会食。
りえさんは、カラリマッサージサロン時代に足を運んでくださり、アーユルヴェーダと カラリパヤットゥ のマッサージを学びにケララ州カヌールまで行かれた方なのです。
体験談はこちら≫ カラリアーユルヴェーダスクール

カラリパヤットゥの師匠のこと、アーユルヴェーダ病院のこと、カヌールのごはんについてなど、他ではなかなか共有できないニッチな話が尽きませんでした!

メニュー

中目黒の南インド料理シリバラジ、みなさんタミルご出身

タミル出身のみなさん

ボリュームたっぷりなゴージャスなターリや、南インド料理では定番の軽食ティファン(Tiffin)も充実しています。

ウプマ(消化に優しい、ちょっともっちりした形容が難しいけど大好きな一品)、ダヒワダ(ヨーグルトに使ったワダという豆ドーナツ)、マサラワダ、イドリー(お米の蒸しパン )、ドーサ(南インドの米粉クレープ)各種、ウッタパン(南インド風お好み焼き)

2017年4月に注文したもの

今回は、ビリヤニ気分なので、チキンビリヤニをメインに、アビエル(野菜のヨーグルト煮込み)、チャパティ、ラッシー、チャイという組み合わせ。

中目黒の南インド料理シリバラジのチキンビリヤニ

ごろっと大きなチキンの入ったビリヤニ。
カード(ヨーグルトサラダ)と混ぜながら食べると、どんどん食が進みます。
チャパティは、ロマリロティ(Rumali Roti)のように大きい!
柔らかな食感で、具がいっぱい入ったアビエルにもよく合っておいしかったです。

2017年9月に注文したもの

暮らしのアーユルヴェーダ ベーシックコース第一期の懇親会でお邪魔しました。
講座を行う祐天寺からバス一本で移動できるという立地です。

南インド料理シリバラジで暮らしのアーユルヴェーダ懇親会

人気はベジタリアンターリ。しかもミニマサラドーサも付いています。
ミニとは思えない立派さ!フルラインナップをご覧ください!

  • ミニクレープ
    →満足の大きさのマサラドーサとココナッツチャトニ
  • 豆のペーストのフライ
    →パリップワダ、かため食感がおいしい、サンバルやドーサに付いていたココナッツチャトニを付けても
  • ドライカレー3種
    →ごはんに混ぜて、野菜がいっぱい食べられるのうれしい。個人的に、サラダは不要です。どうして日本のインド料理屋では、サラダが付くのかなぁ。
  • 野菜入り豆カレー
    →南インド料理の定番スープ、サンバル
  • 酸味のきいた辛いスープ
    →ラッサム、食中食後に飲んだり、最後にごはんと混ぜたり
  • 豆せんべい
    →パッパダム、パパド。パリパリ割ってごはんと混ぜたい
  • ピクルス
    →酸味と辛み。ちょっと舐めたり、パンチをきかせます
  • ライス
  • 自家製ヨーグルト
  • デザート
    →ハルワ
  • 紅茶またはコーヒー
    →ホットチャイ

いろんな種類がいただけてうれしい!
ボリュームはいっぱいですが、こんなにいただいたと思えないほど、胃も重くならず消化がよかったです。

南インド料理シリバラジのベジタリアンターリ

平日ランチは食べ放題、お弁当もあります

平日のランチは、グリーンサラダ、タンドリーチキン、カレー3種、ライス、ナン、チャイ、コーヒー、デザートが1000円で食べ放題だそう。

お弁当のテイクアウトも用意されていてうれしいですね。
サンバル&ライスが、こんなに気軽に食べられるのうらやましいな。

店舗詳細

名 称 シリ バラジ (Authentic South Indian Cuisine Sri Balaj)
電 話 03-5724-8995
時 間 11:00〜15:00(LO14:30)
17:00〜23:00(LO22:30)
定休日 無休
住所・地図 東京都目黒区中目黒2-7-14
中目黒駅より徒歩約10分

AROUND INDIAのこれからの講座やイベント

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。

インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Japan日本代表。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

あわせて読みたい

【募集中】はじめてのアーユルヴェーダワークショップ |東京・駒沢公園近く詳細はこちら≫
+