本場ケララで受けるアーユルヴェーダ 入学入院サポートはこちら

チベット医学②遠いインドで家族を思慕する亡命チベット人

チベット医学をインドで学ぶということ

アーユルヴェーダ発祥と古典に書かれているヒマラヤ山脈。
その場所で息づくアーユルヴェーダというヒントを探すうち、キーワードとして頻出したのがチベット医学でした。
「(チベット医学を教える大学)メンツィカンのコースで学ぶ。その前に、診察やトリートメントを受けて体験する。」
そういう目的を持ってダラムサラに来ました。

この町には、チベットの亡命政府があり、中国に国を追われ、10万人を超える亡命チベット人がインドに暮らしています。

マクロードガンジからメンツィカンへの道

メンツィカンでのクラスが始まる前に、学校までの道を下見しに行きました。

宿のあるマクロードガンジから、山を下ると、お店の数がぐんと少なくなります。
学校近くで小さな食堂を見つけたので、チャイを飲みに立ち寄りました。

ダラムサラ Men Tsee Khangそばの食堂

相席したチベット人男性は47歳。わたしと同年代でした。
25年前にチベットから亡命して、インドに来て、27年もの間、ご家族に会えていないと言っていました。
2年間のブランクは、家を出てから長く厳しい道程を、捕らわれてしまう恐怖や、零下の凍える寒さなどと戦いながら、希望を求めて歩いてきたから。

チベットに残してきた家族。お父様は、5年前に亡くなったのだそう。
彼は自らの人生を「良くない。わたしの人生は良くない…。」と、悲痛な面持ちで繰り返していました。
「ここまで長い時間、戻れない状況になると思わなかった。」若さで出てしまったと。

ダラムサラ Men Tsee Khangそばの食堂で相席した方々

ほとんど持っていない、お母様と妹さんの写真を見せてくださいました。
携帯のアルバムをかなり遡っていたので、きっと何年も昔のお写真。
背後に写ったご実家は、精巧な木彫りの装飾が施され、本来ならば裕福だったであろうように見えました。

彼は言っていました。
「自分たちはチベットに戻ることも連絡を取ることもできないけれど、日本人のようにビザを取れる人、チベットに行ける人たちが、現地で見たり聞いたり撮してきた現状が、自分たちにとってとても助かっている」と。

チベットでは、中国語が強制され、学校では中国語の次の選択肢は英語なのだそう。
ダラムサラやラダックには、チベット文化があるけれど、本来のチベットだった場所では、文化はほぼ消されつつある。
その中には、もちろんチベット医学も含まれていて、本来ここにあるべきものではなかったチベット医学の中心地が、今インドにあるということ。
ずしりと重く響きました。