紅茶もおいしい!優雅なインド料理「ダージリン Darjeeling」|東京・日暮里

紅茶がおいしいダージリン 日暮里の待合席

谷中銀座と合わせて楽しめます

ダージリンは、北インド・ビハール州出身者、日本第1号?!のランジャンさんが、約25年前にオープンしたインド料理屋さん。
レトロな町歩きが楽しい谷根千の、谷中銀座すぐのところにあります。

店内は、一つ一つの設えが豪華で、高級紅茶を味わうにふさわしいこだわりが感じられます。

AROUND INDIAが、初めてこちらにお邪魔したのはビハール州に行ったばかりの頃。
訪れたばかりのマドゥバニ出身シェフなどにお会いしたりして、とても印象に残りました。もちろん紅茶のおいしさも。
今回マドゥバニ画をベースにした日本人イラストレーターの展示を拝見した後、「そうだ、ダージリンへ行こう!」と思い立ちました。

16時ごろにも関わらず、ほぼ満席。すごく賑わっていました。
ごはんの時間以外もこれほど賑わうインド料理屋さんは、なかなかありませんね。

紅茶がおいしいダージリン 日暮里の混み合う店内

注文したもの

2016年某日

こちらは以前の記録用に。

ダージリンのキャッスルトンという一流茶園のQueen Elizabeth Castletonと、4種の茶葉のフレーバーが次から次へと楽しめるというお店オリジナルブレンドのMilajulaをいただきました。
2つの味がまったく違うので、飲み比べが楽しかったです!

ポットサービスでたっぷり!ミラジュリャティーは、ミルクにも合うとのことで、途中からミルクも追加するなど、紅茶を味わう優雅なひととき。

 

2018年4月

今回は大好きなチャイにチャレンジ。
一瞬「こちらのお店にとって、チャイは邪道かな?」とも思ったのですが、まったくの杞憂でした。
チャイ用の茶葉にもしっかりこだわりが!
前日に届いたばかりの最高級マカイバリ茶園の茶葉をベースに、ダージリンオリジナルブレンドにした ミラジュリャティーMilajura。
ランジャンさんも、毎朝この茶葉で淹れたチャイをいただいているのだそう。

紅茶がおいしいダージリン 日暮里のマサラチャイとハルワ
マサラチャイをお願いしました。カルダモンがぷかっと浮いててかわいい。
さっぱりとして、とってもおいしかったです。
インドスイーツのハルワをサービスしてくださったのですが、これが今まで食べたハルワの中で一番のおいしさ!
温かくて、ふわふわしていて、優しい甘さにナッツがいい感じ。
インドスイーツが苦手な方でも、きっと好き!ぜひお試しください。

10種で味わう正統派キチュリーの会しませんか?

ピュアベジタリアンのランジャンさん。
アーユルヴェーダやビハールのお話をしていると、アーユルヴェーダを学んでいる方はきっと耳にしたことがあるキチュリー(キチディ、キチュリ、キチャディ。豆とお米の粥)の話題になりました。
AROUND INDIAが講座でお伝えしているキチュリーも、実際にインドのご家庭でよく食べられているレシピなのですが、こちらのキチュリーは、ビハール州だけの約10種のお味でいただく特別なもの。

ターリ皿の周りにずらっと並ぶ小皿。それはそれは豪華なのだそう。
以前、インド大使館のお集まりで作ったのだそうですが、みなさんにとっても貴重なお料理で、お写真撮られていたとのことです。

それを特別に半値の5000円でご用意してくださるそう!(大声では言えません 😉 )
ランジャンさんによる食べ方レクチャー付き「正統派キチュリーの会」しませんか?

レシピだけで作ってみたけど、合っているのかな?本物のキチュリーってどんな味?
本場のキチュリーをいただいて、疑問を解決しましょう♩

GWの平日、5月1日のランチを検討しています。ご興味ある方はnamaste@around-india.comまでメールしてくださいね。

イベントページができました!5月1日19時スタート。ぜひご一緒しましょう。

レシピに沿っておうちチャイ

帰りにチャイ用のブレンド茶葉を分けていただきました。
作り方とシナモンとカルダモン付き。

翌朝作ってびっくり。水が入らない、牛乳だけで作るチャイレシピでした。
お店でいただいた時さっぱり感があったので、それが牛乳だけでできていたとは想定外でした。
おいしい紅茶にスコーンを合わせたくって、築地のオリミネベーカーズで購入。好相性でした。

店舗詳細

名 称 ダージリン 日暮里店 Darjeering Palace
Facebook 食べログ クーポン
電 話 03-5685-0267
時 間 11:00~16:00
16:00~23:00
定休日 年中無休
住所・地図 東京都荒川区西日暮里3-10-3 2F

AROUND INDIAのこれからの講座やイベント

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。 インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Hospital・MGS Kalari Sangam提携。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

あわせて読みたい

6〜9月『暮らしのアーユルヴェーダ ベーシック講座 第2期』|東京・祐天寺詳細はこちら≫
+