パキスタン料理と安西水丸さん「ラヒ パンジャービー・キッチン」|東京・西荻窪

西荻ラヒのハリームとナン

カレーと講座

ラヒ パンジャービー・キッチン (Rahi Punjabi Kitchen)は、JR中央線「西荻窪」駅南口から徒歩3分ほどの場所にあるパキスタン料理のお店です。

AROUND INDIAは、西荻窪で開催されるYAJとのコラボ講座の日は、カレーをセットにすることが多いのです。

この日は大雨。インドで食べて気に入った、イスラム系シチュー ハリーム/キチュラー のようなものが食べたいと思い、パキスタン料理屋さんへ行きました。

店内には、テーブル席とカウンター席があります。
本コーナーもありました。

店内にはパキスタン(かな?)のミュージックビデオが流れています。

随所にあるイラストが、あまりにかわいくて、何度もキョロキョロしてしまいました。
ナンを焼いている人、演奏している人たち、ラヒ パンジャービー・キッチンの風景などなど。

西荻ラヒの安西水丸さんのイラストのカード安西水丸さんの作品とのこと。
展覧会を独り占めにしたような感覚でした。お店のカードもかわいいです。

メニュー

メニューは羊のスネ肉をとろとろに煮込んだカレー paya パヤや、お目当の豆と肉の優しいカレー haleem ハリーム、砂肝カレーなどがありました。

ライスかナンから選びます。

ひよこ豆のヨーグルトサラダとラッシー付き。
ラッシーは一杯おかわりできます。

気になるバジルジュースなるものもありました。

2019年6月某日 注文したもの

西荻ラヒのハリームとナン

もちろん、今回のお目当だったハリーム!
インドのムスリム地域でいただいて以来、すごく気に入ったメニューです。
玉ねぎ、レモンをかけて、パリッとしたナンにつけて食べるのが好き。

西荻ラヒのハリーム。生姜、レモン、玉ねぎをトッピング

パキスタンパンジャビのソウルフードなのだそう。
辛さは中くらいにしました。辛さが苦手な方でも、きっと大丈夫。
豆とお肉がとろりと煮込まれ形を無くし、マイルドな食感に優しいスパイシーさ。わたしは、このくらい好みです。

付け合せのひよこ豆のヨーグルトサラダも、ラッシーもおいしかったです。

パキスタンにおけるアーユルヴェーダや、こちらではビリヤニにローズウォーターは使わず、キウラウォターを使うことなど教わってから、ローズがテーマの講座入りしました。

店舗詳細

名 称ラヒ パンジャービー キッチン Rahi Punjabi Kitchen
電 話03ー3331ー7860
時 間平日 6pm-11pm
土日祝 12pm-3pm(L.O.2:30pm)、 6pm-11pm
定休日
祝日の場合、火
米不定休あり
詳細は、お店のtwitterで確認してください。
住所・地図東京都杉並区西荻南3-15-17-2F

その他のインド料理屋さんマップ

Published by

田村 ゆみ

アラウンドインディア主宰 - 定期的にインドを訪れながら、ためして楽しいインド旅とアーユルヴェーダ情報を日本に紹介しています|インド政府認定BSSアーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト|ハタヨガ ティーチャーズトレーニング修了|MGS Kalari カラリパヤットゥ・カイウルチリセラピスト|チベット医学 Men Tsee Khang 20 sessions Introductory Course修了