インドのアーユルヴェーダスクールで習ったトリートメントの種類

ケララ州 PVA Ayurvedic Hospitalの場合

AROUND INDIA 田村ゆみです。
わたしが学んだPVA アーユルヴェーダ病院では、はじめの1ヶ月間、アーユルヴェーダの基本理念や各種マッサージなどのトリートメントの実技について学びます。
この1ヶ月間のコースを受講する方が最も多いです。

1日の流れ:午前が座学→長めのお昼休み→午後が実技

1ヶ月分の予定表が用意されていましたが、ドクターやセラピストの都合などで変更することもちょこちょこ。
ではこちらのPVAアーユルヴェーダ病院を例に、どんなトリートメントを習うのか見てみましょう。

マッサージだけじゃない「アーユルヴェーダ トリートメント一覧」

日本では、ごま油を使ったオイルマッサージや、おでこにオイルを垂らすシロダーラが人気ですが、本場インドでは、もっともっといろんなトリートメントが活用されていました!

ナスヤ
Nasya
5つの浄化療法パンチャカルマの一つ。
鼻からオイルなどを入れ、頭部に溜まった粘液や老廃物を口から吐き出す。肩から上の不調全般に。
タルパナ
Tarpanam
目の周りに粉を練った土手を作り、薬用ギーなどの油分を満たす。
カルナプーラナム
Karnapooranam
耳の中を薬用オイルで満たす。
フェイスマッサージ
ムクアヴィヤンガ、Mukhabhyanga
顔のマッサージ。
フェイシャルトリートメント ハーブパウダーを使ったクレンジング。
葉を入れたお湯を使ってスチームを当てる。
ハーバルクリームでマッサージ、パックなど。
全身マッサージ
アヴィヤンガ
Abhyanga
7つの体位で行うオイルマッサージ
ヘッドマッサージ
シロアヴィヤンガ
Siroabhyanga
頭部のマッサージ。
ケララでは一般家庭でも、親が子にしたり、入浴前に自分でしたりとよく行われている。
エラキリ
Elakizhi
ボールマッサージ:薬草を炒めたものが入った団子を使ったマッサージ。ケララマッサージの一つ。
ナヴァラキリ
Navarakizhi
ボールマッサージ:ナヴァラという薬効の高いとされる米を牛乳で煮込んだものが入った団子を使ったマッサージ。ケララマッサージの一つ。
ポディキリ
Podikizhi
ボールマッサージ:パウダー状のハーブやスパイスをココナッツなどと炒めたものが入った団子を使ったマッサージ。ケララマッサージの一つ。
ウドゥワルタナ
Udwarthana
パウダー状のハーブやスパイスを、毛穴にすり込むように行うマッサージ。肥満やカパによく用いられる。
シロダーラ
Siro dhara
額に液体を垂らす。シロは頭部を意味する。
オイルの場合、タイラダーラ(Thailadhara)
牛乳の場合、クシーラダーラ(Kshiradhara)
バターミルクの場合、タクラダーラ(Takradhara)と呼び方が変わる。母乳やココナッツジュースなどを用いることも。
ピリチリ
Pizhichil
別名オイルバス。
温めたオイルを全身にかけ流す。たっぷりのオイルを使用する贅沢なトリートメント。
フットマッサージ
パーダヴィヤンガ
Padabhyanga
つま先から膝下辺りまでのオイルマッサージ。
カーサという伝統の健康器具を用いる(AROUND INDIAオンラインストアで販売中≫
ヴァスティ
Vasti
練った小麦粉で土手を作り、温かいオイルを満たす。
腰の場合、カティヴァスティ(Kativasti)
首の場合、グリヴァヴァスティ(Grivavasti)
膝の場合、ジャヌヴァスティ(Januvasti)
胸の場合、ウロバスティ(Urovasti)と部位によって名称が異なる。
テーブルマッサージ
ボディマッサージ
床上で行うカラリパヤットゥ のマッサージと手順は似ているが、薬木製のベッドの上で行う。
ベビーマッサージ 赤ちゃんに施すオイルマッサージ。
プレグナンシーマッサージ 妊婦さんに施すオイルマッサージ。
カラリマルママッサージ
Kalari marma massage
ケララの伝統武術 カラリパヤットゥ で行われているオイルマッサージ

授業以外にも、その時期に見えた患者さんによって習えるトリートメントは変わります。
例えば、うがい法、頭部にオイルを満たすシロヴァスティ、腰などの部分浴、スチームバス(サウナ)、嘔吐、下痢、浣腸、血を抜く(瀉血)、喫煙法(薬用タバコ)など、まだまだあります。

滞在期間が長くなると、その分習えるトリートメントも増えるというわけなのです。病院という環境ならではで楽しかったです。

アーユルヴェーダ情報をシェアしていただけませんか?

あなたのご経験もAROUND INDIAでシェアしていただけませんか?
これからインドに向かう方の施設選びのために、日本語で読める現地アーユルヴェーダ施設情報のデータベースのようなものを構築していければと思っています。どうぞご協力お願いいたします。

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。

インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Japan日本代表。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

あわせて読みたい

2018年1月~3月『暮らしのアーユルヴェーダ ベーシック講座 第2期』|東京・祐天寺詳細はこちら≫
+