悪い食べ合わせのバナナと牛乳。改善できるかチャレンジしてみよう!

その食べ合わせ、あなたに合っていますか?

アーユルヴェーダでは、食べ合わせというものがとても大切。

[kanren id=”520″ target=”_blank”]

「バナナと牛乳を一緒に食べる」ことは、アーユルヴェーダでは体に良くないとされています。
※バナナをたくさん食べる南インド・ケララ州では、バナナのような甘い果物は組み合わせてOKと習いました。

でもバナナシェイクって、定番の組み合わせでとってもおいしいですよね。
わたしも小さな頃から好きでした。

何が良くないのか、試してみました。
バナナと牛乳だけのシンプルなもの。
久しぶりのバナナシェイク、やっぱりおいしい。
でもしばらくすると、おなかにガスが溜まってしまいました…。
認識していなかっただけで、昔も溜まっていたのかもしれません。

一番の解決方法は、自分に合わないなら、組み合わせない

もうひとつの解決方法は、からだが嫌がらない食べ合わせにする方法にすること。
実験してみましょう。

失敗、ガスがたまった食べ合わせ

まず試したのは、昔からのバナナシェイクにスパイスを追加すること。
スパイスは、入れすぎるとおいしくなくなってしまうので注意が必要です。

  • バナナ + 牛乳 + シナモン
  • バナナ + 牛乳 + シナモン + 胡椒
  • バナナ + 牛乳 + クミン
  • バナナ + 牛乳 + カルダモン

うーん、どれもお腹は張ります。

牛乳を半量にして、水に置き換えてみましょう!

完成!お腹すっきりバナナミルク(2人分)

  • 完熟バナナ 1本
  • 牛乳 100ml
  • 水 100ml
  • シナモンパウダー 2振

全部ミキサーに入れて混ぜます。
塊が残らないように、よくよく混ぜます。

とってもおいしい。

水に置き換えても、熟したバナナの甘味ものどごしも濃厚なまま。
飲んでから10時間が経過。
全然ガスが溜まらずスッキリ!

他の人にも試していただきましょう。
うん、大丈夫。翌日まで様子をみても、ガスもないどころか快腸なほどです。

食べ合わせ改善スパイス入りバナナ牛乳

Point!

食べ合わせが悪いものでも、スパイスを足したり、調理法を変えると、互いの良さを引き出したり弱さを強さに変えてくれる場合があります

日本でも、お刺身にガリ、うなぎに山椒など、昔から食べ合わせが考えられていますよね?

食事は、栄養にすることも、毒にすることもできます。
変化を感じながら、体がよろこぶものをたくさん取り入れて、しっかり栄養にして、不要な分は排出していきましょう!