チェンナイ空港へは深夜着。始発電車までここで待機します。

深夜の空港。列車は翌日のお昼発。

さて、チェンナイ空港に着いたのは0:30時すぎ。日本は4:00。ここまで、22時間半かかりました。
移動と待ちの連続で、さすがに疲れましたが、気持ちはワクワク!

チェンナイ空港の入国カウンター

日本人特例のアライバルビザは、チェンナイ空港でも取得できます。
9番、10番カウンターへ行きましょう。

空港内のATM

荷物が出て来るレーンのすぐ近くに、ATMが一台ありました。
高額紙幣の使用中止を受けて、ATMのお金の在庫がすぐ切れて使用不可になってしまうと聞いていたのですが、本当に「No Cash」でした。

日本だと見ない光景。
朝4時ごろ、お金が補充されると、空港職員さんたちが行列していました。

張り紙の意味がわかりました!きっと1枚目が「ATM FOR PASSENGERS FACILITY(お客様用)」。
それでも職員が使ってしまうので、2枚目「ATM FOR PASSENGERS PRIORITY…PLEASE(お客様優先で、頼むよ…)」を貼ったのですね。効果なしです。笑
関連記事:インドのお金事情、突然の高額紙幣廃止による影響は?

現金が切れたインドのATM

2017年3月現在、ATMは通常に稼働しているそうです。

空港セキュリティに守られ安心

お昼の列車で目的地ケララ州カヌールへ移動するので、明るくなるまで空港のウェイティングルームで仮眠を取る計画をたてていました。

案内に従って行くと、空港の外に出てしまいました。空港内で休みたいと思っていたのに。。あれあれ。

深夜にも関わらず、空港を出るとすぐリキシャドライバーやホテルの客引きがたくさんいます。ばんばん声がかかりますが聞き流します。客引きゾーンを抜けると窓口がありました。
しかしウェイティングルームは飛行機を待つ人しか利用できないとのこと。。。

じゃあ空港内でと戻ってみると、一旦外に出た人を中に入れることはできないとセキュリティに静止されてしまいました。
インド雑学:インドの空港は入り口にセキュリティがいて、チケットやパスポートを見せて入ります。

中には入れてあげられないけど、自分たちの目が届くところにいるように言われ、本を読んでいたら、特別に中で休ませてもらえることになりました。

夜が明けるまで、みなさんとお話したり、2回のチャイ休憩に仲間入りしたり、うとうと居眠りしたり、読書したりと、安心して快適に過ごすことができました。
優しい人たちとの出会いから始まったインド旅です。


AROUND INDIAのこれからの講座やイベント

YUMI TAMURA

Ayurveda panchakarma therapist

あわせて読みたい

コメントを残す

Oriya Food Night!オリッサ料理を食べよう @ Bombay 厚木詳細はこちら≫
+