本場ケララで受けるアーユルヴェーダ 入学入院サポートはこちら

濃密だからおもしろい「浅草インドカーニバル」に行ってきました!

浅草インドカーニバル 集合写真

2019年11月10日、浅草で、濃厚なインドイベントがありました!
会場は、浅草ROXすぐのアミューズカフェシアター

マサラワーラーのカレーで幕開け

席につくと、インド料理ユニット”マサラワーラー”作のカレーがささっと運ばれてきました。
本日のメニューは、チキンウップカリー、ハリーム、かぼちゃのコランブ、オクラのポリヤル、モールコロンブ、たけのこのウールガイ。
このプレート、実はすごいのです。インドでは絶対に食べられない組み合わせ。

浅草インドカーニバル マサラワーラーのカレー

 

三部制トークショー!

そしてまた贅沢なのが、トークショーの面々。
かっこいい写真を前に繰り広げられる、マニアックなインドのお話は、他ではなかなか聞けません。

第一部 井生明さん、Kailas 松岡宏大さん & 野瀬奈津子さん

浅草インドカーニバル トークショー

浅草インドカーニバル テイヤム

井生明さんは、インドの古典音楽や儀礼などを追いかけられていて、とてもパワフルな方!
AROUND INDIAがアーユルヴェーダ・ヨガ・カラリパヤットゥを学んだカヌールのお祭テイヤム Theyyamについても、とても詳しいのです。
マサラワーラーと共著のご本。

来日時には、涙した!感動した!の声も多かったバウルのCD。

そしてKailasは、インド女子旅に超おすすめガイドブックarucoの編集者でもあり、きっとインドに買い物に行きたくなる持ち帰りたいインドや、昨年旋風を巻き起こしたタラブックス展の立役者でもあるのです。

新刊本が、タラブックス夜の木の作者でもあるゴンド画家バッジュ・シャームさんと松岡さんの共著Origins of Art The Gond Village of Patangarh。
英語版ですが(先に外国で英語版を出版するというのもすごいですよね!)のちのち日本語版も出るかも?

待望のタラブックス新刊のモックができました!『Origins of Art〜The Gond Village of Patangarh』。KAILAS松岡と『夜の木』の作者Bhajju…

Kailasさんの投稿 2019年6月5日水曜日

第二部 アジアハンター小林真樹さん、マサラワーラー 武田尋善さん&鹿島信治さん

浅草インドカーニバル インドの食堂

浅草インドカーニバル インドの食堂

今イベントの主役、インド食器販売でおなじみのアジアハンター小林さん。
今年初の著書「日本の中のインド亜大陸食紀行」を阿佐ヶ谷書院から上梓された小林さんは、インド国内外での濃厚な食レポをFacebookなどで繰り広げられており、本が出る前からファン多数!現地での長年愛されてきた食堂の見分け方など、インドで実践したくなる技のお話もありました。
12月はまたインドに行かれるそうなので、Facebook @asiahunterKOBAYASHIも要チェック!

日本各地に飛び回ってインド料理を作るマサラワーラーは、小林さんの写真に、独自の切り口で、マニアックな質問をぶつけたり、ツッコミを入れたり。さすがでした。

第三部 全員集合

浅草インドカーニバル 全員トーク

最後は全員集合。
「インドで、どんなもの食べてるの?」「辛いの苦手」「マーケットで、つい手にとってしまうもの」など、気になる話題が次から次へと飛び出しました。

みなさんフィールドが違うから、目をつけるものや、出会うものが違うんですよね。

一度インドの観光地で嫌な思いをしてしまった方も、気になるテーマを見つけて旅をしてみると、きっと次はまるで違うインド体験になるはず。
今回登壇されたみなさんのご本から、新たなインドに足を踏み入れてみては?