刺繍が得意なトダ族の村へ③ニルギリの茶畑と村|タミルナドゥ州・ニルギリ

朝起きると目の前に広がる緑!

刺繍が得意なトダ族の村へ②ケララでホームステイ後ニルギリへ|タミルナドゥ州・ニルギリの続きです。

昨日は暗くなってから到着したので、「朝日がきれいだから、できれば早起きしてみてね」と言われていました。
ブラインドを開けると、外は一面茶畑!
バルコニーに出てみると、霧で朝日は拝めなかったものの、避暑地だけあってひんやりと心地いい空気がいっぱいでした。

テラスに椅子を移動して、茶畑を眺めながら、昨夜スレーシュが自宅から持ってきてくれた初物パパイヤをいただきました。
甘くておいしいー。写真でジューシーさ伝わリますか?!
このオレンジ色のパパイヤ大好物なのです。本当はピッタが強いわたしはあまりたくさん食べない方がいいのですが、いつも食べてるわけではないので満喫します♩

いただきものの初物パパイヤ

ニルギリの茶畑さんぽ

ニルギリの茶畑、朝の風景

お仲間と集合して、茶畑さんぽへ。ニルギリは、お茶の産地として、とても有名なのです。

この茶畑には、よく野生のバッファローが来るとのこと。探したのですが、この時は出会えず仕舞い。
でも、ハリネズミの針が落ちていたり(お箸にちょうど良さそうなサイズ)、他の動物の足跡があったりと、いろんな動物が来ているのがよくわかりました。

後日、野生のバッファローが現れたときの様子が送られてきました。
なんだかかわいい。インドの牛は痩せているイメージが強いのですが、すごくガタイがいいですねぇ。

Sun valley homestay横の茶畑に現れるバッファロー

Sun Valley Homestay ホテルで南インド朝食

ホテルへ戻りながら、みなさんの家庭内アーユルヴェーダのお話を伺いました。
家庭によって、風邪の時のレシピが違っていておもしろいです。

オーナーから、北東インド・ベンガルスイーツをいただきました。
今朝は、食べて、ちょっと運動して、また食べて。
この後、朝食です。笑

朝ごはんも「味見」と称していろいろ食べました。
お好み焼きのような見た目のウッタパム、チャトゥニ各種、サンバル、イドゥリー、バミセリウップマ。
飲み物はピンクウォーター。Sun Valley Homestayは、タミルナドゥ州にあるのですが、オーナーはケララ出身。
宿泊客もケララ人が多かったです。

Sun Valley Homestay 外観

Sun Valley Homestayの外観

トダ族の村へドライブ

さて、ガイドさんと合流して出発です!

ニルギリの地図 Nirgili map

山道は、またも渋滞。
数日前に大統領がいらしてたとかで、いつもより混んでいるそう。
ガイドさんの機転で裏道へ。

裏道は、生活風景が近くなるので好きです。
家、畑で働く人、地元の神さま、アーユルヴェーダお薬の原料ダトゥーラ Datura。

Ootyの村の神様

次は、いよいよトダ族の村です。

関連記事

刺繍が得意なトダ族の村へ①日本で情報収集|タミルナドゥ州・ニルギリ

刺繍が得意なトダ族の村へ②ケララでホームステイ後ニルギリへ|タミルナドゥ州・ニルギリ

 

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。

インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Japan日本代表。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

あわせて読みたい

2018年1月~3月『暮らしのアーユルヴェーダ ベーシック講座 第2期』|東京・祐天寺詳細はこちら≫
+