食べ合わせを改善できるかな?!スパイス入りバナナ牛乳の作り方

食べ合わせチャレンジ、バナナミルク編

その食べ合わせ、あなたに合ってる?

「バナナと牛乳」を一緒に食べることは、アーユルヴェーダでは体に良くないとされています。
でも、バナナをたくさん食べる南インド・ケララ州では、バナナのような甘い果物は組み合わせてOKと習いました。

小さな頃から好きな食べ合わせなので、改めて試してみました。
すると、しばらくしたら、ガスが溜まってしまいました。。認識していないだけで、昔から溜まっていたのかもしれません。

ベスト解決方法は、自分に合わないなら、組み合わせない

でも解決方法はもう一つあります。
どうしても組み合わせたい場合は、嫌がらない食べ合わせにする方法を探ること。では、実験してみましょう。

食べ合わせ改善?!バナナミルクの作り方(2人分)

  • 完熟バナナ 1本
  • 牛乳 100ml
  • 水 100ml
  • シナモンパウダー 2振

全部ミキサーに入れて混ぜます。塊が残らないように、よくよく混ぜます。
カップに注いでシナモンを1振。

とってもおいしくできました。
現在、飲んでから10時間が経過しました。全然ガスが溜まらず、スッキリしています。

食べ合わせ改善スパイス入りバナナ牛乳

Point!

食べ合わせが悪いものでも、スパイスを足したり、調理法を変えると、互いの良さを引き出したり、弱さを強さに変えてくれる場合があります。

日本でも、お刺身にガリ、うなぎに山椒など、昔から食べ合わせが考えられています。

食事は、栄養にすることも毒にすることもできます。
変化を感じながら、体がよろこぶものをたくさん取り入れて、しっかり栄養にして、不要な分は排出しましょう!


AROUND INDIAのこれからの講座やイベント

YUMI TAMURA

Ayurveda panchakarma therapist

あわせて読みたい

【募集中】はじめてのアーユルヴェーダ ワークショップ @ すずの木カフェ 茅ヶ崎詳細はこちら≫
+