ボンベイだけどケララです。厚木の「ボンベイ インディアンレストラン」

厚木ボンベイとは?

厚木にある「ボンベイ Bombay」というインド料理屋さん。
引き継いだ関係でお店の名前はボンベイですが、経営者はケララ人なのです。
ケララの言葉(マラヤラム語 Malayalam)や文化を教えていただいたり、以前から仲良くしていただいてます。

厚木ボンベイのジョジョさんとニティヤサンとAROUND INDIAの田村ゆみ

インド食材もアーユルヴェーダ石鹸も、インドビールも買えます。

日本語がとても上手で、人当たりの良いお二人。
本も置いてあります。こちらはケララのシリアンクリスチャンの料理の本Syrian Christian Favourites。暮らしのアーユルヴェーダもあります♩

インド中華

先日は、ケララポロタとゴビマンチュリアンをいただきました。
インドに行くまで、ベジタリアン食といえばヘルシーで男性はあまり喜ばない料理のイメージ。でも、このインド中華のゴビマンチュリアン(gobi=カリフラワー、manchurian=満州風)を食べて、目からうろこが落ちました。
これでベジ?!食べ盛りの男の子でも満足するような味。
それまで特に好きな存在ではなかったカリフラワーの位置が、わたしの中でぐんと上がった瞬間でした。インド料理でカリフラワーを好きになる方多いです。

厚木ボンベイのゴビマンチュリアンとケララポロタ

ある日のビリヤニ

別の日、チキンビリヤニをいただきました。ライタ(ヨーグルトのサラダ)も付いてきます。これがあるのと無いのでは、ビリヤニの進み具合がまるで変わります。
個人的には、パラっとしたドライなビリヤニより、こちらのしっとり系が好みです。

食後はやっぱりチャイが欲しくなります。

賄い

賄いにも仲間入り♩ビリヤニをいただいた後だというのに、味見の誘惑に負けちゃいました。笑
細かく切った人参のポリヤル(炒め物)、青唐辛子の効いた、ぱきっと辛いラッサム、そしてライスという組み合わせでした。あー、お腹いっぱい!
厚木ボンベイの賄い、ラッサムライス、ポリヤル

2017年5月11日 ケララ料理の会

AROUND INDIAのある茅ヶ崎のお仲間たちと、ケララ料理を満喫してきました。

事前にオーナーのニティヤさんとメニューの打合せ♩
サンバル、ワダ入れましょう。じゃあ、チャトゥニも欠かせませんね。
ポロタはチキンと食べたいですね。
フィッシュはやっぱりライスですね。じゃあレモンライスにしましょうか。
プットゥむずかしかったら、アッパムにしましょう。じゃあシチュー合いますね!と盛りだくさんなメニューをご用意していただけることになりました。

温かいクミンウォーターではじまり。
続いて軽食の定番、豆ドーナツのワダ。サンバル、辛味のきいたココナッツチャトゥニを一緒に。

続いてベジタリアンメニュー。周りと中央の食感の違いが楽しいアッパムとベジタブルシチューの組み合わせ。すでにお腹いっぱいの兆しが。笑

続いてノンベジのチキン。
絶品ケララポロタと、大人気だったチキンチリフライ!そしてチキンカレー。

更にノンベジのフィッシュ。
フィッシュカレーとレモンライスの組み合わせでいただきました。

シメはお決まりのチャイ。カルダモンがきいていておいしいです。

9月ごろ、日本ではあまり食べることのできない東インド・オリッサ料理の会を開催予定です♩開催しました!

北インド料理の二号店オープン!

車で10分ほどの場所に、北インド料理を提供する荻野店もオープン。
すごいですね。

荻野店で、みどり鮮やかなグリーンナン

打合せを兼ねて、荻野店へ行ってきました!
今回は見た目で選んだグリーンナンとパニールカダイ。

ほうれん草のナンは生地に練り込まれていることが多いですが、ボンベイでは生クリームなどを混ぜたほうれん草ソースを塗って焼いています。

パニールカダイは、しゃっきり玉ねぎとピーマンと、インドのチーズ パニールの組み合わせがおいしかったです。

店舗詳細

名 称  ボンベイ (BOMBAY INDIAN RESTAURANT)
食べログ Facebook本店(南インド) 荻野店(北インド)
電 話 本店 046-222-8288 荻野店 046-241-4634
時 間(両店共通)  [火~木・日] 11:00~14:00、17:00~22:00(L.O)
[金・土] 11:00~14:00、17:00~23:00(L.O)
定休日  無休
住所・地図  本店:神奈川県厚木市水引1-17-17

荻野店:神奈川県厚木市中荻野621−28

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。 インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Hospital・MGS Kalari Sangam提携。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

あわせて読みたい

アーユルヴェーダをわかりやすく学ぶ本「暮らしのアーユルヴェーダ」好評販売中 詳細はこちら≫
+