インド相談室:男性でもアーユルヴェーダを受けられますか?

インドに行きます!男性OKのアーユルヴェーダ施設を教えてください

先日「男性でも受けられるアーユルヴェーダ施設を教えてほしい」というご相談がありました。

まずは、お伝えしたいとは、インドでは、基本的にどこでも男性も受けられます!!

アーユルヴェーダの古典をみると、もともとは男性を想定した記述が豊富なほどです。

どうして男性はNGなの?

この質問をくださった方が「男性はアーユルヴェーダを受けられない」と思われた理由は、日本でのイメージによるものでした。

  • 女性専用
  • 女性専用と謳っていなくても、美容やリラックスのイメージ
  • セラピストさんが女性だと恥ずかしい

インドでは、女性が男性をマッサージするのですか?

この答えは、基本的には「いいえ」です。女性患者さんは女性セラピストが、男性は男性が担当留守のが一般的です。

例外としては、施術者が性別を超える場合です。例えば、カラリパヤットゥの師匠は、性別は男性ですが患者さんを診ます。
少数民族の先生は、性別は女性ですが、こちらもまた患者さんを診ます。

インドのアーユルヴェーダ病院男性セラピストに男性生徒がトリートメントを習っているところ

ケララのアーユルヴェーダ病院の授業風景。男性セラピストに男性の生徒が習い、男性セラピストがモデルになっています。

またインドでは、トリートメントや使用するオイルも医師が処方することが多いです。
しっかりとしたアーユルヴェーダ薬局には医師が常駐しています。

もちろん、リゾートや一回だけのマッサージをメインにしていて、医師がいない(または常駐はしておらず提携)ところもありますが、基本は医療。

AROUND INDIAは、アーユルヴェーダが数千年間も残り続けてきたのは、それが大きな理由だと思います。

リアルなアーユルヴェーダの本でも男性モデル多し

アーユルヴェーダの本でも、男性モデル率高め

男性も女性も、同じように生まれ、不調になったり元気になったりしながら、死んでいきます。
アーユルヴェーダは、不調を抱えている人も、まだ不調ではない人が予防目的でも受けることができます。

これまで、インドで男性不可の施設に出会ったことがありません

医師もセラピストも男性が充実しているので、裸になるのも、不調のご相談も恥ずかしがる必要はまったくありません。

インドでアーユルヴェーダを受けたいと思ったら、躊躇することなくためしてみてくださいね。


AROUND INDIAの講座・イベント

YUMI TAMURA

アラウンドインディア主宰 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。 インド政府認定BSSアーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院・カラリパヤットゥ道場・テイヤム旅行会社提携。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』