前評判がとにかくすごかった!サルマン・カーン主演のインド映画「Tubelight チューブライト」

会う人会う人が、おすすめしてきた映画

インドは、映画の前に音楽がリリースされるので、上映開始前から「この映画最高!」と盛り上がっています。
Tubelightは、アーユルヴェーダ病院のスタッフや、町の人、whatsappで歌が送られてくるなど、とにかくいろんな人から「絶対観たほうがいいよ!」とおすすめされました。

映画への期待度が高かったことと、もう一つ「日本人が出てるよ!」というのがおすすめされた理由。
実際は、日本人ではなくZhu Zhuという中国のMTV出身のきれいな女優さんでした。

人気になったムービーソングです。

信じるこころ

あまりにおすすめされたので、観るのをとても楽しみにしてたのですが、雲行きが怪しくなってきたのは上映開始後のこと。
観た誰かが「思ったほどじゃなかった」という噂が広まり、一気にフェードアウトしていったのです。

でも観に行ってみました!
すると、舞台は、その少し前に訪れたウッタル・プラデーシュ州で目にしてきた風景や建物が、とても美しく映画の中に存在していたのです。
舞台全体にすぐに引き込まれていきました。

お話の概要は、インドと国境を接する中国との争い。
1962年に実際にあった中印国境紛争のときのこと。

サルマン・カーン扮する少し障害のあるラクシュマンと、実の弟が演じるしっかり者の弟バーラット。
ラクシュマンは、小さなころからTubelightと呼ばれからかわれていました。
親を亡くし、おじいさんと暮らしていた兄弟。
弟はいじめっ子から兄を守り、ふたりはとても仲良しで強い絆で結ばれていました。

映画tubelight、仲良し兄弟

大人になり、生活は苦しいです。
戦争に行くために軍人になれば、お金は入ってきます。
軍に入りたがるラクシュマン。でも、試験でうまくできないラクシュマンは不合格になってしまい、弟だけが合格します。
ラクシュマンを傷つけたくない弟は、不合格とは言いません。別の任務というような形の役割を与えるのです。
上司もなんとなくそれに協力してくれます。

戦争が悪化し、弟はキャンプから前線へと出征します。
町の人々には、どんな状況なのか、生きているのかさえわかりません。
戦争が深まり、町は殺伐とした雰囲気になってきます。

裕福そうな身なりの中国風の外見の女性と歳の離れた少年が、町の片隅に引っ越してきます。
中国人は今は敵です。でも彼らはヒンディー語を母国語とするれっきとしたインド人なのです。多民族国家ですから。

映画tubelight、中国人女優Zhu Zhu

でも、小さい頃からラクシュマンをからかってきたいじめっ子は、その姉弟を敵扱いします。
いじめっ子から守ってくれた弟はいませんが、少年を守ろうと奮闘し、友情を育むラクシュマン。
戦争の集結を一心に願うラクシュマン。そんなことしても無駄だとバカにしていた周りの人も変わっていくのです。

詳しくは、映画をご覧くださいね。

最後に

Tubelightは、さまざまな人間模様の中に、純粋に信じることの大切さが描かれていました。
強く強く願って、そのために行動する。それは何かしら結果に現れるのでした。

信じる強さと、美しい山々の景色と町並みが心に残りました。
AROUND INDIAにとっては、とてもいい映画でした。

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。

インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Japan日本代表。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

あわせて読みたい

2018年1月~3月『暮らしのアーユルヴェーダ ベーシック講座 第2期』|東京・祐天寺詳細はこちら≫
+