暮しの手帖 94号「南インドの女性と、祈りのコーラム」発売中!

暮しの手帖コーラム、インド

2018年5月25日発売の暮しの手帖では、美しい南インド・タミルナドゥ州の伝統床絵「コーラム Kolam」が特集されています!

コーラムとは?

コーラムは、米粉、チョーク、チョークの粉、石粉などを用いて描くもの。
タミル、カルナタカ、テランガナ、アーンドラ・プラデーシュ、ケララ、ゴア、マハラシュトラ、インドネシア、マレーシア、タイなどのアジア諸国で見られる。

Kolam – Wikipedia 

ヒンドゥー教やカーストもまだなく、太陽神スーリャと自然界の5大元素である空、風、火、水、地が神であった時代が起源ではないかと言われれている。

ガーヤトリー先生 「暮しの手帖 94号」より

普段からタミルの日常をインスタで配信されているchitriniさんのアレンジメントとなれば、それは素敵だろうと思ったのですが、予想を遥かに超える羨ましさでした😊

コーラムの世界へ向かわれたのは、CLASKAの犬キャラクターでもおなじみのイラストレーターの塩川いずみさん
昨年インドを訪れたとき、残すことが目的で描くご自身のイラストと、夜には消えてしまうことが良しとされるコーラムというものの有りように、とても心が揺さぶられたのだそう。

旅は、チェンナイのコーラムフェスティバルで様々なコーラムを見て、塩川さんご自身も達人から習い、最後に描くという素敵な流れ。
ご自身の旅 が表現されたそのコーラムは、感動ものでした!

コーラムを習う塩川いずみさん

ガーヤトリー先生からコーラムを習うイラストレーターの塩川いずみさん

今回の暮しの手帖では、コーラムの他、ターメリックを使った自然染め、初インドは43年前(!)という料理家 瀬尾幸子 さんがインド人から教わるインド料理レシピも載っているので、インド好き必読です✨

コーラムが気になったら、こちらの本もおすすめです。

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。 インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Hospital・MGS Kalari Sangam提携。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

あわせて読みたい

10月スタート!AROUND INDIA・YAJコラボ講座『女神のきらめき vol.たしなみ』|東京・西荻窪詳細はこちら