むずかしくない本「暮らしのアーユルヴェーダ」プレゼント ご応募はこちら

Dr ゴレの「ホントに使っている!アーユルヴェーダ〜 インドの病院でのスパイスレメディ 〜」に参加しました

Drゴレ ホームレメディ講座

AROUND INDIAは、スパイスやハーブを使ったアーユルヴェーダの家庭療法が大好きです。

アーユルヴェーダ医師、ナチュロパシー医師、シッダ医師、ヨガの先生、お薬作りの先生、伝統医、チベット医、インドやスリランカの家庭などから教わってきましたが、多くおすすめされるものは、取り入れやすかったり、使いやすく、安全性も高く、更に、よく効くと実感されているものだと思うのです。

Drゴレのスパイスレメディ講座とは?

今回参加したのは、オンライン講座で、インドと日本を結んで行われました。
Drゴレの紹介文を読んで、お人柄の良さが伝わってきました。そして、通訳をされるのがサトヴィックの佐藤真紀子先生と、絶対の信頼感。

講師のDr. ゴレは、 有名な学者ではありません。私が彼にであった20年前から、街中で小さなクリニックを開き、毎日コツコツと診療活動を続けてきた 誠実なお医者さんです。 彼のクリニックをおとずれる患者さんは 老若男女、病状もさまざまです。 朝一番はニキビの患者さん、次は骨折、次はガン、次は不妊症…と、ひとりで総合病院をやっているような幅広さです。 そして、どの患者さんにもきちんと成果をださなければ、小さなクリニックは潰れてしまいますので、彼がやっている治療は、効果がすぐに目に見える、確実なものばかりで人気を博しています。サトヴィック

取り上げられたのは、ターメリック、クミン、黒胡椒、フェンネル、生姜、フェヌグリーク、コリアンダーシード、シナモン、マスタードシード、アジョワン、クローブ、ナツメグ、カルダモン、にんにく、サフラン、唐辛子、ヒング、ミント、ギー、はちみつの計20種。

病院での処方や、ご家庭で活用された事例などを交えながらの3時間。
「ブラーミンカーストだから、よくギーを使う」など、インドの食文化としても勉強になりました。

大切なことは、何度も繰り返し伝えてくださるのでわかりやすかったです。
今回アンコール講座とのことだったので、ひょっとすると、また開催されるかも?!
そのときは、アーユルヴェーダの知識を、事前にちょっと入れておくと、更にわかりやすいと思います。Dr ゴレの講座、詳細はこちら≫

材料さえあれば、すぐできます

Drゴレのホームレメディー、アーユルヴェーダハーブティー

翌日、家族の体調を聞いて、ナツメグのドリンクを作りました。
スパイスレメディは、材料さえあれば、すぐに実践できて楽しいです。