ニューデリー駅で詐欺師を探してみました。

悪名高きニューデリー駅

インド・ニューデリー駅のゲート

わたしはこれまでインドの首都デリーに行っていても、ニューデリー駅を利用したことがありませんでした。

ニューデリー駅前は、とてもごちゃごちゃしています。ここで騙されてしまい、インドに疲れてしまった日本人に何度もお会いしました。
騙されなくとも、しつこく付きまとわれたり、とにかく話しかけられて嫌になると聞きます。

ニューデリー駅は、インド各地からの出稼ぎの人たちも多く集まっているので、そんなインド人をも騙そうと手ぐすねを引いて悪い人が待っているのだとか。
彼らに言わせると、ただビジネスチャンスを狙っているだけなのでしょうが。

詐欺師を探してみよう

どんな人が、どんな風に声をかけてくるのか調査しに行ってみました。

近くのホテルに泊まっている外国人が切符を買いに来たという設定。
地元の方に、遠くからこっそり撮影をお願いしました。
誰かに声をかけられたら撮影開始です!
※写真は、調査終了後に撮影したものです。

インド・ニューデリー駅の到着するオートリキシャのお客さんを狙うポーター

荷物が多い時は、赤シャツポーターにお願いすると楽です。価格交渉可。

ニューデリー駅のゲートをくぐり、ロータリーのオートリキシャの群れを抜け、駅舎二階の外国人窓口(International Tourist Bureau
अंतरराष्ट्रीय पर्यटक ब्यूरो)方面へ向かいます。
ゆっくりキョロキョロしながら。
ちょっとドキドキします。

誰にも声をかけられることなく、スムーズに窓口下の階段まで到着してしまいました…。うーん。
外国人窓口に向かう途中、チケットの手伝いを申し出る人から声がかかると聞いていたのに。おかしいですね。。

インド・ニューデリー駅で列車を待つ人々

気を取り直して、セキュリティゲートから駅構内への道へ。
ここで声をかけられたという話をよく聞く、高遭遇率スポット!

ううーん、ここでも誰一人として声をかけてくれません。
しばらく列車案内板を見たり、駅で迷っているふりをしてみましたがダメでした。

原因と対策

声をかけられなかった原因を考えてみました。
きっと、大きな荷物を持っていなかったこと、服装がインド服(チュリダー、パンジャビドレス)だったことだろうという話になりました。

逆を返せば、こんな対策をすると詐欺師に惑わされる確率が減るのでは?!

  • 購入や変更は、一旦荷物を預けて身軽に行く
  • インド服を着る(インドで売っている外国人向けの服ではなく、インド人が着ているような服)
  • その辺の人が「チケットを見せて」と言って来ても見せない。「キャンセルになった」と言われても信じない。
    窓口やStation Master(駅長)室で、自分で確認しましょう。
  • 電車まで時間がある時は、Cloak(クローク)に荷物を預ける

お気をつけて、快適な旅を♩


AROUND INDIAの講座・イベント

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。 インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Hospital・MGS Kalari Sangam提携。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

あわせて読みたい

アーユルヴェーダをわかりやすく学ぶ本「暮らしのアーユルヴェーダ」好評販売中 詳細はこちら≫
+