パンチャカルマ日記2008 vol.8:人気No.1トリートメント!シロダーラ Shirodhara 1〜7日目

シロダーラの深い休息で、悲しみを乗り越える

ケララPVAのダーラ用ポット

インドでアーユルヴェーダを学んだ理由の一つに、祖母の言葉がありました。

アーユルヴェーダを最初日本で学びはじめるとき、「インドのもので、今もインドで習えるものを、なんで日本で習うの?」と祖母に驚かれました。
ハッとしました。わたしは、結婚していながら海外に勉強しに行くなんて無理だろうと、聞いてみることもせず勝手にブレーキをかけていたのです。

ピリチリ に続き、処方された シロダーラ 。その少し前、祖母が危篤に陥りました。出国時に空港でも電話していて、インドでこれ調べてきてと宿題ももらい、本当は一緒に行きたいと言っていた祖母。

日本に帰国すべきかどうかすごく悩みました。
心がザワザワ落ち着かず、睡眠が浅くなり、食欲は落ちて、時おり強い悲しみの波が襲ってきました。心が疲れ、頭がギューっと締め付けられるようになっていました。そんな時、 シロダーラ のタイミングがやってきたのです。

ベッドに横になって、目を閉じる…。
温められたオイルのなめらかで優しい感触が、絶え間なく頭皮をつたい、セラピストの手で撫でてもらう。とてもとても安心する時間でした。

仰向けで水面に浮かぶのが好きなのですが、それと近い感覚を受けました。自然の力が詰まった手作りのオイル。それ自体の作用も相まって、 シロダーラ によって得られた短時間にも関わらず深い深い休息。助けられました。

勉強半ばで日本に帰ったら、祖母はきっと喜ぶどころか叱るだろう!
自分が今何をすべきか考えたとき、インドで最後まできちんと学ぶことだとしっかり心を決めることができました。

ポイント

ときどき、 シロダーラ で気持ちよさが得られなかった、頭が痛くなったという意見を聞きます。
とても敏感な部分に作用するものなので、環境や安心感がとても大切。基本7日で受けるトリートメント、数日続けるうちに信頼が高まり気持ちよさが増すケースが多いです。
セラピスト側は、音をたてないように気遣う、話さないように気遣う、オイルの温度や速度に気遣うなど、配慮が必要なトリートメントです。

関連記事

パンチャカルマ日記2008 vol.1 日本で受けたアーユルヴェーダの問診と治療
パンチャカルマ日記2008 vol.2:院長先生の診察とトリートメント内容
パンチャカルマ日記2008 vol.3:大量のギーを飲む1日目
パンチャカルマ日記2008 vol.4:ギーを飲む スネハパナ2〜4日目
パンチャカルマ日記2008 vol.5:お米と牛乳でマッサージ!ナヴァラキリ(ナバラキリ)Navarakizhi 1~7日目
パンチャカルマ日記2008 vol.6:オイル風呂 ピリチリPizhichili 1〜7日目
パンチャカルマ日記2008 vol.7:集めたアーマを体外に排出!浣腸 バスティ Vasti 1〜8日目

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。

インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Japan日本代表。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

あわせて読みたい

【募集中】はじめてのアーユルヴェーダワークショップ |東京・駒沢公園近く詳細はこちら≫
+