絶品!やわらかマトンライスのお店「Sharma Dhaba シャルマ ダバ」|ヒマーチャルプラデーシュ・ダラムサラ

sharma dhaba ダラムサラのマトンライス

地元民オススメ

デリーで知り合ったダラムサラ出身のナレーシュさん。
ダラムサラでのおいしいものを伺ったところ、一番にあがったのがマトンライス。

マトンライスって何?
「マトンを炊き込んでいるの?」「ううん、違う。」
「マトンカレーとライス?」「うーん、そんな感じ。とにかくおいしいよ。」

Sharma Dhabaに行ってみよう!

ダラムサラのマクロードガンジ Mcload Gunjのタクシースタンドの近くにあります。
知っている情報はここまで。

ここには、警察官が立っているので、すぐ道を聞いてしまいます。
回を重ねるうちに「どこに行きたいんだい?」と気にしてくれるようになってきました。

今回はナレーシュさんからの情報を見せ「Sharma dhaba シャルマダバ」について周囲に聞き込みをしてくれました。
知っている人がいました!すぐ近くだそうです。

教わった道を進むと、Sharma Dhaba発見!

sharma dhaba ダラムサラのマトンライス

なかなか、ディープな面構え。よく女性一人にすすめてくれました♩うれしい。
たとえばツアーガイドのようなお仕事の方は、本当においしいと思うお店よりも、衛生面が大切なのでレストランをすすめます。おいしいレストランならいいのですが、残念なこともしばしばなのです。

お店の裏はすぐに岩山。
店内の岩見えますか?!

食べている人に「マトンライス?」と聞くと、全員が頷きました。
最高!おいしそう!

外国人はあまり来ないようで「どうしてここに?」と不思議がられました。
「ダラムサラの人におすすめされて」と言うと、
「そうだろう、そうだろう、おいしいからね」とご納得。

sharma dhaba ダラムサラのマトンライス

わたしもマトンライスを注文。

大きなお鍋からよそわれて、マトンのカレー、ライス、生玉ねぎが乗ったワンプレートが運ばれてきました。
テーブルの上には、お好みトッピングの青唐辛子とフレッシュトマトの辛いソースが乗っています。

sharma dhaba ダラムサラのマトンライス

まずは、そのまま一口。
あら??全然辛くない!お肉ごろごろで重そうに見えますが、マイルドで調子が悪い時でも食べられちゃいそう。

すると、入店時から面倒を見てくれていた隣のお兄さんが、玉ねぎにトマトソースをかけてくれました。
するとどうでしょう!?一気に、爽やかなすっきりとした辛さが追加されて、また別の味わい!

sharma dhaba ダラムサラのマトンライス 辛いソース

みんなと同じように、手でマトンの大きな塊を掴んでパクリ。わー、とろとろ。ぷるぷる。
骨つき、ハツのようなもの、いろんな部位が入っています。

そうこうしているうちに、大人気店のライスは2鍋目に突入。
湯切りは排水溝へ。
お店の前の景色はこんな感じです。ベンチの後ろは崖。高所恐怖症の人は住めないですね。

オーナーらしきおじさんは、常に食べている人のことを気にかけていて、ライス、マトンの塊、グレービー、玉ねぎのお替りをすぐによそってくれます。
ワイルドな外観と反して、味も人も優しくて、とてもおいしいお店でした。
滞在中にまた行ってしまいそうです。100ルピー。

店舗詳細

名 称 Sharma Dhaba シャルマダバ
電 話 不明
時 間 ナレーシュさん曰く、営業はAfternoonのみ
定休日 不明
住所・地図 Dal Lake-Mcleod Ganj, McLeod Ganj, Himachal Pradesh 176219

 

YUMI TAMURA

アラウンドインディア 田村ゆみ。日本とインドを行き来しながら、暮らしに取り入れるアーユルヴェーダや元気の知恵を探っています。 インド政府認定アーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト。ケララ伝統武術カラリパヤットゥ・セラピスト。元インド号編集長。ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Hospital・MGS Kalari Sangam提携。著書『暮らしのアーユルヴェーダ』

あわせて読みたい

10月14日(日) 古民家Yoga&ビーチクリーン 美味しいカレーとアーユルヴェーダの会|神奈川・ 鎌倉腰越詳しくはこちら>>