アーユルヴェーダ的 体が喜ぶ食べ合わせ/嫌がる食べ合わせ

アーユルヴェーダ的食べ合わせ

食べ合わせ次第で、栄養にも毒にも!

アーユルヴェーダでは、内科=消化が問題で起こる病気と定義するほど、消化は元気の要です!

食べ合わせが悪いと、体内にガスが発生したり、消化不良になったりと、様々な不具合が起こります

時々であれば問題なくても、頻繁に繰り返すうちに、消化しきれなかったアーマというものが溜まり、体の中が汚れて滞り、結果として不調をきたしてしまうのです。

食後にスッキリしている/していないのも、消化状態を表す体からのメッセージです。

では、体が喜ぶ食べ合わせ/嫌がる食べ合わせを見ていきましょう。

体が喜ぶ食べ合わせ

  • りんご+シナモン
  • バナナ+カルダモン+ハチミツ(加熱しないこと)
  • キャベツ+ひまわり油+ターメリック+マスタードシード
  • チーズ+卵+黒胡椒
  • きゅうり+塩
  • 卵+香菜
  • 魚+ライム or ココナッツ
  • ラッシー(ヨーグルトドリンク)+シナモン+黒胡椒+ドライジンジャー
  • ナッツ類+水に浸す
  • タマネギ+完全に火を通す。
    生の場合:シナモン+黒胡椒+クミン
  • じゃがいも+パセリ+香菜+クミン
  • 牛乳+ハチミツ(加熱しないこと)+ドライジンジャー
  • トマト+クミン
  • 脂の多い肉+ライム
  • ベーコン+ガラムマサラひとつまみ
  • 豆+にんにく、クローブ、ショウガ、黒胡椒、唐辛子、岩塩
  • 紅茶+ショウガ
  • コーヒー+カルダモン

体が嫌がる食べ合わせ

  • 牛乳+バナナ、魚、メロン、ヨーグルト、酸っぱい飲み物、イースト発酵のパン、酸っぱいフルーツ
    甘いフルーツ、ドライフルーツはOK。南インドではバナナもOKと教わりました。
  • ヨーグルト+牛乳、酸っぱいフルーツ、メロン、ホットドリンク、魚、マンゴー、でんぷん、チーズ、バナナ、鶏肉
  • メロン+全部
    基本的に単品で食べましょう
    特に穀物、でんぷん、揚げ物、チーズとは組み合わせないように!
  • 卵+牛乳、ヨーグルト、メロン、チーズ、果物、じゃがいも
  • でんぷん質+バナナ、卵、牛乳、デーツ(なつめやし)
  • はちみつ+同量のギー(澄ましバター)
  • とうもろこし+デーツ、レーズン、バナナ
  • レモン+ヨーグルト、牛乳、キュウリ、トマト
  • じゃがいも・茄子・トマト+ヨーグルト、牛乳、メロン、キュウリ
  • 米+お酢
    お寿司はまさにこの組み合わせ!でも日本人は小さな頃から食べているのでOK。
  • 熱いもの+冷たいもの
    熱いパイにアイスクリームや、熱いものを食べながら氷の入った飲み物を飲んだりすること

嫌がる食べ合わせを、嫌がらない食べ合わせに変える方法

体が嫌がる食べ合わせの一つに、「お酢+お米」があります。これは、日本人がお寿司として馴染んできた組み合わせですよね?

「食べ合わせがよくないから、もうお寿司食べられない?」
いえいえ、ご安心ください。
アーユルヴェーダ的に良くないと定義されていても、小さな頃から問題なく消化してきたものは消化できます。


AROUND INDIAのこれからの講座やイベント

YUMI TAMURA

Ayurveda panchakarma therapist

あわせて読みたい

【キャンセル待ち】はじめてのアーユルヴェーダ ワークショップ @ すずの木カフェ 茅ヶ崎詳細はこちら≫
+