南インド・ケララ州カヌール神秘のお祭テイヤムを観に行こう!

カヌールの火のテイヤム

テイヤム Theyyamとは?

ケララ州北部のカヌール地区(マラバール地方)には、世界中の旅行者やカメラマンを惹きつける独自のお祭りが存在します。

その名は、テイヤム(Theyyam)!!

選ばれた人間(カラリパヤットゥ経験者も多数)に、化粧を施し、神さまが宿ります。
神さまの興奮に比例するように観客も興奮し会場は大盛り上がり。
時には、迷っている人を近くに呼び寄せ言葉を授けます。

地元では、小さな子どもからお年寄りまで、広く愛されているお祭です。
シーズンは11月〜5月。カヌール地区の数多くのお寺でテイヤムが催されます。

シーズン以外にカヌールを訪れる場合は、唯一Parrassinikadav(パラシニカダブ)というお寺で年間を通じてムタパンというテイヤムが行われているので、そちらへ行きましょう。

テイヤムを見つけるのは一苦労!ツアー利用もおすすめ

Travel Kannur ロゴ

カヌールへ行けばテイヤムが観られるのかというと、そう簡単なことでもありません。

町の人々に「今日テイヤム観たいんだけど…」と言ってみても、たまたまその人の知っている場所でやっていなければ「うーん…」「多分どこかではやってると思うんだけど…」と悩まれてしまいます。

わたしたちも違う地域の神社のお祭の内容や、そこ独自の風習など知らないことが多いですよね。

カヌールも同様で、大小さまざまなお寺広く点在している上に、400種類もあるテイヤムは行う時間も早朝・日中・深夜など異なるのです。

これまで幾度もテイヤムを観てきましたが、「いついつ、どこどこで、テイヤムやるよ」と情報がまわってきたり、友人の地元のお寺に連れて行ってもらうという流れでした。

テイヤムを目的にカヌールまで足を運ばれて、観られなかったとしたら、それはそれはもったいないし、そう伺うと悲しいです。

AROUND INDIAは、テイヤム体験を重ねるうちに、もっともっと知りたいと思いました。そしてカヌールでテイヤムに特化した旅行会社と巡り合うことができました。

もし特定のテイヤムを体験されたいなら、もう絶対プロの手を借りるべきです。
短期滞在でも、現地に知人がなくても、テイヤムを逃さずにすみます。
欧米のプロカメラマンやメディア関係者は、現地のプロをよく利用しています。

テイヤムのプロに問い合わせてみる

ご希望のテイヤムや、このくらいの時期に観たいなど、ご要望があればお気軽に相談してみてください。
テイヤム以外でも、ケララ(北部)でホームステイ、家庭料理、田舎体験、マラバールビリヤニが食べたいなど、同時にお願いできるので、限られた時間でオリジナリティのある有意義な体験に役立てていただければ、とてもうれしいです。

2017年11月〜2018年5月の1泊2日ツアー

Travel Kannurお問い合わせ・お申込みフォーム

英語歓迎/日本語OK。内容によって、Travel KannurまたはAROUND INDIAよりお返事いたします。

お問合せお申込みその他

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

メールアドレス (必須)

メールアドレス (確認・必須)

お電話番号 (必須)

【お申込みの方】ご希望日

【お申込みの方】参加人数

【お申込みの方】インドでのご連絡先

【お申込みの方】最寄りの駅/バス停

ご質問・ご要望等など

AROUND INDIAよりイベント等お知らせメールをお届けしてもよろしいですか? (必須)

  


AROUND INDIAのこれからの講座やイベント

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。

インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Japan日本代表。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

あわせて読みたい

【募集中】はじめてのアーユルヴェーダワークショップ |東京・駒沢公園近く詳細はこちら≫
+